1週間でも1か月でも社会人の人にこそ短期留学がおススメの理由

Friends-Circle
 
 
短期留学で英語力がどれ位伸びるかという質問を、よくインターネット掲示板や質問サイトで見かけます。
ぶっちゃけ私個人の体験から意見を言ってしまえば、短期留学したからといって、英語力は期待するほど上がらないです。
 
さらに言うと英語力の伸びだけに関して言えば、一週間でも一か月もあまり変わりないんじゃないかなーと思います。
 
それでも私は社会人の人にこそ、一週間でも一か月でもいいから海外短期留学に行ってほしいと常に思っています。
島国から飛び出して、短期留学で英語力よりも大切なモノを見て感じてほしいと思うからです。
 

 


スポンサーリンク






 
 
日本って、やっぱり横へならえ!の文化なのだと帰国するたびに感じます。
私は実際に海外に飛び出してみて、グローバル化と言われる世界の中で日本ほど英語が出来ない国はあるのだろうか?と思う程、日本の英語力がいかに低いのかを知りました。
 
もちろん日本人が英語出来ない理由は、「島国」というのも一つの理由ではあります。
外国人と触れる機会が圧倒的に少ないですし、何より英語が出来なくても日本語が出来れば生活出来てしまいます。
 
 
で、この島国という環境が原因の一つだと思うのですが、日本人ってすごく狭い世界で生きているのだな、と最近増々強く感じるようになりました。
 
1つの会社を辞めてしまったらもう人生終わりだといって鬱になりながら会社に通い続ける人達、就職が決まらなかったからといって自殺してしまう新卒。
ごく近所との生活レベルや旦那の年収を比べ合う人達。
 
これテレビのニュースの話をしてるのではなくて、私の周囲でリアルにいる人達の話です。
 
 
日本はいい国です。便利だし安全だし清潔だし、夜道を女性が歩ける国なんて海外行ったらそうそうないです。
自分の祖国だし大事な家族や友人もいますし、私は自分の祖国が大好きです。
 
ただ反面、生きてくのが窮屈な国だな、と思う様にもなりました。
別に海外かぶれぶってるワケじゃないですけど、でも海外で生活して色んな価値観、人種に触れるのが当然の生活に慣れてしまうと、日本に帰国するたびに何とも皆窮屈そうだな、とお節介ながらに感じてしまうんです。
 
断わっておくと、今の生活で色々と大変な事、不満はあるけど幸せだと感じられる人は別にいいと思うんです。
海外だろうと日本だろうと大変な事、不満はどこ行ってもありますから。
それらも含めて幸せだと思える人達は全然いいと思うんです。
 
 
私が気になるのは、これは私の周囲の20代~40代まで男女問わず(特に女性多いですが)、幸せを感じてない人が多いという事。
毎日が不安過ぎて、かといって道を外れることはこの国では許されないと考える人が多いですから身動きも取れない。
 
自分の所属する会社のチーム内だったり、ご近所のコミュニティといった、本当にミクロのように小さくて狭い世界が全世界のような感覚になってしまっていて、
そのミクロの世界でいかに問題なく振る舞うかを毎日考えて生活して、その果てに精神を病んで会社行けなくなったり、家族と上手くいかなくなったり。
 
 
日本という島国は、一度「社会」に出てしまったら、今まで以上に横に習わないといけないですし、周囲の目を常に気にして生きていかなきゃ!と思うのも当然です。
 
だからこそ私は社会人の人にこそ一週間でいいから、「日本語に守られた旅行」ではなくて、英語漬けの海外生活を経験してほしいと思ってます。
 
一週間でも言葉の通じない環境の中で、違う文化で育ち、全く違う価値観を持った日本人以外の人達と会話してほしいんです。
本当にね、世界は「近い」ですけど、でもやっぱり「広い」んです。
 
日本に居たら一生知る事も気づくことも出来なかった、「こんな考え方もあるのか」とか「こんな生き方もあるのか」という事に気づけるんです。
 
それを体感して気づけるだけで、新たな1つの考え方として知れるだけで、生きるのが楽になると思うんですよ。
 
テレビや本では「人と違ってていい」「違いこそが個性」みたいなことが言われてて、確かに本を読んだ直後、テレビを見た直後は「そうだ!人と違っていいんだ!自分の人生を自分らしく生きていいんだ!」って皆思うんですけど、1日経てばそんなのすぐ忘れます。
というか社会や会社にすぐ消し去られます。
 
 

スポンサーリンク






 
 
でも、自分が実際に身をもって体験したことから気づいた事や知った事って、そうそう簡単には忘れたり消し去られたりはしないと思うんですよね。
 
よくワーホリ経験者の人達が言うじゃないですか。「帰国後の仕事は英語とは無縁だけど、ワーホリいって本当によかった」って。
これって別に強がりでも何でもなくて本心だと思うんですよ。
 
ワーホリや短期留学で得るものって、英語だけじゃないんですよ。
むしろ私はワーホリと海外生活経験者ですけど、海外出て一番得られて嬉しいものは「英語力」じゃないです。
 
もちろん、英語力ある分だけ、色んな国の人達と交流できるので英語力が身についたのも嬉しいですが、あくまで英語ってコミュニケーションの「ツール」に過ぎないです。
 
それよりもかけがえのないものって、やはり自分と全く違う文化、価値観を持った多国籍の人達と交流をして、今まで自分が見て来た世界が1000倍広がった事です。
 
 
私は日本に居た頃は、少年漫画界というさらに閉ざされた特殊な世界にいて、しかも性格も超完璧主義で自分にも周囲にも厳しく、狭い世界で常に自分を追い込んで生きてきました。
プライドも高くて世間の見た目も常に気にして生きている人間でした。
そりゃパニック障害にもかかるよな、と今だから思えますが。。。
 
そんな私でさえ、海外に飛び出たことで、とんでもなく視野が広がって、自分と違う価値観も意見もすんなり受け入れられるようになって、何より自分らしく生きられるようになったんですよね。
 
だから今は生きることが日本に居た頃よりも断然「楽」なんです。
 
大変な事は今でも沢山ありますが、人間見方一つでこうも変わるか、という位に変わったので、何だかんだで幸せなんです。
自分らしく生きれてるから幸せなんだと思うんです。
 
 
最近こういう話を周囲にすると、全然海外に興味ないだろうと思って居た意外な友人がポンといきなり短期留学行っちゃったりして驚くこともあります。
 
1か月以上の海外生活となると、会社員の人には難しいと思いますが、一週間ならどうにか休み作れると思うんです。
 
人生一度きりですし、東日本大震災や連続して世界各国で起こってるテロ事件など、平穏な明日がやってくる保障なんてないと私は思っています。
だからこそ後悔のないように、やりたいと思った事はぜひ行動して実現してほしいと思っています。
 
 
短期留学なら断然フィリピンがおススメ!詳しくはコチラ↓

 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す