アベンジャーズ4/エンドゲームでホークアイがローニンに!あらすじ考察

「アベンジャーズ/エンドゲーム」
公式予告編動画↓

 
アベンジャーズ4作目にしてついに完結!
 
2019年4月26日に日本・米国同時公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」(原題:Avengers: Endgame)。
 
絶望的状況のアイアンマンの語りから始まる予告編を観ただけで前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を思い出して涙出たんですが、ホークアイが恐らくローニンになっていたり待望のアントマンも登場したりと、間違いなく2019年のゴールデンウィークはアベンジャーズ・ウィークになる事間違いないです。
 
※前作までのネタバレ含みますのでご注意ください。
 

 


スポンサーリンク






 
 

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のあらすじ考察をしてみる

 

出典:「MovieWeb」
 
「アベンジャーズ/エンドゲーム」の予告編は一人宇宙を彷徨うアイアンマンことトニー・スタークが恋人ペッパー・ポッツに向けてメッセージを録音してる所から始まります。
 
タイタン星で一緒に生き残ったネピュラの姿はなくトニーはなぜ一人で行動する事になったのかは謎ですが、予告編から私なりのあらすじ予想をしてみます。
 
 
まず予告編を観て一目瞭然なのはアントマンとホークアイが今作で戻ってくる事。
 
ブラック・ウィドウはホークアイと日本で再会を果たしてますが、ホークアイの衣装が「ローニン」に見えるので(ローニンについては後述します)彼もサノスの指パチンによって家族を失ったのだと思います。
 
日本で誰と戦っていたのかは不明ですが。
 

出典:「Screen Rant」
 
前作で生き残ったアベンジャーズのメンバーに加わり、アントマン、ホークアイ、そして前作「インフィニティ・ウォー」のエンド・クレジットでニック・フューリーがSOS信号を送っていた:キャプテン・マーベルが参戦する事も正式に発表されています。
 
 
そしてスパイダーマンやドクター・ストレンジらは続編製作も決定してる事から、全員ではないかもしれないですが前作でサノスの指パチンで消滅したヒーローたちも蘇るのだと思います。
 
 
そういえば予告編で、タイタン星で一緒に生き残ったはずのネピュラがトニーと行動を共にしてなかったですよね。
 
もしかしてですが・・・トニンーと別行動をしているネピュラがサノスからガントレットを奪えたら、消滅したヒーロー達を復活させる事が出来ます。
 
それがドクター・ストレンジが消滅前に見た「サノスに打ち勝つたった一つの方法」に繋がっているのかも。
 
ともあれドクター・ストレンジを復活させる事がサノスを倒す為の最優先事項だと思います。
 
だってタイム・ストーンを扱えるキャラクターは彼だけですよね。
 
 

ホークアイがなり果てた?「ローニン」とは何者なのか

 

出典:「Comic Book」
 
予告編でとにかくメッチャ気になったのが再登場した際のホークアイの衣装。
 
原作では「ローニン」とは特定のキャラクターの事ではなくて、「漆黒の衣装をまとった状態」を指します。
 
過去にも他のヒーローがこの漆黒の衣装をまとい「ローニン」となった事がありますが、「ローニン」の名前の由来は「浪人」から来ており、日本刀やヌンチャクを武器としたヒーローです。
 
 


スポンサーリンク






 
 

アベンジャーズシリーズは4作目「アベンジャーズ/エンドゲーム」でついに完結

 

出典:「Screen Rant」
 
2012年に「アベンジャーズ」1作目が公開されるなり全世界であらゆる記録を塗り替えていったアベンジャーズ・シリーズ。
 
今作「アベンジャーズ/エンドゲーム」で4作目にしてついに完結しちゃいます。
 
マーベル社のケヴィン・フェイグ社長自らインタビューでアベンジャーズシリーズの終わりを発言したわけですが、それを知った時に私も世界中のファンに混ざって「遂にか・・・」という感極まる想いと寂しさを感じた一人です。
 
 
マーベル作品の日付け役となった「アイアンマン」が2008年に公開されてから10年、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)は大きな節目を迎える事になりました。
 
 
シリーズ完結の理由の1つとして予想されてるのが、主要キャラクター達を演じて来た6人のキャスト達が今作で契約を終了するから。
 
・「アイアンマン」役:ロバート・ダウニーJr
・「キャプテン・アメリカ」役:クリス・エヴァンス
・「マイティ・ソー」役:クリス・ヘムズワース
・「ホークアイ」役:ジェレミー・レナー
・「ハルク」役:マーク・ラファロ
・「ブラック・ウィドウ」役:スカーレット・ヨハンソン
 
 
んー。。。まあもうこの6人が去ってしまったらアベンジャーズじゃないので仕方ないですよね。
 
特に私的にはブラック・ウィドウとホークアイが居ないなんてもう耐えられないですし、アベンジャーズをコミカルに仕上げてくれてるソーが欠けてもダメだし、んーでもキャプテン・アメリカ居ないと真面目なまとめ役も居なくなるし。。。誰か一人が欠けてもやっぱアベンジャーズじゃないですね。
 
 
 
とはいえアベンジャーズシリーズが完結するのは寂しいですけど、「スパイダーマン」や「ブラック・パンサー」の続編や3月15日公開の「キャプテン・マーベル」含め、まだまだ今後もMCU作品は公開されてくのでハリウッド映画病の私は楽しませてもらえそうです。
 
 

MCUシリーズ作品記事たち

 
●アベンジャーズ3作目の前作「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」のネタバレ感想はコチラ
 
●アベンジャーズシリーズ作品ではないものの「アベンジャーズの2.5」の位置付けで3作目「インフィニティ・ウォー」にもストーリーがつながっている「シヴィル・ウォーあらすじとネタバレ感想」はコチラ
 
●サノス打倒のキーパーソンになるであろう「キャプテン・マーベルあらすじ」はコチラ
 
●4作目でカムバックを果たしたアントマン1作目「アントマンのネタバレ感想」はコチラ
 
●アベンジャーズ4にもストーリーが繋がってるアントマン2作目「アントマン&ワスプ」はコチラ
 
 
 
★英語字幕なしで観れる様になりたい!という方はコチラも参考にしてください↓

 
 
★映画好きな外国人の彼を見つけたい!という方はコチラもどうぞ↓

konkatsu