007最新作でダニエルボンド見納め。【ノータイムトゥダイ】あらすじと過去4作ネタバレ感想

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
公式予告編動画↓

 
 
ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの5作目(シリーズとしては25作目)となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(原題:No Time to Die)が2020年4月10日に日本公開。
 
ダニエル版007シリーズ全作劇場鑑賞してる私にとって、ぶっちゃけボンドカーやボンドのつけてる時計とかはもう何でもいい!
 
【歴代最高に重く辛いものを背負ってきたボンドがどんな結末に辿り着くのか】
 
これが観たい、そして彼には絶対に幸せなラストを迎えてほしい!!と切望しながら映画に行きます。
 
今作はハリウッド病の私の中でも特に好きなシリーズなので、最新作のあらすじは勿論ですが、シリーズ過去4作品のネタバレ感想も超ウザ熱く語っています。
 

 


スポンサーリンク






 
 

ダニエル・クレイグ版の007が好きすぎる理由

 

出典:「https://www.cinemablend.com/」
 
ダニエル以前の007もチラホラ観てはいるけど、「うん。フツーに面白いね。」という感じだったので私の歴代映画作品の達ではどちらかというと薄い存在でした。
 
でもダニエル版ボンド1作目となる『007/カジノロワイヤル」を観て、「うグオオオオオ!」と興奮しまくるわ涙と鼻水でまくるわ、観終わった後も余韻が凄すぎて暫く現実世界に戻れなかった位にドハマリました。
 
 
え?何コレ?007ってプレイボーイ(プレイおじさん)がボンドガール連れて、クールにカッコよくアクションこなしながら軽やかなテンポで観る映画だったよね・・・?
 
それがダニエルボンドになった瞬間「超ドス重い人間ドラマ(褒め言葉)」になって、しかもボンドのキャラクターも「葛藤・迷い・不安定さを抱えてる人間臭い1人の男(褒め言葉)」になってて、感情移入しまくるわ、観てる方もエネルギー消耗してしんどいわ(くどいけど褒め言葉)・・・
 
 
「スパイアクション」という要素はベースにしっかり保ち、迫力あるカーアクションやカッコいいアイテム達、ボンドを取り巻く個性的なキャラクター達は変わらないままで
 
そこに「現実離れしたカッコよすぎるオジサマ」ではなくて、「苦悩・弱さ・脆さを抱えた同じ人間達」の生き様を描く方にシフトした事で
 
ボンド、敵役関わらずキャラクター達がリアルで共感出来るし感情移入出来るから、観ている側も感情が揺さぶられまくるし
 
「大義名分とは何なのか」「誰が正義で誰が悪なのか」といった事まで訴えかけてくる極上の重くて濃ゆいヒューマンドラマになりました。
 
 
シリーズ1作目の『007/カジノロワイヤル』でエヴァ・グリーン演じたボンドガールが好きすぎて、それ以来エヴァ・グリーンの出演する作品は有名作からマイナー作まで全部観る程ハマリました。
 
 
そしてシリーズを追うごとに重さを増していく人間ドラマと共に、ボンドの葛藤も増していき、その生き様を観て更にダニエルボンドにハマっていきました。
 
 
もし前4作品を観た事ないけど今作を観たいという方、過去作品観たけど内容忘れてしまったという方、ストーリーが難解でよく理解出来なかったという方(ダニエル版007はストーリー難しい!!)過去の全4作品あらすじ&ネタバレ感想付きで激アツ記事書いてるので是非こちら参照してください。↓
 
1作目!007「カジノロワイヤル」あらすじとネタバレ感想 」はこちら
2作目「慰めの報酬」あらすじとネタバレ感想はこちら
3作目「スカイフォール」あらすじとネタバレ感想はこちら
4作目「007スペクターあらすじ&ネタバレ感想」はこちら
 
 
 


スポンサーリンク






 

最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』あらすじと考察

 

出典:「https://collider.com/」
 
ジェームズ・ボンドは現役を引退し、ジャマイカで穏やかな毎日を送っていた。
 
そんな彼の元に旧友のCIAエージェント:フェリックス・ライターが現れ、誘拐された科学者を救出してほしいと依頼する。
 
現役復帰したボンドだったが、救出作戦は想像をはるかに超える超過酷なミッションとなる。
 
そしてやがてボンドは。危険な最新技術を操る正体不明の敵との戦いに身を投じていくのだった。
 
 
ここからは予告編も観た上での考察となりますが、今作のストーリーは前作「007/スペクター」から繋がっています。
 
※ダニエルボンドシリーズは以前の1話完結型の007と違い、全シリーズのストーリーが繋がっています。
 
前作で結ばれたマドレーヌと平穏な日々を送っていたと思われますが、今回のミッションに加わった事でマドレーヌが物語の鍵を握る一面を持ってると思われます。
 
 
せっかくハッピーエンドで幕を閉じたかと思ったダニエルボンドシリーズでしたが、マドレーヌも「ドス重い事情を抱えた」女性なのか・・・
 
ヴェスパーとの辛いエピソードを観て来たファンとしては、ボンドにはマドレーヌと穏やかな人生を続けて欲しかったのですが。。。
 
今作でボンドとマドレーヌがハッピーエンドの道をたどる事を願いつつ・・・です。
 
 
そもそもダニエル・グレイグは「007/スぺクター」の時に「自分はもう今作で出演最後」とご自身がインタビューで語っていたと思うんだけど、まだ契約が1作品残っていたという事なのでしょうか。
 
まあファンとしてはもう1作まさかのダニエルボンド作品が観れるのは嬉しいサプライズとなりましたが、でも今作は本当にダニエルボンド見納め作品となります。
 
 
ダニエルボンドシリーズの魅力の一つであるのが「敵の魅力」。
 
中二病にはたまらなかった血の涙を流す「カジノ・ロワイヤル」のル・シッフル(マッツ・ミケルセン)
Casino_Royale_(38)
出典:「jamesbond.wikia.com」
 
存在感と恐怖感が凄すぎて、本人をスクリーンで直視出来ずガチで怖かった「スカイフォール」のシルヴァ(ハビエル・バルデム)
silva-javier-bardem-skyfall
出典:「pipocamusical.com.br」
 
厭らしさという意味ではシルヴァ以上に恐ろしい「スペクター」のオーベルハウザー(クリストフ・ヴァルツ)
James-Bond-Spectre-trailer
出典:「www.mirror.co.uk」
 
 
等、敵の存在感も凄まじいのですが、今作の敵サフィンも予告編を観る限り相当ヤバイ。てか能面まじで怖い。
 
しかも演じるのが『ボヘミアン・ラプソディ』が記憶に新しいラミ・マレックと来たもんだから、もーーーラストにふさわしい豪華キャスティング過ぎて大興奮ですわ。
 
 


スポンサーリンク






 
 

最後の敵役にラミ・マレック!幕引きにふさわしい最高のキャスト達

 
今作の敵役を演じるのは『ボヘミアン・ラプソディ』でのアカデミー受賞によって全世界で一気にスターダを駆け上がったラミ・マレック。
 

出典:「https://www.empireonline.com/」
 
ベン・スティラー主演の『ナイト・ミュージアム』シリーズを観た時から、「あのファラオの王役の人カッコいいわ。南米の俳優さんかな?」とイケメン好きの私は既にラミの情報をウィキで調べたりしてたのですが、まさかあのファラオ役からいきなりこんな大ブレイクするとは思ってなかった。
 
 
クリストフ・ヴァルツやハビエル・バルデムら超演技派達が怪演してきたクセの強い悪役達に劣らず、今作でラミ演じるヴィラン・サフィンも予告編観る限り相当な凶悪度を持ち合わせてそう。だって何よこのマスクまじ怖い。。。↓

出典:「https://www.digitalspy.com/」
 
 
しかもラミが今作にキャスティングされたいきさつを知って、更にラミの事が好きになりました。
 
ラミ・マレックは「007/ノータイムトゥダイ」という超大作シリーズのオファーを受けたにも関わらず、監督に
 
「社会に人種のイメージを押し付ける様なテロリストを演じさせる事が理由で、自分を選んだのだとしたらキャスティングを外して欲しい。自分にはそういった行動は出来ない」
 
と言う事を伝えていました。
 
 
一部の過激なイスラム宗教派によるテロ行為によって、イスラム教や中東の人達に対する悪いイメージが世界中で植え付けられてしまいました。
 
ラミ自身、エジプト系アメリカ人というルーツゆえに様々な葛藤を抱えてきたと以前インタビューで語っていました。
 
だからこそ、中東の人達のイメージ悪化を膨らませる様な事はしたくない、という想いがあるのだと思います。
 
 
今作のラミの役は「高度な技術を駆使してボンドを苦しめる」ヴィランとの事なので、ラミが懸念していた様な形でのテロ行為は行わないでしょう。
 
とにかく私的はあの能面のマスクが怖すぎて何なのかが気になるのですが。。。
 
 
映画人生を楽しませてくれたダニエルボンド版の007も、ついに本当に観収めかと思うと寂しさもありつつ・・・
 
でも前作で完結だと思っていたので嬉しいサプライズだったし、とにかくボンドとマドレーヌがハッピーエンドを迎えるといいなあ。。。
 
過去作品でしつこく言い続けてきた「まさかのヴェスパーの復活」は無さそうですが、スペクターの時みたいにオープニングロールでまたヴェスパーの姿が一瞬でも観れたら、もう私はそれだけで★満点です。
 
結局最後までヴェスパーかいって話だけど、これからもヴェスパーは私にとって忘れられない映画キャラとして残っていきます。
 
 
 
★【過去シリーズ4記事のあらすじ・ネタバレ感想はコチラ】↓
 
1作目!007「カジノロワイヤル」あらすじとネタバレ感想 」はこちら
2作目「慰めの報酬」あらすじとネタバレ感想はこちら
3作目「スカイフォール」あらすじとネタバレ感想はこちら
4作目「007スペクターあらすじ&ネタバレ感想」はこちら
 
 
 
★最新作から過去の名作シリーズまで!無料でお得に映画を観ちゃおう♪↓

 
 
★英語字幕なしで観れる様になりたい!という方はコチラも参考にしてください↓

 
 
★映画好きな外国人の彼を見つけたい!という方はコチラもどうぞ↓

konkatsu