私が2か月で短期成婚出来た理由。結婚相談所で短期決戦制する人と長くいる人の違い


出典:「https://pixabay.com/」
 
結婚相談所の活動期間(在籍期間)は平均で1年前後と言われています。
 
私は結婚相談所IBJに入会後わずか2か月の短期決戦でスピード成婚出来ましたが、私の様に短期決戦で結婚相談所を退会出来る人も居れば、2年、3年と長く居る人も居ます。
 
今回は結婚相談所の活動期間が短く短期決戦で成婚出来る人と、長期間在籍して長く居る事になってしまう人、それぞれの共通点についてお話していきます。
 

 


スポンサーリンク






 
 

結婚相談所で短期成婚出来る人達に共通する3つの事

 
ここでお話する共通点は、私自身も勿論当てはまる事ですし、私の周囲で婚活していて短期決戦で結婚出来た友人達にも全て共通している事です。
 
※今回お話する中で出てくるプロフィール項目等については、私がお世話になったIBJのものを元にお話していきます。
 
1、相手に求める優先順位がハッキリしている
 
結婚相談所に入会すると物凄い沢山の男性のプロフィールを見る事になります。
 
プロフィール写真の第一印象から始まって、年齢、年収、職業、居住地、婚歴の有無、子どもの有無、家族構成、実家暮らしか1人暮らしか・・・といった感じで物凄い細かい項目まで知る事が出来ます。
 
短期成婚する女性達というのは、これら相手男性の条件つまり「相手のプロフィールで見るべきポイント」がしっかりと整理されてるので、アレもコレもにならず効率的に「自分の条件にどれだけ当てはまるか」という視点で男性を選んでいきます。
 
 
お見合いや仮交際で相手と会う際も、「自分の優先すべき条件に相手の男性がどれだけ当てはまってるか」という視点を忘れずに会話をする為、
 
毎回会う度に浅い話しかせず何度か会っても相手の深い部分がよく分からないまま、という事にはなりません。
 
 
2、相手の「良い所」を見ようとする
 
短期成婚する人達は、毎回のお見合いで「相手の長所をみつける」努力をします。
 
男性は女性に比べて外見の占める重要度が高い事もあって、女性よりも心の火が付きやすいと言われてますが、女性は慎重なのでどんな高スペックな男性だとしても初対面の男性にはバリアを作ります。
 
それでも「相手の良い所」に目を向けられる女性というのは、毎回のお見合いで前向きな気持ち・姿勢で男性と会えますし、お見合いから仮交際に発展しやすいです。
 
 
3、カウンセラーさんのアドバイスを聞いてマメに連絡をする
 
婚活アプリや婚活パーティーと結婚相談所の違いといえば、サポートしてくれるカウンセラーさんが居る事。
 
カウンセラーさんは沢山の成婚者を出してきたプロの人達です。
 
色々なパターンのカップルをみてきてるし、様々な悩み相談も受けて来ています。
 
せっかくカウンセラーさんという心強い存在が居るのですから、プロのアドバイスは素直に聞いた方が婚活を効率よくすすめていけます。
 
 
私はIBJに入会後、ほぼ毎日カウンセラーさんにホウレンソウ(報告・連絡・相談)をマメにしていました。
 
お見合いの返事に迷った時、お見合い後に仮交際に進むか迷った時、仮交際中に悩んだ時、少しでも不安になったり疑問に思った事はすぐに相談してアドバイスを貰っていました。
 
勿論カウンセラーさんの意見を聞いて「うーーん」と思った時もありましたが、そういう時はその旨をカウンセラーさんに正直に話ました。
 
そうするとカウンセラーさんも私の意見や気持ちを汲んだ上で、また違った視点からのアドバイスをくれましたし、あくまで私の気持ちを最優先に寄り沿ってアドバイスをしてくれました。
 
私の友人で結婚相談所に行っていた人達でも、早く成婚してる人達は必ずカウンセラーさんとマメに連絡を取り合っていて、しっかりと本音で話ながらアドバイスを素直に受け止めている人達でした。
 
 


スポンサーリンク






 
 

結婚相談所で長期間在籍してる人達に共通する3つの事

 
ここでお話する共通点は、私の周囲で婚活をしていて中々結婚に辿り着けない友人達に共通する事でもありますし、私自身が婚活をしている時に出会った「この人中々結婚出来なそうだなあ」と感じた人達にも共通していた事でした。
 
1、相手に求める優先順位がハッキリ出来ていない
 
最初から優先順位を決められていなくても、何人かお見合いしていく中で少しずつ自分が相手に求めるものが見えてくるものだと思います。
 
結婚相談所に入会すると、ホントーに沢山のプロフィールと項目を見る事になります。
 
なので自分の中で優先すべき事項を明確にしていかないと、アレもコレも状態になって決断が出来なくなっていきます。
 
私がお見合いした男性で結婚相談所に2年以上居る方が居ましたが、話をしていて「この方は女性に対してアレもコレも全て求めてる方だなあ」と感じました。
 
年収が凄く高い方だったのでモテまくって理想が高くなるのかもしれませんが、相手に対してアレもコレも求めてる人は結婚相手は見つからないと思います。
 
 
2、相手に求める条件が厳しい:「もっと、もっと」の罠
 
短期成婚をする人達は「加点方式」で相手を見ます。
 
加点方式というのは「相手の良い所を見てプラスに捉えていく」事です。
 
 
それとは逆に結婚相談所に長く居る人は、男性も女性も「減点方式」で相手を見ます。
 
「相手のマイナス面ばかりを見てしまう」という事です。
 
 
その上長く居る人は「もっと、もっとの罠」に陥ってる人が多いです。
 
「もっと、もっとの罠」というのは「次に会う人はもっと良い相手なのではないか?」と理想ばかり追いかけてしまうループに陥ってしまう事です。
 
 
3、カウンセラーさんのアドバイスを聞き入れず相談もしない
 
結婚相談所で成婚に辿り着けない人は、大抵カウンセラーさんともしっかり連絡を取り合っていませんし、せかっくのアドバイスも聞き入れません。
 
勿論何でもかんでもカウンセラーさんの言う事を聞きましょう、という事ではなくて、自分の考えと意見が違っても一旦は「プロの意見として」受け止めてみる。
 
その上でどうするかは改めて自分で決断すれば良いですし、もし腑に落ちない事があればカウンセラーさんにその旨を話して相談をしてみたら良いと思います。
 
 


スポンサーリンク






 
 

まとめ:結婚相談所で短期成婚をする人と長く居る人それぞれの共通点

 
●婚相談所で短期成婚出来る人達に共通する3つの事
 
1、相手に求める優先順位がハッキリしている
 
2、相手の「良い所」を見ようとする
 
3、カウンセラーさんのアドバイスを聞いてマメに連絡をする
 
 
●結婚相談所で長期間在籍してる人達に共通する3つの事
 
1、相手に求める優先順位がハッキリ出来ていない
 
2、相手に求める条件が厳しい:「もっと、もっと」の罠
 
3、カウンセラーのアドバイスを聞き入れず相談もしない
 
 
結婚相談所に行こうか迷ってる人、これから結婚相談所での婚活を始めようとしてる人、今現在婚活してる人、ぜひ参考にして頂いて素敵な相手を見つけて下さいね。
 
 
★私が国際離婚後にスピード再婚を果たした道のりと秘訣はコチラを参考にして下さい↓

IBJ特集バナー