4には登場!アントマン&ワスプがアベンジャーズ3に出演しなかった理由

『アントマン&ワスプ』
予告編動画↓

 
2018年8月31日に日本公開のアントマン2作目『アントマン&ワスプ』(原題:Ant-Man and the Wasp)。
 
今作のあらすじは勿論の事、なぜ出演が噂されていた:『アベンジャーズ/インフィニティウォー』に出演しなかったのか、『アベンジャーズ4』には出演するか等についても語っていきます。
 

 


スポンサーリンク






 
 

『アントマン&ワスプ』あらすじ

 

出典:「Variety」
 
FBIの監視下に置かれていたアントマンことスコット・ラングの前に、アントマンスーツの開発者ハンク・ピム博士と娘のホープ・ヴァン・ダインが現れ力を貸して欲しいという。
 
2人は神出鬼没の美女「ゴースト」に追われていた。
 
ゴーストはアントマン誕生の秘密であるピム粒子を狙っており、スコットはピム粒子を守る為アントマンとして再び戦う事になる。
 
スコットの協力者として博士の娘:ホープ・ヴァン・ダインが「ワスプ」となり、アントマンとワスプはゴーストとの戦いに挑んでいく。
 
 
監督のインタビューによると、今作はアントマンとワスプのラブコメではなく、女性ヒーローワスプの活躍がメインに描かれるとの事。
 
個人的にはアントマンとワスプのラブコメがメッチャ観たいなあ。。。
 
ワスプ演じるエヴァンジェリン・リリーがロングヘアになって前作より更に美しくなってますし、「完璧すぎるヒロイン」と謳われてますから「頼りなさすぎるヒーロー」アントマンは相手としては不足なんでしょうかねえ。。。
 
いやでも私は「普段はダメダメだけどやる時はやる」スコットは十分カッコイイと思うんですけどね。
 
 

アントマンは何故『アベンジャーズ/インフィニティウォー』に出演しなかったのか

 

Marvel Studios ANT-MAN AND THE WASP
L to R: The Wasp/Hope van Dyne (Evangeline Lilly) and Ant-Man/Scott Lang (Paul Rudd)

出典:「W3LiveNews.com」
 
『アベンジャーズ/インフィニティウォー』公開前には出演が噂されていたアントマン。
 
私もアントマンは絶対に出演するものだと思って期待していたのですが、大好きなホークアイともどもインフィニティウォーには出演しませんでした。
 
 
インフィニティウォーの作中でブラック・ウィドウが「アントマンは司法取引により自宅軟禁中」と言ってましたが、この設定は「シビル・ウォー」から引き継がれてきてるもので、確かに設定としては間違ってないと思います。
 
ただ個人的には色々な海外サイトや製作陣のインタビューを見てきて、また別の理由があったのでは?と思っています。
 
 
今作『アントマン&ワスプ』はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の時系列上において、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』での戦いが起こる前、という設定だそう。
 
なのでもし彼らがインフィニティウォーに出演していて、サノスの指パチンにより消滅させられたりでもしてたら、ファンは気楽な気持ちで今作を観れないですよね。
 
※サノスの指パチンて何?という人はぜひ「アベンジャーズ/インフィニティウォーのネタバレ感想」を参照してください。
 
 
なので製作側としては、あまりにバッドエンドだったインフィニティウォーと今作を別物として楽しんで観て欲しい、という想いから敢えてインフィニティウォーには出演させなかったのかな、と思います。
 
 


スポンサーリンク






 
 
 

アベンジャーズ4には登場するのか?

 
アベンジャーズ4には出演すると思います。
 
ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーが既に「アベンジャーズ4」への出演が決定しています。
 
じゃあアントマンはどうなの?という話ですが、下記の「アベンジャーズ4」の撮影現場での写真を見ると、アイアンマン、キャプテン・アメリカと一緒にアントマンも写っています。

出典:「Men’s Journal」
 
なのでアントマン&ワスプ共に「アベンジャーズ4」出演はほぼ確実だと思います。
 
 
「アベンジャーズ4」の公開も待ちどおしいですが、インフィニティウォーで絶望気分を味わったので、8月31日公開の『アントマン&ワスプ』で沢山笑わせてもらって気楽に楽しませてもらえる事を期待しています。
 
 
※アベンジャーズ4のストーリー考察、MCU作品の歴史など「アベンジャーズ/インフィニティウォーねたばれ感想」で色々と熱く語ってるのでぜひこちらも参照してください。
 
※『アントマン』1作目のネタバレ感想は「アントマンねたばれ感想」を参照してください。