シャイニングのネタバレ結末・感想と続編映画『ドクタースリープ』あらすじ。40年ぶりの【あのホテル】の恐怖。

スティーヴン・キング原作
映画『ドクタースリープ』
予告編動画↓

 
スティーブン・キング原作の同名小説をスタンリー・キューブリックが映画化し、ホラー映画の大傑作となった『シャイニング』。
 
1980年に公開され世界中で大ヒットした『シャイニング』の続編となる、『ドクター・スリープ』(原題:Doctor Sleep)が2019年11月29日に公開。
 
ホラーは大の苦手にも関わらず『シャイニング』は恐怖を通り越してあまりに面白くDVDで何度も観てますが若きジャック・ニコルソンの怪演も勿論強烈ですが、私個人的には夫に追い詰められる妻を演じたシェリー・デュヴァルという女優さんの演技が個人的MVP。
 
今回は『ドクタースリープ』では【あのホテル】が40年ぶりに再び登場し、あの双子やあのシーンも再び観れるとの事で怖さとワクワクが半端ないです。
 

 


スポンサーリンク






 
 

映画『ドクタースリープ』あらすじ

 

出典:「https://variety.com/」
 
40年前に父親に殺されかけたダニー(ユアン・マクレガー)は心にトラウマを抱えたまま孤独な人生を歩んでいた。
 
そんなダニーの周囲で児童連続殺人事件が起こり、ダニーの前に彼と同じ特別な力【シャイニング】を持つ少女アブラが現れる。
 
彼女は事件の現場を【目撃】しており、ダニーはアブラと共に「あの雪山のホテル」を再び訪ねる事となる。
 
 
2017年に大ヒットした『IT』の原作者でもあるスティーブン・キング原作の今作。
 
『シャイニング』でお馴染の双子姉妹、吹き出す鮮血等も再び登場。新たな恐怖と謎の扉が開く。
 
 

『ドクタースリープ』の嬉しすぎるキャスト

 

出典:「https://www.projectcasting.com/」
 
主人公役のダニーを演じる主演のユアン・マクレガーは日本でも大有名なので今更ここで紹介する事もないかな・・・と思うのですが

出典:「https://www.imdb.com/」
 
 
今作で謎の女性ローズを演じるレベッカ・ファーガソン!!

出典:「https://www.pinterest.jp/」
 
日本ではまだ知名度高くないかなと思ったので敢えて大紹介したいのですが、この女優さんある超大作に出演しています。
何の作品か分かりますか?!!
 
トム・クルーズ主演で2015年、2018年ともに私的ナンバー1映画となった「ミッションインポッシブル5」「ミッションインポッシブル6」にイルサ役で出演し、私は『ミッションインポッシブル5』を観て一気に大ファンになりました。
 
「ミッションインポッシブル5/ローグネイション」より↓

出典:「http://www.mtv.com/」
 
映画自体も楽しみな今作ですが、個人的にはレベッカ・ファーガソンを再びスクリーンで観れるのがメチャクチャ楽しみです。
 
しかも今作のローズはイルサとは全然テイストの違うダークな役柄だと思うので、『ミッションインポッシブル』シリーズとは違った演技が見れそうで増々楽しみ。
 
 
※ここからは『シャイニング』のあらすじを語っていきます。
ネタバレと結末を含みますのでご注意ください。
 
 


スポンサーリンク






 
 

『シャイニング』のネタバレあらすじと結末

 
●映画『シャイニング』予告編動画↓

 
コロラド州のロッキー山脈の山上にあるオーバールック・ホテル。
 
冬の間は雪により閉ざされるこのホテルは、以前の管理人が孤独に心を蝕まれ精神異常をきたし、家族を斧で殺害後に自殺したという曰く付きのホテルだった。
 
小説家志望のジャック・トランスはこのホテルの管理人を志願し、妻のウェンディ・息子のダニーを連れて冬の間このホテルに住みこむ事を決意する。
 
 
1人息子のダニーは特殊能力「シャイング」を持っており、ホテル内で双子の姉妹を見たり、エレベーターから大量に溢れる血を見て体調不良となる。
 
 
ホテルが閉鎖する日、トランス一家はホテルに到着。
 
黒人料理長のハロランはダニーと同じ「シャイニング」の力を持っており、ダニーにホテルの注意点やシャイニングの事を告げ、猛吹雪により外の世界とは隔離された一家3人の生活が始まった。
 
 
ホテル生活に慣れていくウェンディとは対照的に、謎の体験を重ねて次第に精神的に追い詰められていくジャック。
 
とうとう精神異常をきたしたジャックは斧で妻と息子を殺害しようと試みるが、ダニーの機転によってウェンディとダニーは無事にホテルを脱出、ジャックは凍死したのだった。
 
そしてホテルの壁には「1921年付」で飾られた写真。
 
その写真の中央で、呪われたホテルの一部となったジャックが微笑んでいた。
 
 
 


スポンサーリンク






 
 

『シャイニング』の感想

 

出典:「https://www.indiewire.com/」
 
今作は「ホラー」という位置づけよりも「サイコスリラー」の方がしっくりくるかなと思います。
 
いわゆる霊的な恐怖、音の恐怖などは無く、「人間が精神的に蝕まれて豹変していく恐怖」を描いてるので、他のホラー映画とは一味違った作品となっています。
 
そこに加えてキューブリック作品ならではの「佇む双子姉妹」や「ホテル内の廊下」等、「左右対称」に拘った映像が恐怖心をかきたてます。

出典:「https://www.independent.co.uk/」
 
 
エレベーターから流れ出る大量の鮮血や、ジャック・ニコルソンが斧を持って妻と息子を追いまわすなどショッキングなシーンはあるものの、残虐な描写や暴力シーン等は控えめなので、私の様にホラー・バイオレンス系が苦手な人でも比較的見やすいかなと思います。
 
 
『シャイニング』=「ジャック・ニコルソンの怪演」と言われますが、冒頭でお話したように私にとって今作のMVPは妻ウェンディ役のシェリー・デュヴァルという女優さん。
 
もちろんジャック・ニコルソンの怪演は言うまでもないですが

出典:「https://www.esquire.com/」
 
ウェンディのあのこれでもか!と見開いた目と恐怖の表情があるからこそ、ジャック・ニコルソンの狂いぶりが際立つんじゃないかな。
 
この怯える表情、ジャック・ニコルソンの狂気顔よりも怖いと思うんだけど・・・↓

 
なんかもはやホラーなのかコメディなのか分からないレベルなんですけどねこの恐怖顔(笑)。
 
ジャック・ニコルソン同様にもっともっと評価されてもいいと思うんですよね、この女優さんの「怯えの演技」。
 
 
 
 
★最新作から過去の名作シリーズまで!無料でお得に映画を観ちゃおう♪↓

 
 
★英語字幕なしで観れる様になりたい!という方はコチラも参考にしてください↓

 
 
★映画好きな外国人の彼を見つけたい!という方はコチラもどうぞ↓

konkatsu