イギリスで入国拒否が多発してる理由とは?

uk-border_2214712b
出典:「latestnewslink.com」
 

イギリスで入国拒否をされかけた
友人がいます。

 

しかも結構最近の話です。

 

 

イギリスは入国審査が
世界ダントツで厳しいので

 

ただ旅行で来ただけなのに、
入国拒否をされる人は沢山います。

 


スポンサーリンク






 
 
はあああああ?!

 

なんで旅行来ただけで
そんな思いしなきゃ
いけないんですかああああ?!

 

って話ですよね。
イギリス入国審査局は
今、2つの事を
恐れまくっています。

 

・偽装結婚

・不法就労

 

特に、偽装結婚に対しては、

イギリスの入国審査局は
物凄く目を光らせてまして

 

 

イギリス入国時に

イギリスに彼氏がいるなんて言ったら
入国拒否。

 

 

ただの観光目的でも、
女性で独身で怪しまれると
質問攻めに合い入国拒否。

 

 

 

私の友人は私を訪れに
イギリスに来てくれたのですが、

 

イギリスの入国審査時に
30代独身という事で速攻
怪しまれたんですね。

 

 

こいつイギリスで彼氏を
見つけるつもりじゃないのか?

 

年齢的にも、あわよくば
結婚相手を見つけて
居座ろうとしてるんじゃないのか?

 

 

こう疑った入国審査官は
私の友人を質問攻めにしたワケですが

 

彼女は英語が話せず、
審査官のイラつきは増していき

 

さらに往復の航空券の提示を
求められたのですが、

 

何を血迷ったか彼女は航空券を
トランクの中に入れており提示できず。

 

さらに宿泊先の私の住所・電話番号を
書いたメモを失くしてしまい、
宿泊先もハッキリと提示できず。

 

 

イギリスの入国審査官が
質問すればする程、

彼女は不審人物への階段を
5段跳びで上がってしまったんですよ。

 

 

別室送りになりかけ入国拒否だろうと
諦めたその時、

 

偶然居合わせた日本人女性が
通訳をしてくれて助けてくれたそうで、

お陰で入国拒否を喰らうことなく
イギリスに入国できたワケです。

 

 

 

確かに私の友人も航空券を
用意してなかったり、
宿泊先のメモを失くしたり

準備不足だった部分もあるとは思います。

 

 

でもですよ。

 

海外旅行になれてるならまだしも、

私の友人の様に全く海外に
行った事のない人にとっては

 

まさかただの旅行で、イギリス来ただけで
入国拒否をくらいかけるなんて
想像だにしないワケですよ。

 

でもこれがイギリスの入国審査です。

 

リアルに入国拒否と強制送還が
ガンガン起きてます。

 

 

ちなみに私の様に夫がEU人だと、
特別扱いされるものだと
よく周囲から勘違いされます。

 

 

EU加盟国に加入している国の人は、
EU加盟国間はビザなしで
自由に移動出来るため

 

そのEU人の配偶者になれば、
私も自動的にEU人と同じ扱いになると
思われるワケです。

 

 

ところがああああああ!

 

 

信じらんない事に
イギリスという国は、
イギリスが認めたビザを
取得しない限りは

 

EUの人と婚姻関係にあろうと
一切関係ありません。

 

 

入国審査時に怪しまれたら
夫がイギリスに居ようと、
容赦なく入国拒否をくらうワケです。

 

 

たとえ結婚証明書を提示しても
入国審査時に当たったスタッフによっては

 

提示している結婚証明書そのものが
偽装なのではないかと
疑う人もいるワケです。

 

 

そしてイギリスで一度
入国拒否をくらうと

 

次回から観光で訪れるにしても
ビザの申請をしなくては
いけないワケです。
 
 


スポンサーリンク






 
 
イギリスの入国審査、
入国拒否をくらった場合、
ビザ関係については

 

非常に複雑で1記事にしてしまうと
かなり混乱状態になる為、
追々情報を載せていきますが

 

とにかく旅行目的の方でも
イギリスを訪れる場合は

 

 

往復航空券を手荷物で持っておく。

 

宿泊先等、旅の予定を
明確に説明できるようにする。

 

かなり面倒くさいですが
準備を整えた上で
入国して下さい。

 

 
イギリスの入国審査は
当たった審査官次第なので

 

運が良ければ、
航空券の提示も求められない事が
ありますが

 

少しでも怪しまれたら
入国拒否が本当に起こる国なので、
 
下準備だけ念入りにして
イギリスに来て頂ければと思います。

 

 

 

破天荒女も毎回、
イギリスの入国審査には
不必要なストレスを
プレゼントしてもらってます。

 

 

お礼に
カメハメ波差し上げたいと
毎回思ってますからね。

 

 
 
勿論、イギリスは
どの空港から入国するのか、
 
船、列車等を使うとどうなのか等、
手段や空港の場所に関係なく
入国拒否が頻繁に起こる国です。
 
 
 
ネットで時々
イギリスの入国時について、
 
空港を使うから入国拒否が
起こるんです、とか
 
ユーロスターや船を使えば
入国拒否の確率は減ります、とか
 
何を根拠に言っているのか
わからない意見をみかけますが
 
 
 
イギリスへの入国手段と
イギリス側の入国拒否の確率は
関係ないです。
 
 
入国拒否をくらう時はくらうし、
くらわずに無事入国する人もいます。
 
 
 
実際に、入国拒否をくらいかけた
私の友人は、
 
パリからのユーロスターで
イギリス入国をしようとして
入国拒否になりかけましたからね。
 
 
 
なので、入国手段に関わらず、
イギリスでは入国時に怪しまれたら
入国拒否が起こるという事を
知っておいた上で、
 
 
きちんと準備をしてから
入国審査に挑んでください。
 
 
そして万が一の時は、
カメハメ波を打つ準備も
しといてください。 
 
「イギリス観光ビザの恐ろしい暗黙のルール」はコチラを参照して下さい。

 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 


スポンサーリンク






 

4件のトラックバック

コメントを残す