イギリス入国拒否後はリアルに強制送還!

uk-border_2256926b
出典:「www.telegraph.co.uk」
  
イギリスで入国拒否をくらい
強制送還になると
どうなるのか。
 
 
私がイギリスで知り合った人の
友人が実際に
入国拒否&強制送還と
なりました。
 


スポンサーリンク






 
 
まず、イギリスで
入国拒否をくらう
理由については
 
「イギリス入国拒否の7つの理由」
 
を参照して下さい。
 
 
で、今回はその知人から聞いた
リアル入国拒否&強制送還の
体験談をまとめました。
 
 
 
彼女は独身女性で、
イギリスには
友人を訪ねるために
来たんですね。
 
 
なんですが、
ちょうど転職を考え
会社を退職したばかりだったので、
 
長期でリフレッシュしようと思い
 
3か月、イギリスの
友人宅に滞在して
のんびりしようとした矢先に
 
入国拒否をくらい
日本に強制送還
されてしまいました。
 
 
 
入国拒否の理由としては、
観光目的で3か月は
長すぎる、という事と
 
さらに、日本で今無職だと
正直に話してしまった為、
 
不法就労を疑われて
入国拒否になったそうです。
 
 
 
で、この入国拒否になった後が、
まあひどい話なんですよ。
 
 
 
まず、すでに到着していた
トランクと共に
別室に行き、
 
そこで荷物を洗いざらい
すべてチェックされたそうです。
 
 
その後、入国審査官達が
色々な所に電話をかけ始めて
その間、30分以上
待たされます。
 
 
 
で、なぜかまた色々と
質問攻めにあうワケです。
 
 
 
この時、彼女は
ちゃんと質問にも答えたし、
荷物も問題ないから、
 
入国拒否は取り消して
もらえるのかも?!
 
 
と期待したんですが、
結果、審査官達から
 
「イギリスへの入国を拒否します」
 
と、ご丁寧に再度
ハッキリ言われます。
 
 
 
イギリスで入国拒否&
強制送還になった場合、
 
イギリスに来る際に
乗ってきた航空会社の便で
日本へ送り返されます。
 
 
 
帰りの便が勝手に予約され、
24時間以内に
日本への強制送還となります。
 
 
 
さらに、この時
しっかりと顔写真と
指紋を取られたそうです。
 
 
なんかこの扱いもはや、
入国拒否を受けた
一般人と言うより
 
犯罪者みたいな扱い
ですよね。
 
 
 
入国拒否&強制送還を
くらうだけで
もう精神的に十分な
ダメージなのに
 
 
こんな扱いまでされて、
 
本当に人の事
何だと思ってんだああ!!
 
 
って話ですよ。
 
 
 
イギリス様はどれだけ
偉いんですかああああ?!
 
 
 
で、こうして彼女は
イギリス到着後
 
まさかの24時間以内に
日本に強制送還と
なったワケです。
 

スポンサーリンク






 
 
さらに痛いのが、
この航空券代も
自腹なんですよ。
 
問答無用に便を予約されて
その代金は自分で支払えって
 
 
どんだけですかああああ?!
 
 
 
イギリスで入国拒否をくらうと
パスポートに
すべての記録が残りますし
 
今後、イギリスに再入国するのが
すごく難しくなります。
 
 
 
強制送還をくらって
日本に帰国した後は、
 
日本のイギリス大使館・領事館に対して
どのような誤解を受けて
入国拒否なったかを
申請します。
 
 
あとは、その申請に対する
結果次第という事になります。
 
 
 
ちなみに、
入国拒否をくらった
その知人女性は
 
 
帰国後、何も手続きを
してないそうです。
 
今回のイギリスでの
強制送還があまりにショックすぎて、
もうイギリスは行くつもりはない、
との事でした。
 
 
 
これが、リアルに
イギリスで入国拒否を
くらった人の体験談です。
 
 
 
イギリスの入国審査の
恐ろしいところは、
当たった審査官次第なんですよね。
 
 
自分より怪しそうな人が
余裕で入国していたり、
 
どう考えても
この人まともな人でしょって人が
入国拒否をくらったり
 
 
 
本当にこの理不尽さ、
 
どうにかしろや
イギリスうううう!!
 
 
と、本気で思いますよね。
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 
 


スポンサーリンク






 
 

2件のコメント

  • かな

    はじめまして。イギリスの入国拒否について調べていて、このブログに辿り着きました。
    私は去年2014年7月下旬に、ベルギーからフランス経由のバスでイギリスに入国するつもりでした。しかし、フランス(カレーという町)でイギリスの入国審査を行った際、入国拒否されました。
    理由は、2013年7月から2014年7月までアイルランドでワーホリしていたのですが、バスキングや演奏の仕事で生活していました。入国審査の際、折り畳みイスを持っていたので、拒否されるリスクは確実に高まることはわかっていましたが、アイルランドでそうやって生活していたことを話しました。また、帰りはルフトハンザのCAである友人のフライトで日本に帰る予定だったので、帰国用のチケットは持っていませんでした。つまりは、不法労働と不法滞在の疑いでの拒否でした。
    その時はフランスでバスから降ろされ、そのままフランスを楽しんで再びアイルランドへ渡りました。イギリスで拒否されていたので、アイルランドでの入国審査も厳しく短いビザ(10日間)しかもらえませんでしたが、内陸のイミグレに行くと、観光ビザのMAX3ヶ月間もらえました(笑)

    長くなってすいません。
    こういう経緯で入国拒否されたのですが、日本に帰国した際に手続きをしなければいけないというのは知りませんでした。
    私は来年のイギリスYMSワーホリ?に申請したいと思っています。
    入国拒否されたあとの手続きはしておいた方がいいですか?
    また、もし何かご存じでしたら、そうでなくても予想で構いません、去年入国拒否されていたら、来年のYMSの抽選の時点で弾かれる(パスポート番号を送るため)可能性は考えられますか??

    長々とすみません。
    メールでよいので、お時間あるときにお返事頂けたら幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • 英国なでしこ

      はじめまして。かなりシビアな状況ですね。コメント頂いたメールアドレスの方にお返事を送らせて頂きますね。宜しくお願い致します。

1件のトラックバック

コメントを残す