婚活失敗だらけの30代アラフォー女が結婚相談所で短期成婚出来た体験談


出典:「https://www.pexels.com/」
 
IBJという結婚相談所に入会後、私は2か月のスピード成婚退会をする事が出来ました。
 
でもIBJに入会までの約2年半、30代アラフォーバツイチ女の私の婚活は失敗の連続でした。
 
そんな婚活失敗だらけだった30代アラフォー女が、結婚相談所IBJで短期成婚を出来た理由と体験談についてお話します。
 

 


スポンサーリンク






 
 

婚活が失敗続きに終わるのには3つの原因があると判明した

 
なぜ婚活失敗続きだった私がIBJ入会した途端に、2か月で成婚退会出来たのか。
 
結論を先に言うと今までの婚活とは真逆の事をしたからです。
 
2年半の間、50人近くの人達とデートしたりお付き合いしながらも毎回サヨナラな結末を迎えてきた私は、「自分が繰り返している失敗の原因」を思いつくままに書き出して整理しました。
 
 
その結果、私が婚活で失敗し続ける原因が、大きく分けて3つある事に気づきました。
 
※私の場合は婚活相手の8割が外国人男性でしたが、日本人男性に当てはめても共通するポイントは同じだと思います。
 

1、同じ様な相手を選んで失敗してきた

 
2年半で何人かお付き合いした人達。その人達と「別れた理由」を書き出すと2つの共通項がある事が分かりました。
 
●1、自己肯定感が低い男性を選ぶクセがあった
 
離婚した元外国人夫が「超絶自分に自信ありのプライド高い謝らない人」だった事も大きく影響していたのですが、私は元夫とは真逆の「自己肯定感が低い=自分に自信が無い男性」ばかり選んでました。
 
自分に自信がない男性って、最初の内はあまり自分の意見を主張しない人が多いので、それを「優しさ」だと大いに勘違いしちゃってました。
 
でも自分に自信がない男性程、蓋を開けてみるとプライドの塊だったり
 
付き合っていく内に実は「隠れ亭主関白」みたいなパターンもあったり
 
自己肯定感の低さは「優しさ」とは関係ないんですよね。
 
 
むしろ自己肯定感低い人の方が、自分に余裕が無かったりネガティブだったりするから、相手に対する「誠意や優しさ」を持てないパターンもあったり
 
タチ悪いパターンだと「自己肯定感低い自分が実は好きで酔いしれてる(自己憐憫に陥ってる自分が好き)」という人も居て、そんな相手の本性が出れば出る程私がイラついてしまってサヨナラになる、というパターンでした。
 
 
●2、安定感の無い男性を選ぶクセがあった
 
これは外国人男性に多いパターンですが、日本に住んで仕事してる人でも外国人である限り「ビザ」という不安定要素が必ず付いてきます。
 
離婚したての婚活1年目は、自分の中で色々とまだ混乱してる部分があったのか、私が選ぶ男性は蓋を開けてみると「実はビザが不安定」というパターンが何度か続きました。
 
その後、やっとビザは安定してる(永住権を持ってる)という外国人男性と出会ったのですが、本人が祖国に帰りたくなってしまった故にサヨナラになりました。
 
 
今になって冷静に振り返ってみたら「何であんな不安定な人選んでたんだ私?」「付き合う前に最初にまずはソコ確認しようよ」と思うのですが、当時はこういう男性をよく選んじゃっていたんです。
 
その原因は、この後にお話する「2つ目の理由」に繋がっています。
 
 


スポンサーリンク






 
 

2、自分の求める優先順位に沿わない相手を選んできた

 
これもIBJに入る直前になってやっと気付いた事だったのですが、私がパートナーに求める最優先事項はこの2つ。
 
●生活が安定している事(ビザや仕事、家庭の状況等)
●深いコミュニケーション(対話)がとれる事
 
 
この2つって、上述した1つ目の理由で出てきた男性達とでは、どう考えても実現出来ない事なんですよねえ(笑)
 
自己肯定感が低い男性は「オレなんか」とか「申し訳ない」と言った発言ばかりで、肝心の深い対話が全然出来なかったし
 
ビザや仕事に不安要素がある男性を選んでる時点で「生活が安定してる」という条件にも当てはまりません。
 
 
今でこそ、そりゃ婚活失敗するに決まってるじゃん!てツッコミ入れられますけど、でも当時の私は「自分の優先事項が何か分かってなかった」ので
 
しょっぱなから不安定要素が目立つ相手でも「金髪で背高くてカッコいい」という外見要素で突然盲目になってしまったり
 
(特に離婚直後は)独りで居る寂しさから、「多少不安要素あってもいいから誰か傍にいてほしい」という寂しさ故の恋愛をしてしまったり
 
でも自分自身に向き合ってこなかったら、そんな矛盾した婚活してる自分にも気付かないまま、同じ様な相手を選んでは同じ様なパターンで失敗してました。
 
 
流石に2年以上もこんな事を繰り返してきて「このままじゃ私ヤバくない?」「今のままじゃ40歳になってもまだ再婚出来ないぞ」と思い始めて
 
ようやく怖がって避けて来た「自分の本心と向き合う」事をする様になりました。
 
そしてようやく
 
●自分がなぜ婚活で失敗ばかり繰り返すかを冷静に分析
●そもそも自分がパートナーに求める最優先事項は何なのか
 
この2つを明確に分析出来て、「もう同じ失敗は繰り返さない!負のスパイラルから抜ける!」と決意しました。
 
そして、ここまで冷静に考えられる様になったからこそ、「3つ目の理由」にも気づく事が出来ました。
 
 


スポンサーリンク






 
 

3、そもそも婚活する場所を間違えていた

 
結婚相談所に入る前の私は、出会い系サイト、出会い系アプリ、婚活パーティー(1度きり)で出会いを探していました。
 
でも、結婚相談所での婚活を経験した今思う事は
 
結婚に対する本気度が低い人達といくら数会っても、「結婚」に辿り着くなんて無理ゲーに決まってるよね、て事。
 
 
アプリやサイト、婚活パーティーは気軽だし、金額も安いからハードルは低いんだけど、その分「真剣じゃない人」も来やすい。
 
結婚相談所はアプリやサイトに比べたら金額高いし、気軽にポンと飛び込める感じではないから、ハードル高いけど・・・でもやっぱり「真剣な人」が断然多い。
 
勿論、アプリや婚活イベントから結婚に辿り着く人達も居るけど、結婚相談所と違って「結婚」までの期間が長い。
 
恋愛結婚の交際期間は平均で早くても2年以上かかっていて、その期間は私には必要ない、てかそんな時間かけたくないって思いました。
 
1度目の結婚と離婚、そして2年半に及ぶ50人近くの男性達との婚活から「自分にとって何が最優先なのか」「自分はどんなパートナーシップを築きたいのか」という事も明確に分かったし
 
40歳までには再婚する!って期限も決めたから、数と時間をかけるのではなくて、短期集中で「この人!」という相手を見つける!という覚悟を決めました。
 
 
以上を踏まえて、、婚活失敗だらけだった私が結婚相談所で短期成婚出来た理由をまとめると
 
1、自分が相手に求める優先順位が明確になっていた
 
2、それまでの経験と自分自身との向き合いの甲斐あって、「この人!」と相手を見抜くだけでのマインドを十分に培えていた
 
3、ダラダラやらず短期決戦で期限と覚悟決めて行動した
 
 
この3つだと思います。
 
 
★結婚相談所で短期成婚出来る人の特徴については「結婚相談所で短期決戦制する人と長く居る人の違い」を参考にして下さい。
 
 
 
★私が国際離婚後にスピード再婚を果たした道のりと秘訣はコチラを参考にして下さい↓

IBJ特集バナー