映画『ブラックウィドウ』あの最強ヴィランよりもアイアンマン登場に興奮しすぎてやばい!

 
映画『ブラック・ウィドウ』
公式予告編動画↓

 
アベンジャーズメンバーで私が一番好きなキャラクター:ブラック・ウィドウことナターシャのスピンオフ映画『ブラック・ウィドウ』(原題:Black Widow)が2020年11月6日に公開予定。
 
しかもアイアンマンまで登場すると知った時は涙出ました!!だって・・・『アベンジャーズ/エンドゲーム』観た人なら誰でも超胸アツになるっしょ!
 
という事で映画『ブラック・ウィドウ』のあらすじやナターシャへの想いについて熱く語っていきます。
 
※ここからは『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレも含みますのでご注意ください。
 

 


スポンサーリンク






 
 

映画『ブラック・ウィドウ』あらすじ

 

出典:「https://screenrant.com/」
 
今作は時系列的には「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の直後のブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフが過去と向き合う物語。
 
予告編はナターシャの「私には何もなかった やがて使命を見つけた 家族も」というセリフから始まる。
 
孤独な暗殺者として戦い続けてきたナターシャは、アベンジャーズのメンバーとなり使命を見つけ、「過去と向き合う」覚悟を決める。
 
マーベル・スタジオが発表したあらすじにでは
 
「ナターシャは暗い過去に直面する事になる。アベンジャーズになる以前に残してきた”壊れた関係”に向き合わねばならない。」
 
と語られているが、”壊れた関係”とは再会を果たした家族の事なのだろうか。
 
家族再会のシーンは「感動の再会」というよりは「不穏な再会」という空気が漂っているが、アベンジャーズ以前の”家族”とのエピソードが、エンドゲームでのあの最期の決断へと繋がっていくのか。
 
 
原作で描かれてるナターシャの過去というのは壮絶なもので、ソ連のスパイとして他の孤児たちと共に「レッドルーム」と呼ばれる機関でスパイとしての訓練を受ける。
 
若く美しい姿を保てるよう改造された彼女は「レッドルーム」卒業時には不妊手術を受けるも、ソ連のパイロットであるアレクセイと結婚。
 
しかし政府の陰謀によりアレクセイと引き離された彼女は「未亡人」を意味する「ウィドウ」と名乗る様になる。
 
 
今作がどこまで原作に基づいて描かれるかは分からないが、壮絶な人生を生きた彼女が向き合う「過去」は相当重いものになるに違いない。
 
 


スポンサーリンク






 
 

ブラック・ウィドウ&アイアンマンという映画史に残る2大ヒーロー

 

出典:「https://www.rojakdaily.com/」
 
私はアベンジャーズシリーズは全て観てますが、ブラック・ウィドウ&ホークアイのコンビが一番好きだったので、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で親友である2人がお互いを想い合って自らを犠牲にしようと戦うシーンは号泣しました。
 
「アベンジャーズ/エンドゲーム」ネタバレ感想はコチラから
 
家族のいるホーク・アイが死ぬのも勿論嫌だったけど、でもやっぱりブラック・ウィドウが死んだのは辛すぎた。
 
てか何でよりによってこの2人が、この世界に飛んでしまったんだー!!というのが正直な感想だった。(他のキャラクターが死ぬのも勿論嫌だけどさ。。。)
 
 
トニー・スタークことアイアンマンが死んだのも勿論悲しかったですよ。
 
だけどアイアンマンはみんなに見守られながら死んでいったからヒーローとして幸せな最期だったと思うんです。
 
でも孤独な生涯を送ってきたブラック・ウィドウは、死んだ時も親友のホークアイがいたとはいえ、最期まで孤独だった感が私の中でずっと残っていて、切なすぎて泣きました。
 
 
だから再び『ブラック・ウィドウ』でナターシャに会えるのは嬉しいんだけど、この後彼女を待ち受けてる運命を想うと複雑です。
 
 
そして今作で出演するアイアンマン!!!
 
アベンジャーズチームの中でも私的にはアイアンマンって正直好きなキャラクター順位で言うと低い方でした。
 
ナターシャ&ホークアイ、ソー、キャプテン・アメリカ、スパイダーマン、の次位だった。
 
だけど『アベンジャーズ/エンドゲーム』でリーダーとしての行動とった彼の生き様を観て、ああやっぱりアイアンマンが居たからこそのアベンジャーズなんだよな、カッコいいわこの人って胸打たれました。
 
 
今作でアイアンマンがどれ位の重要度で出演するのかは分かりませんし、本当に一瞬の出演かもしれない。
 
それでも『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見届けたファン達にとっては、アイアンマンとブラック・ウィドウという地球の為に命を捧げた2大ヒーローの姿を再びスクリーンで観れるのは物凄く嬉しいんですよね。
 
 


スポンサーリンク






 
 

キャプテン・アメリカを彷彿させるヴィラン:タスクマスター

 

出典:「https://cosmicbook.news/」
 
 
今作のヴィラン(敵)はタスクマスター。
 
タスクマスターの能力は『他者の能力をそのままコピー出来る」というもの。
 
その再現率は完璧で原作では「ホーク・アイの弓術」や「ブラックパンサー・スパイダーマンの身体能力」もコピーしています。
 
その能力を活用してかつて原作ではS.H.I.E.L.D.の教官を務めた経験も有り。
 
 
こちらのディズニースタジオ公式動画に
キャプテン・アメリカの如く盾を扱うタスクマスターの姿があります。

 
という事は、タスクマスターはブラック・ウィドウと対峙する前にすでにキャプテン・アメリカの能力もコピーしてるという事ですが、キャップの能力をコピーしたタスクマスターとの戦いはブラック・ウィドウにとって苦戦を強いられる事必須。
 
 
 
見た目は全く別人でもキャップの戦い方をされたらキャプテン・アメリカ思い出しちゃうし、アイアンマンがたとえ一瞬だろうと登場したら胸アツくなっちゃうし、何かもう今作は一つの作品として純粋に楽しむだけでなく、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に想いを馳せながら鑑賞に臨むと思うので、オープニングですでに涙してしまいそうです。
 
 
 
 
★最新作から過去の名作シリーズまで!無料でお得に映画を観ちゃおう♪↓

 
 
★英語字幕なしで観れる様になりたい!という方はコチラも参考にしてください↓

 
 
★映画好きな外国人の彼を見つけたい!という方はコチラもどうぞ↓

konkatsu