イギリス観光ビザの恐ろしい暗黙のルール

UK-Border-control-at-Term-007

 

イギリスは観光ビザで
6か月まで滞在出来ます。

 

 

とはいえイギリスの入国審査時に
滞在期間を6か月と申請すると
間違いなく入国拒否&強制送還
になります。

 

 

なんで観光で6か月も滞在するんだ?
こっちに居座るつもりじゃないのか?

 

と疑われるワケです。

 


スポンサーリンク






 
 
観光ビザの場合はたとえ6か月でなく
3か月と申請しても

 

ただの観光なのに
イギリス滞在期間が長すぎる!

 

という理由で入国拒否になる可能性
は大きいです。

 

 

 

だったら何で観光ビザの滞在期間を
6か月も設けるんだあああ!!

 

 

観光ビザの滞在期間を
もっと短く設ければ
済む話だろうがああああ!!

 

と破天荒女は
マツコ・デラックスも

ビックリな程に
怒り心頭なワケです。

 

 

本当にイギリスという国は
ビザ、入国審査において
厳しすぎるといいますか
もはや頭おかしいです。

 

 

イギリスの入国審査については

 

「イギリスの入国審査は世界一恐ろしい」

をご参照下さい。

 

 

 

イギリスの観光ビザ

このビザには暗黙のルールが
あります。

 

・観光ビザで何度もイギリス訪問をする
・観光ビザで1か月以上滞在申請をする

 

これらを行うと
当たった審査官によっては
入国拒否&強制送還されます。

 

 

 

なぜ彼らがここまで厳しいかについては
上記の記事にて述べておりますが

 

私の様に相方がイギリス在住の場合は
最高にタチが悪いわけです。

 

相方に会いに行く度
観光ビザを引っ提げて

 

イギリスの入国審査管に
どんな質問をされても
答えられるよう
万全の用意をして

 

それはもうナメック星に
乗り込むような
覚悟だったワケです。

 

 

ナメック星に着いた瞬間
ドドリアさんに
追われるかもしれない

 

そんな嫌なハラハラ感を毎回
味わってきたワケです。

 

 

 

どうにか観光ビザで3回の
入国に成功してきたワケですが

相方の祖国でいよいよ結婚式を
あげる数日前になり

とてつもない恐怖が
破天荒女を襲いました。

 

 

相方の祖国はイギリス近隣の
ヨーロッパ国なので

1週間ほど滞在したら
イギリスに戻ってくる
予定だったのですが

 

ビザ事情により
相方の国で結婚後に
イギリスでビザの申請をする
予定だった為

 

相方の祖国からイギリスに
入国する時
私は4回目の観光ビザでの
入国となるワケです。

 

 

結婚したからといって
私のビザが
観光ビザであることに
変わりはありません。

 

 

とはいえ
鬼のイギリスといえど
婚姻証明書もあるし
夫と一緒なら大丈夫だろうと

破天荒女はそこまで心配を
していなかったのですが

 

実はイギリスの観光ビザには

 

「年間累積滞在6か月まで。
6か月滞在したら次回入国まで
再度6か月空けなくてはいけない。」

 

というルールがあります。

 

 

この年間6か月のカウントは
いつからカウントされるのか

 

以前イギリスのイミグレーションに
直接電話して確認した際

 

「年間6か月なので年度が替われば
カウントはゼロになる」

 

と説明されたのですが

 

 

相方が急に心配をし始め
再度電話して確認した際

 

「最初にイギリスに入国した日から
トータルで6か月滞在したら
6か月は空けないといけない」

 

と言われたワケです。

 

 

 

実は破天荒女は
前年に2か月滞在し
その後日本に一時帰国

 

本年度はすでに4か月近く
滞在しており

 

前年度から今回の滞在期間まで
3か月しか間が
空いてなかったワケでして

 

後者のスタッフのルールに沿うと

大した期間を空けずに
すでにトータルでほぼ6か月
イギリスに観光ビザのみで
滞在していることになるワケです。

 

 

いやいやいやいや

イギリスはスタッフによって
答えが違うから

 

以前に他のスタッフにきちんと
確認したうえで
今回観光ビザでの4か月滞在を
決めたワケですし

 

 

イギリス側は何に関してもずさんで
ルールが統一されていなくて

 

観光ビザひとつとっても
スタッフによって言う事が違うから

入国審査時に堂々としてれば
大丈夫だと言ってたワケですが

 

 

「僕の祖国から帰ってきたら
新婚早々に君が入国拒否を
喰らうかもしれない」

 

とあまりに落ち込む相方を見て

 

私自身も急に不安になるワケです。
 
 


スポンサーリンク






 
 
新婚早々
日本人妻、強制送還くらう

 

ネタとしては面白いですが
一向に笑えないワケです。

 

いや、笑えますね。

 

 

 

ともあれ結婚式は楽しもう。

 

イギリスの観光ビザの件はもう
当たった審査官次第だから
運に任せよう。

 

と一旦観光ビザの件は忘れ
相方の国で
結婚式を楽しみました。

 

そして最悪の事態も考え

今回観光ビザで
イギリス入国拒否になったら

日本に強制送還された後に

ヨーロッパ人の配偶者が
申請できるビザを日本で申請すれば
イギリスに戻って来れる

 

少し期間は空いてしまうかも
しれないけれど。

 

 

 

そう自分たちを落ち着かせて
いよいよイギリス帰国の日。

 

マンチェスター空港に到着。

 

 

相方はEUパスポートの列へ
私はOtherパスポートの列へ

バラバラに並び

 

破天荒女は4回目の観光ビザで
イギリスの入国に臨んだワケです。

 

 

 

厳しい顔の審査官のおば様
挨拶してもシカトだったので
ああこれもうダメかもと
思いましたが

 

 

私が書いた
イミグレーションカードの
職業欄の「漫画家」を
見た瞬間

 

 

物凄い笑顔になり
自分も日本の漫画が好きだと
突然の告白なワケです。

 

さらに私の期限切れの
カナダのワーホリビザを見て

 

「あなたは今カナダ在住なのね?」

 

 

いやいやいやいや

 

 

どんだけ管理ずさんんん?!

 

どうみてもそれ期限切れてるって
わかるでしょうがあああ!!

 

 

 

その後いくつか質問は受けたものの
4回目の観光ビザでの
イギリス入国を無事果たし

 

いよいよイギリスでのビザ申請に
取り掛かったワケです。

 

 

 

ともあれ私の場合は運よく
大したチェックも受けずに
4回観光ビザでイギリス入国を
果たしているワケですが

 

 

4回とも意地悪な
審査官に当たらなかった
というだけです。

 

 

観光ビザでのイギリス訪問が
2回目にも関わらず
強制送還を喰らった
知り合いも実際にいます。

 

 

 

イギリスの観光ビザの暗黙ルール

 

・何度も観光ビザでイギリス訪問する
・観光ビザで1か月以上滞在する

 

上記は入国審査時に危険があることと

 

スタッフによって違いはあるものの
観光ビザでの滞在可能期間は
「年間6か月」らしいので

 

充分に注意頂いてイギリスに無事
入国して頂きたいと思います。

 

 

 

今まで集めた情報や
自身の体験からすると

個人的な意見としては

イギリス側がここまできちんと
管理してるとは正直
思えないんですけどね。
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 


スポンサードリンク






 

3件のトラックバック

  • 2014年12月11日 12:41 PM

    […] イギリス観光ビザの恐ろしい暗黙のルール […]

  • 2015年1月29日 12:46 AM

    […] ⇒「イギリス観光ビザの恐ろしい暗黙のルール」はコチラ。 […]

  • 2015年2月23日 2:45 PM

    […]   まあ、アメリカの場合は アメリカ人以外は 全員ビザが必要になりますが   イギリスの場合は、 イギリス人でなくても EU加盟国の人達は ビザなしで滞在できます。       なのでEU加盟国の人にとっては、 イギリスは仕事探しも出来るし、 ビザが必要ないから 入国審査で嫌な思いをする事もないし、     嫌う理由はないでしょうね。   実際、私の相方は ポーランド人なので 彼の場合はビザが必要なく     入国審査でのストレスなんて 1%もありません。     なので、彼にとっては なんでそこまで私が 過剰にイギリスの入国審査に 反応するのか、   理解できないみたいなんです。       私は何度もイギリスでは リアルに入国拒否が 多発していると 説明してますし、   「イギリスで入国拒否が多発してる理由とは?」   でも述べてる理由も 説明してますが、   どうも大げさに話していると とられてしまうんですよ。       一度本気でパスポート交換して 味わってみろやあああ!!     って思いますが、 まあ、仕方ないですね。 経験してないとわからないですもんね。       さらにイギリスはアメリカより ひどいんじゃね? っていう理由があるんですが     それは、 単なる観光目的での 入国でさえ、   入国拒否に合う事も あるってことです。       これについては、   「イギリス観光ビザの恐ろしい暗黙のルール」 […]

コメントを残す