イギリス在住なのにイギリスが嫌い?!な理由

uk1
 
 
イギリスに暮らしておいて
何ですか、
 

私はイギリスが
好きじゃないです。
 

 

というか、
ハッキリ言って嫌いです。
 

 


スポンサーリンク






 
 
いきなり何をいってんだあああ?!
って話しですが
 

 

もうね、
ただ非EU人というだけで
こんなにもストレスをくれる国は
ココ以上にないですよ。
 
 
 
もちろん、
イギリスで出会った人達は
好きですよ。
 
イギリス人は
フレンドリーだし、
皆いい人達です。
 
 

 
私が、イギリスを
こんなに嫌う理由は
「ビザ」です。
 
 
正確に言うと
イギリス滞在資格のビザを
持っていない非ヨーロッパ人に対する
入国管理局の対応です。
 
 
 
イギリスでは、
ヨーロッパ人でないという
たったそれだけの理由で
 
 
入国審査時に
犯罪者の様な扱いを
されることもあります。 
 
 
多分、アメリカも
ひどいんでしょうね。
 
やはり経済大国且つ、
自分たちが世界の中心だという国は 
 
外国人に対しては
相当なストレスを与えてくれます。
 
 
 
勿論、その背景には
不法就労や偽装結婚をして
住み着いている
迷惑な人間たちがいるから、 
 
国としては
過剰にならざるを得ない、
という理屈があるのは
理解できます。 
 
 
けれど、実際に自分が
味わうと
やはり人間なので、
そんな理屈だけで納得できない
ですよね。
 
 
 

 
まあ、アメリカの場合は
アメリカ人以外は
全員ビザが必要になりますが
 
イギリスの場合は、
イギリス人でなくても
EU加盟国の人達は
ビザなしで滞在できます。
 
 
 
なのでEU加盟国の人にとっては、
イギリスは仕事探しも出来るし、
ビザが必要ないから
入国審査で嫌な思いをする事もないし、
 
 
嫌う理由はないでしょうね。
 
実際、私の相方は
ポーランド人なので
彼の場合はビザが必要なく
 
 
入国審査でのストレスなんて
1%もありません。
 
 
なので、彼にとっては
なんでそこまで私が
過剰にイギリスの入国審査に
反応するのか、
 
理解できないみたいなんです。
 


スポンサーリンク






 
 
私は何度もイギリスでは
リアルに入国拒否が
多発していると
説明してますし、
 
「イギリスで入国拒否が多発してる理由とは?」
 
でも述べてる理由も
説明してますが、
 
どうも大げさに話していると
とられてしまうんですよ。
 
 
 
一度本気でパスポート交換して
味わってみろやあああ!!
 
 
って思いますが、
まあ、仕方ないですね。
経験してないとわからないですもんね。
 
 
さらにイギリスはアメリカより
ひどいんじゃね?
っていう理由があるんですが
 
 
それは、
単なる観光目的での
入国でさえ、
 
入国拒否に合う事も
あるってことです。
 
 
 
これについては、
 
「イギリス観光ビザの恐ろしい暗黙のルール」

 
の記事で、
どんだけストレスを
プレゼントして頂いたかを
語っていますが、
 
 
まあこんだけ
ストレス貰えば
イギリスなんて嫌いだー!!って
叫んでも
いいんじゃないでしょうかねえ。
 
 
 
でも、何度も言いますが、
イギリス人は好きなんですよ。
 

 
 
だけど、だけど、
このあまりに理不尽すぎる
入国審査のせいで
 
イギリスふざけんなあああああ!!
っと
カメハメ波を
打ちたくなるワケですよ。

 
 
イギリス側の事情は
十分にわかりますよ、はい!
 
アホな人達が
アホな事してくれてるおかげで
入国審査に慎重になるのも
わかります。
 
  
でもね、
まっとうに滞在しようとしている
人達に対して、
 
 
その扱いはないでしょうがあああああ!
 
 
超カメハメ波ーーーーー!!
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 
 


スポンサーリンク






 
 
 

コメントを残す