レイの親はパルパティーン?!【スターウォーズ9/スカイウォーカーの夜明け】あらすじ予想とラスト考察

2019年12月20日に日本公開のエピソード9
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(原題:The Rise of Skywalker)
公式予告編動画↓

 
スカイウォーカー・サーガの完結作でありエピソード9作目となる『スター・ウォーズ/ライズ・オブ・スカイウォーカー』(原題:The Rise of Skywalker)。
2019年12月20日に日本公開し遂に完結します。
 
レイの親はパルパティーンなのでは?と私が考察する理由や、あらすじラストの結末予測などについて語っていきます。
 

 


スポンサーリンク






 

レイの親はパルパティーンなのか?と考察する理由

 

出典:「https://www.cinemablend.com/」
 
スターウォーズ新3部作で繰り広げられる壮大な物語は「主人公レイの自分探し」の物語でもあります。
 
主人公レイが自分自身の正体、自分の親、出生のルーツを知る為に宇宙規模の旅を繰り広げるワケですが、そもそも「何者でもない」レイという女性が何故この新サーガの主人公になっているのか。
 
それはレイは決して「何者でもない」わけではなく「特別な者」だからでしょう。
 
つまり、エピソード9のラストを予測する上でまず最初に考察すべきなのは「レイの正体は誰なのか=レイの親は誰なのか」という事。
 
 
新サーガの1作目、エピソード7の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観た直後は、私は「レイはルークの娘」という説を予測していたのですが違いました。
 
エピソード8「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」で「レイの両親は名もない人」という事実が明示されました。
 
さらにカイロ・レンによれば「レイの両親はすでに死んでいる」という事も突きつけられました。
 
 
そう、レイの両親は本当に「名もない人」ですでに死んでるのは事実だと思う。
 
でもレイのルーツを辿っていくと・・・パルパティーンに繋がってるんじゃないかと思うんです。
 
 

アナキンもレイもパルパティーンによって生まれた子どもだとしたら?

 
アナキン・スカイウォーカーの母親シミ・スカイウォーカーも普通の女性でした。
 
でも普通の女性から生まれたアナキンは「普通の子」ではありませんでした。
 
それはアナキンの父親が普通の人では無かったから。
 
 
そこで浮上するのがシスの暗黒卿ダース・シディアスことパルパティーン。
 
 
私はレイのカイロ・レンとの戦いでのライトセーバーでの使い方を見た時に「ん?」と思いました。
 
初めてライトセーバーを使う上に誰にも習った事のないのに、随分と持ち慣れた個性的な構えと戦い方をするなと。
 
レイのライトセーバーの「後ろに引いてから前に一気に突き出す」という独特な構えを観て思い出したのですが、パルパティーンも同じ構えをしてました。
 

出典:「https://www.express.co.uk/」
 
誰かから構えを習っていたならともかく、誰にも習わずに天性の感覚でこの独特の構えをするって、それはパルパティーンの「血筋」が入ってるからなのではないかと。
 
 
アナキンとレイがパルパティーンによって生み出された子どもだとしたら、色々としっくり来るんです。
 
直接的でなくてもパルパティーンだったらフォースの力を使ってシミに自分の血筋の入った息子(アナキン)を生ませることは出来るでしょうし、レイの場合も同様だとしたら「母親は名もない普通の女性」だけど、アナキン同様に「レイにはパルパティーンの血が流れてる」という事になります。
 
 
更に新たに公開された『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の予告編動画では、ラストで赤いライトセーバーを持つレイの姿が描かれています。
 
【赤いライトセーバー】を手にするレイの姿が描かれた公式予告編動画↓

 
 
「レイの父親=パルパティーン」だとしたら、アナキン同様にレイがダークサイドに堕ちる、という可能性も大いにあります。
 
 


スポンサーリンク






 
 

エピソード9はレイの闇落ちという結末なのか?

 

出典:「https://www.express.co.uk/」
 
ではエピソード9はレイの闇落ちという最悪の結末になるのか、というと私はそうは思いません。
 
というよりも「そう思いたくない」という気持ちが強いのですが。
 
 
アナキンはダークサイドに堕ちましたが、ルークはダークサイドには堕ちませんでした。。
 
その違いは何なのかというと、アナキンは孤独に闇を抱えていたのに対し、ルークにはハン・ソロ&レイアという「仲間」が居ました。
 
アナキンにもパドメという愛する妻、オビ=ワンという信頼出来る師匠が居ましたが、ルークにとっての「仲間」の様に孤独を共有できる存在にはなりませんでした。
 
まあそれはアナキンが「妻の前で弱みを見せてはいけない」という夫としてのプライド、「師匠に相談なんか出来るか」という弟子としてのプライド、とにかくまあ「プライドが高すぎる男性」だったという弱さ故なのでもあるのですが。
 
 
この違いはレイとカイロ・レンにも同じ事が言えます。
 
カイロ・レンは「孤独」な人で仲間は居ません。そしてダークサイドに堕ちました。
 
でもレイは違います。フィン、ポー・ダメロンやBB-8達「仲間」の存在があります。
 
 
ネット上では様々なリーク情報が上がっていて、私が考察してる「レイ=パルパティーン血筋」と同じ予測をされてる方達も居ますし、「レイの闇落ち」ラストを考察されてる方達も居ます。
 
 
私は「レイ=パルパティーン血筋」という考察はしますが、レイは「一旦ダークサイドに堕ちかけるけど光に戻る」、つまり予告編のレイが赤いライトセーバーを持つのは過程であってラストではないと予測しています。
 
なぜなら、くどいけどフィン達「仲間」の存在があるから。
 
 


スポンサーリンク






 
 

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ラストの結末考察

 

出典:「Screen Rant」
 
ルークを失い、パルパティーンとの最終決戦に挑むレイ。
 
「光」と「闇」の両面で揺らぎ彷徨いながら、一度はダークサイドに堕ちかけたがレイだけど、再びライトサイドに戻りパルパティーンを倒す。
 
そしてルークがタトウィーンに戻ったのと同じく、レイはジャクーに戻る。
 
数年後、ジャクーの地ではレイの元で子ども達がフォースを使う修行をしている。
 
そんなレイ達の姿を霊体となったルークやヨーダ達が見守り、レイと子ども達は空を見上げてEND。
 
 
これが私が予測するエピソード9のあらすじとラストの結末です。
 
 
そしてもう一人の主人公となるカイロ・レン。
 

出典:「https://www.express.co.uk/」
 
彼のラストの行く末については2つのエンディングが予測出来ます。
 
あのままダークサイドに堕ちレイ達と戦い敗れるが、ダークサイドに堕ちながらもレイの存在によりライトサイドに戻り、レイと共にパルパティーンに挑む。
 
改心したカイロ・レンがパルパティーンを倒しハッピーエンドとなるか、もしくはパルパティーンに殺されるか。
 
 
 
今作のタイトルである「スカイウォーカーの夜明け」というのはカイロ・レンの事を示してるのではないかと考察しています。
 
前作のエピソード8「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でルーク・スカイウォーカーは死んでしまったので、カイロ・レンが唯一今でも生きてるスカイウォーカー家の血筋を引く人物となります。
 
※もちろんルークもアナキンも魂は生きてますが、ここでいう死んだというのは「形として亡くなった」という意味です。
 
 
カイロ・レンはダークサイドに堕ちたものの、彼には常に「迷い」と「弱さ」が混在しています。
 
アナキンの場合は「葛藤」はあったものの、彼には「弱さ」は無く、それゆえにパドメやオビ・ワンの愛にすら心揺らぐ事ができませんでした。
 
しかもパルパティーンの血筋が通ってるアナキンと違い(パルパティーン説は私の考察ですが)、カイロ・レンの両親はハン・ソロとレイアというシスの力を持ってない人達です。
 
だからこその人間としての弱さや迷いもカイロ・レンには混在してるわけで、それゆえに「光」にも「闇」にもどちらにも行く事が出来ます。
 
 
なので私はカイロ・レンのラストはダークサイドからライトサイドに戻り、そのままパルパティーンを倒して両親の意思を継ぐか、もしくはぱるぱてぃーにんに殺害されるものの「ライトサイドの者」として最期を迎えると思います。
 
 
で。。。こうしてカイロ・レンの事を考えると、上述したレイのラストに対しても疑問が湧いてくるのです。
 
 
レイはカイロ・レンとは違い葛藤は抱えながらも、己を貫く「強さ」を持ち合わせていて、その分「闇」に堕ちる時も迷いなくとことん堕ちる人物だなと思います。
 
彼女ほアナキン・スカイウォーカーと似てると思うのです。
 
しかも上述した「パルパティーンの血が流れている説」で考えていくと、カイロ・レンはダークサイドからライトサイドへ、レイはライトサイドからダークサイドへ、という「光とと闇の逆転」がしっくりきます。
 
 
理屈で考えるとカイロ・レンがライトサイドへ戻り、レイが闇落ち・・・という結末が正直しっくりくるのですが、でも!でもね!
 
シリーズファンとしては「レイの闇落ちラスト」なんて観たくない!!
 
映画史に残るあのエピソード6の超感動ラストと同じ様に、やっぱりハッピーエンドで私は新サーガ完結して欲しい。
 
 
だから私の希望込みの考察ラストは「レイの闇落ち」ではなくて、カイロ・レンとレイが共にパルパティーンに挑み倒し、平和が訪れた宇宙で2人とも平和に幸せに暮らす・・・というエンディングです。
 
 


スポンサーリンク






 
 

レイア・オーガナに再び会える

 

出典:「MovieWeb」
 
「ライズ・オブ・スカイウォーカー」の予告編映像を観てファンが最も心震えたのは、レイア役の故キャリー・フィッシャーがスクリーンでレイと抱き合ったシーンじゃないでしょうか・
 
というか私はあのシーンだけで一瞬で涙腺崩壊しました。
 
暗闇の中響くパルパティーン皇帝の笑い声にゾクゾクしながらも涙と鼻水拭くのに必死でしたもう。
 
 
2016年12月27日に死去したキャリー・フィッシャー。
 
「ライズ・オブ・スカイウォーカー」が公開される2019年12月20日には、キャリー・フィッシャーがこの世を去って約3年の年月が経つ事になりますが、サーガ完結編の中にもレイアは生き続けています。
 
監督J・J・エイブラムスによるとエピソード7「フォースの覚醒」の時の未公開シーンを今作で活用する事を明らかにしました。
 
以下、ルーカスフィルムの公式見解(英文)からの引用に私なりの和訳をつけたものです。
 


Carrie Fisher was, is, and always will be a part of the Lucasfilm family.
She was our princess, our general, and more importantly, our friend.
We are still hurting from her loss.
We cherish her memory and legacy as Princess Leia, and will always strive to honor everything she gave to Star Wars.
 
キャリー・フィッシャーは今までもこれからもルーカスファミリーの一員です。
彼女は私達のプリンセスであり、将軍であり、とても大切な友人です。
私達の心には今でも彼女を失った悲しみがあります。
 
私達は彼女との思い出、彼女がレイアとして残してくれた伝説を大切にしていきます。
彼女がスター・ウォーズに与えてくれた全ての事へ敬意を払っていきます。
 
引用:「ルーカスフィルム公式サイトより(英文)」

 
ファンやメディアの間ではレイアの再登場はCGになるのではないか、といった意見も上がっていましたが、ルーカスフィルムは「CGでレイアを復活させるのはキャリーへの敬意を損なう事」とされ、今回の形でのレイア再登場となりましたが、いちファンとしても最高なレイアとの再会だと思います。
 
どんなにリアルなCGでもレイアは絶対にキャリー・フィッシャー本人じゃないと私も悲しくて仕方ないので、キャリー・フィッシャー本人の姿をまた劇場で観れる事は本当に嬉しいですし、製作スタッフ達のキャリーに対する熱い友情と愛に胸が熱くなりました。
 
 


スポンサーリンク






 
 

アナキン・スカイウォーカーとルーク・スカイウォーカーはエピソード9に登場するのか

 

出典:「Screen Rant」
 
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でルーク・スカイウォーカーは死に、アナキン・スカイウォーカーと共に「魂」のみが存在しています。
 
 
エピソード9の今作『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の出演キャストをみると、ルーク役のマーク・ハミルの名前があります。
 
なのでルーク・スカイウォーカーは「霊体」として登場すると思います。
 
 
で!!!個人的にメチャクチャ気になるのは・・・アナキン・スカイウォーカー!!!
 

「https://www.fandom.com/」
 
「アナキン役ヘイデン・クリステンセンの今現在」の記事でウザ熱く語ってますけど、そもそも私がスターウォーズシリーズにハマったのって、ヘイデンが演じたアナキン・スカイウォーカーのお陰なんです!
 
スターウォーズを全く観た事なかった私は、エピソード2「スターウォーズ/クローンの攻撃」の予告編を劇場で観た時、アナキンの美しさ&カッコよさに釘付けになって、アナキン観たさに邪な気持ちでエピソード2を観に行きました。
 
そしたらスターウォーズの面白さにドハマリして、エピソード1、4,5,6のDVDを一気見。
 
その後エピソード3の『スター・ウォーズ/シスの復讐』を劇場で観て涙しました。
 
 
私にとってアナキン・スカイウォーカーこそが、自分とスターウォーズ・シリーズを繋いでくれたキッカケですし、一番好きなキャラクターです。
 
 
可能性は薄いと分かっていても、エピソード7、8で「霊体」としてアナキン出演しないかなと期待して観に行って登場せず。
 
今作でも出演キャスト一覧にヘイデン・クリステンセンの名前がないので、恐らくアナキン・スカイウォーカーは「霊体」としての出演も可能性が低いとは思いますが・・・
 
でも、サプライズでアナキンが一瞬でも霊体として登場する事をまた期待して私は映画館に行きます。
 
エピソード6のリメイクバージョンみたいに、ルーク・ヨーダと一緒にアナキンも微笑みながらレイ達を見守ってる「霊体」として登場してくれたら、間違いなく私は号泣どころか嗚咽状態になると思います。
 

 

スターウォーズ関連の他の記事

 
・2017年12月15日公開『スターウォーズ/最後のジェダイ』については「ルークもレイも闇堕ちせず!スターウォーズ8/最後のジェダイねたばれ感想」を参照してください。
 
 
・2016年に観た全映画ナンバー1の傑作『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』については
『今年ダントツ1番の感動作!ローグワン/スターウォーズねたばれ感想』を参照してください。
 
 
・『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ネタバレ有りのあらすじ&感想は

「レイはあの人の娘でしょ!スターウォーズ7のネタバレあらすじと感想」

を参照してください。
 
 
スターウォーズ出演者達の、その後と今現在については下記にまとめてあります。
 
レイ役で大ブレイクしたデイジー・リドリーについては
「デイジー・リドリーがスター・ウォーズのレイ役を掴んだ理由」を参照してください。
 
 
若きアナキンを演じたヘイデン・クリステンセンについては

「アナキン役のヘイデン・クリステンセンの今現在 」

を参照して下さい。
 
2016年に急遽されたキャリー・フィッシャーについては
「エピソード9は登場なし。キャリーフィッシャー遺作は「最後のジェダイ」」

を参照してください。
 
スターウォーズ嫌いなハリソンフォードがカムバックした理由は

「黒歴史?スターウォーズ嫌いなハリソンフォードが7に出演した理由」

を参照してください。
 
元祖イケメンのルーク・スカイウォーカーのその後と現在は

「スターウォーズ7でも大怪我寸前!事故だらけのマークハミルの現在」

を参照してください。
 
 
スターウォーズを観た事がない!という方のために、過去の全6エピソードをまとめました。
また、スターウォーズ基本用語や魅力についても語っています。

「スターウォーズ過去エピソードのネタバレあらすじ!用語と魅力も解説 」はこちら

 
 
 
★英語字幕なしで観れる様になりたい!という方はコチラも参考にしてください↓

 
 
★映画好きな外国人の彼を見つけたい!という方はコチラもどうぞ↓

konkatsu