『スターウォーズ9』レイアとルーク再び&パルパティーンも復活!あらすじ考察

スター・ウォーズ エピソード9
『スター・ウォーズ/ライズ・オブ・スカイウォーカー』
公式予告編動画↓

 
全世界が待ち望むスカイウォーカー・サーガの完結作『スター・ウォーズ/ライズ・オブ・スカイウォーカー』(原題:The Rise of Skywalker)が2019年12月20日に日本公開。
 
出演者名の中にはルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルの名前がある上に故キャリー・フィッシャー演じたレイア姫も「フォースの覚醒」時の未公開映像が活用される事がわかり、嬉しさのあまり鳥肌やばいですが、そこに加えて・・・あの暗黒卿パルパティーン皇帝の復活。
 
まだ謎に包まれたエピソード9ですが、私なりのあらすじ考察など最新情報をお伝えしていきます。
 

 


スポンサーリンク






 
 

タイトル『ライズ・オブ・スカイウォーカー』の意味とは

 

出典:「StarWars.com」
 
【ライズ】を日本語訳にすると「(自力で)立ち上がる」、「(太陽が)昇る」。
 
なので今作のタイトル「ライズ・オブ・スカイウォーカー」は「スカイウォーカーの誕生」や「スカイウォーカーの復活」といったニュアンスだと思います。
 
ただ「復活」となる場合だとルークを指す印象なので「誕生」の方が個人的にはしっくりくるかな。
 
 
エピソード1~6と違い、主人公であるレイはジェダイでもシスでもありません。
 
今作はそんなレイが【太陽が昇るかの如く世界に希望をもたらす「スカイウォーカー」として「誕生」するまでを描いた物語】
 
という感じなのかな~とタイトルを最初に観た瞬間に感じました。
 
 
原題タイトルや予告編動画に散りばめれた情報から、ストーリーやキャラクター達の行く末を予想するのってメッチャ楽しいですし、他のファンの人達の考察を読むのも面白い。
 
公開日まで色々な人の考察ブログを読んだりして楽しめるのも「スターウォーズ」はじめ、シリーズ物ならではですよね。
 
 

予告編ラストで凍りつく:皇帝パルパティーンが復活

 

Actor Ian McDiarmid as Emperor Palpatine in STAR WARS: REVENGE OF THE SITH. © Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved. Digital work by ILM.

出典:「Screen Rant」
 
「スターウォーズ/ライズ・オブ・スカイウォーカー」の予告編動画にはファンを唸らせるシーンがこれでもかって位に詰め込まれてます。
 
予告編映像はレイが砂漠に立つシーンから始まり、「我々は全てを伝えた。はるかな歴史が君の中に。これは君の戦いだ。」というルーク・スカイウォーカーの声を聞いただけでも鳥肌立ちまくり。
 
突撃してくるカイロ・レンのタイ・ファイターをレイが高く飛びあがり交わすシーンでもう鳥肌マックス。
 
故キャリー・フィッシャー演じるレイアとレイが抱き合うシーンでは思わずこみあげてくる熱い想い・・・と感動最高潮で予告編が幕を閉じるかと思いきや、デス・スターの残骸らしき物体が映り暗転と同時に聞こえるおぞましい笑い声。
 
そう!あれは『スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で滅びたはずの暗黒卿ダース・シディアス/パルパティーンの声ですよ!!
 
 
4月12日にアメリカ・シカゴで開催中の「スター・ウォーズ セレブレーション・シカゴ2019」で今作の特報映像が世界初公開された際、会場ではパルパティーンの笑い声を聞いて大歓声が沸き起こりました。
 
その際にJ・J・エイブラムス監督は「レイ達が【巨大な悪】を前にする」と明かしましたが、【巨大な悪】が何者なのかは明言しなかった為パルパティーンかどうかは定かではありませんが、どういった形にせよパルパティーン皇帝の再登場は私達ファンにとっては超超サプライズですよね。
 
 


スポンサーリンク






 
 

レイア・オーガナに再び会える

 

出典:「MovieWeb」
 
「ライズ・オブ・スカイウォーカー」の予告編映像を観てファンが最も心震えたのは、レイア役の故キャリー・フィッシャーがスクリーンでレイと抱き合ったシーンじゃないでしょうか・
 
というか私はあのシーンだけで一瞬で涙腺崩壊しました。
 
暗闇の中響くパルパティーン皇帝の笑い声にゾクゾクしながらも涙と鼻水拭くのに必死でしたもう。
 
 
2016年12月27日に死去したキャリー・フィッシャー。
 
「ライズ・オブ・スカイウォーカー」が公開される2019年12月20日には、キャリー・フィッシャーがこの世を去って約3年の年月が経つ事になりますが、サーガ完結編の中にもレイアは生き続けています。
 
監督J・J・エイブラムスによるとエピソード7「フォースの覚醒」の時の未公開シーンを今作で活用する事を明らかにしました。
 
以下、ルーカスフィルムの公式見解(英文)からの引用に私なりの和訳をつけたものです。
 


Carrie Fisher was, is, and always will be a part of the Lucasfilm family.
She was our princess, our general, and more importantly, our friend.
We are still hurting from her loss.
We cherish her memory and legacy as Princess Leia, and will always strive to honor everything she gave to Star Wars.
 
キャリー・フィッシャーは今までもこれからもルーカスファミリーの一員です。
彼女は私達のプリンセスであり、将軍であり、とても大切な友人です。
私達の心には今でも彼女を失った悲しみがあります。
 
私達は彼女との思い出、彼女がレイアとして残してくれた伝説を大切にしていきます。
彼女がスター・ウォーズに与えてくれた全ての事へ敬意を払っていきます。
 
引用:「ルーカスフィルム公式サイトより(英文)」

 
ファンやメディアの間ではレイアの再登場はCGになるのではないか、といった意見も上がっていましたが、ルーカスフィルムは「CGでレイアを復活させるのはキャリーへの敬意を損なう事」とされ、今回の形でのレイア再登場となりましたが、いちファンとしても最高なレイアとの再会だと思います。
 
どんなにリアルなCGでもレイアは絶対にキャリー・フィッシャー本人じゃないと私も悲しくて仕方ないので、キャリー・フィッシャー本人の姿をまた劇場で観れる事は本当に嬉しいですし、製作スタッフ達のキャリーに対する熱い友情と愛に胸が熱くなりました。
 
 
 

ルーク・スカイウォーカーはどんな再登場をするのか

 

出典:「Screen Rant」
 
「ライズ・オブ・スカイウォーカー」の出演者一覧の中にはルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルの名前もありますが、どういう形で出演するのかは全くわかりません。
 
予告編ではレイに語りかける「声」はハッキリと聞こえますが、ルークは前作「スターウォーズ8/最後のジェダイ」でこの世を去っています。
 
私は「声」を聞いた時にルークは「霊体」として再登場するかなと思ったのですが、「過去の回想シーンの中に登場」という可能性もあるわけですよね。
 
でも「エピソード6」同様にラストには歴代ジェダイ達が登場したら私含めて世界中のファンが大喜び&大興奮なので、やはり「霊体」としての登場に期待大です。
 
 


スポンサーリンク






 
 

「スター・ウォーズ/ライズ・オブ・スカイウォーカー」のあらすじ考察

 

出典:「Screen Rant」
 
ネット上ではファンの人達がリーク情報とかを挙げてますが、私は公式ではないリーク情報は信じたくないし、信憑性がない情報を伝えたくないので、あくまで私個人がこれまでスターウォーズを観て来たいちファンとしてあらすじ考察をしていきます。
 
 
スターウォーズは「親と子の愛」「師弟愛」といった「愛をベースとした人間ドラマ」がベースですよね。
 
なのでやはりスカイウォーカー家の物語として完結すると思うのですが、そこのカギとなるのがレイとカイロ・レンだと思います。
 
今作は【巨大な悪】が登場するので(それがパルパティーンか別の何者かは定かではありませんが)、レイと対立していたカイロ・レンがレイによって光側に導かれ、フィンらとともに【巨大な敵】に挑んでいく、という流れになるのかなと思っています。
 
 
そしてルークがタトウィーンに戻ったのと同じく、レイはジャクーに戻る。
 
数年後、ジャクーの地ではレイの元で子ども達がフォースを使う修行をしている。
 
そんなレイ達の姿を霊体となったルークやヨーダ達が見守り、レイと子ども達は空を見上げてEND・・・というのがスター・ウォーズらしい幕の締まり方かなと思います。
 
 
 
公開がメッチャ楽しみ過ぎる「スター・ウォーズ/ライズ・オブ・スカイウォーカー」。
 
今後も最新情報を追って修正・追記をしていきますね。
 
 

スターウォーズ関連の他の記事

 
・2017年12月15日公開『スターウォーズ/最後のジェダイ』については「ルークもレイも闇堕ちせず!スターウォーズ8/最後のジェダイねたばれ感想」を参照してください。
 
 
・2016年に観た全映画ナンバー1の傑作『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』については
『今年ダントツ1番の感動作!ローグワン/スターウォーズねたばれ感想』を参照してください。
 
 
・『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ネタバレ有りのあらすじ&感想は

「レイはあの人の娘でしょ!スターウォーズ7のネタバレあらすじと感想」

を参照してください。
 
 
スターウォーズ出演者達の、その後と今現在については下記にまとめてあります。
 
レイ役で大ブレイクしたデイジー・リドリーについては
「デイジー・リドリーがスター・ウォーズのレイ役を掴んだ理由」を参照してください。
 
 
若きアナキンを演じたヘイデン・クリステンセンについては

「アナキン役のヘイデン・クリステンセンの今現在 」

を参照して下さい。
 
2016年に急遽されたキャリー・フィッシャーについては
「エピソード9は登場なし。キャリーフィッシャー遺作は「最後のジェダイ」」

を参照してください。
 
スターウォーズ嫌いなハリソンフォードがカムバックした理由は

「黒歴史?スターウォーズ嫌いなハリソンフォードが7に出演した理由」

を参照してください。
 
元祖イケメンのルーク・スカイウォーカーのその後と現在は

「スターウォーズ7でも大怪我寸前!事故だらけのマークハミルの現在」

を参照してください。
 
新たな悪役を演じたハリウッドの新星アダム・ドライバーについては

「高身長の悪役カイロレンを演じたアダムドライバーは戦場経験者だった」

を参照してください。
 
スターウォーズを観た事がない!という方のために、過去の全6エピソードをまとめました。
また、スターウォーズ基本用語や魅力についても語っています。

「スターウォーズ過去エピソードのネタバレあらすじ!用語と魅力も解説 」はこちら

 
 
 
★最新作から過去の名作シリーズまで!無料でお得に映画を観ちゃおう♪↓

 
 
★英語字幕なしで観れる様になりたい!という方はコチラも参考にしてください↓