不安な海外遠距離恋愛を乗り越えて私が国際結婚を実現した7つのコツ


出典:「http://all-free-download.com/」
 
海外在住の外国人の彼氏と恋愛するのに避けて通れないのが国際遠距離恋愛。
 
遠距離恋愛というのは日本に住んでる日本人同士でさえ寂しいものだと思います。
 

 


スポンサーリンク






 
 
それでもまだ時差がないから連絡も取りやすいし、寝る前に電話して声を聞くことも出来ますし、会う頻度こそ減るものの国内だから全く会えない距離でもありません。
 
でも海外遠距離恋愛となると時差があるからスカイプで連絡取りあうにもお互いに働いてると時間を合わせるだけで大変。
 
不安だし寂しい上に連絡をとる頻度も週一度にスカイプで会話出来ればマシな方じゃないでしょうか。
 
 
私自身、今の夫と恋愛中も海外遠距離恋愛期間長かったですし、国際結婚してからもビザの兼ね合いでしばらくは別々の国で暮らしていたので、出会ってから3年以上経ちますが、離れて暮らしていた期間のが長いと思います。
 
嬉しい事があった時、辛い時に隣にお互いが居ないというのは想像以上に寂しいものですし、実際に海外遠距離恋愛に耐えられずに別れを選ぶカップルも沢山います。
 
外国人の彼氏が浮気してるかもしれない、連絡を取る頻度が減って不安で仕方ないといった相談も沢山うけてきました。
 
 
そして私自身、旦那とはもう数えきれない位の喧嘩もしてきました。
 
やっぱりですねー海外遠距離恋愛というだけでも大変なのに、言葉の壁あるわ、価値観の違いありまくるわ、そりゃ外国人男性相手に順風満帆に海外遠距離恋愛なんてあり得ないですよ。
 
でも私達は超喧嘩をしてきながらも別れることなく一緒に歩んでいます。
 
勿論お互いの忍耐とか性格にも左右される部分は否めないですが、せっかく出会ったパートナーですから出来る事なら別れないで恋愛関係を続けていって、国際結婚まで辿り着いてほしいなと思ってます。
 
そこで今回は私が実際に実践してきた”不安な海外遠距離恋愛を乗り越えて国際結婚を実現する為に必要な7つのコツ”についてお話します。
 
 
 

1、相手を束縛しないで自由に泳いでもらう事

 
外国人男性が恋愛において絶対NGな事の1つが「束縛されること」。
 
「彼氏がすべて」という日本人女性がいますが、日本人男性の場合は人によってはそういう女性が好みの人もいます。
 
が!外国人男性は束縛されることを嫌いますし依存的な女性は速攻で冷められます。
 
よく外国人男性の好きな日本人女性のタイプは”自立してる女性”と言われてますが、これは経済的な部分よりも精神的な部分のが大きいです。
 
海外遠距離恋愛となると相手が何してるのか気になったり、色々な事を考えすぎて不安になってつい相手にメッセージを送りまくってしまう人がいますが、これをされると外国人男性は一気に引きます。
 
 
私が夫を見てきてすごく感じるのは「超マイペースで気まぐれ」だという事。
 
マイペースというと可愛く聞こえますが、時と場合によっては「自分勝手」とも映る、”自分のペースは絶対に崩さない”という人なんです。
 
私に対する想いやりや愛情はすさまじく強い人ですし、絶対に浮気なんてしない重すぎるくらいに一途な人ですが、一言でいうと「超マイペースで自分勝手な自由人」(笑)。
 
最近色んな国際結婚経験者の人達と深い話してきて分かってきたことなのですが、これって私の旦那に限らず外国人てそもそも「マイペースで気まぐれで自由人」なのだという事。
 
「言葉を重んじる」「場の空気を読む」日本人である私からすると旦那の自由人具合にイラついたり振り回された事も多々ありますが、でも外国人男性をパートナーにするのであれば「まあいいよもう、好きにやって」位にタフにならないとやってけません。
 
とはいえ私自身も相当な気まぐれな自由人なので、お互いに束縛しないで好き勝手やれるくらいの関係が何だかんだ心地よいので、旦那の事言えないんですけどね。
 
でもこれもしも私も気まぐれ自由人じゃなかったら、旦那の事もっと束縛してたかもしれないですし、自分も自由人で良かったなと思ってます。
 
 
なので外国人の彼氏と上手く付き合って行くコツの1つ目は「束縛せずに相手の好きなように泳がせてあげること」です。
 
ラインが既読になってるのに返事来ないとか、今日スカイプの予定だったのに急に仕事でキャンセルになったとか、それ位でいちいち不安になったり怒ってたら外国人男性と恋愛はおろか、結婚生活なんてやっていけませんマジで(笑)
 
相手が引かなくてもコッチが疲れちゃいます。
 
「しょうがないなー」と受け流せる位にタフに(適当に?)なる事が大事です。
 
 
 

2、少しでも不安な事はすぐに伝える

 
海外遠距離恋愛中だと尚更、「久々のスカイプで不満を言いたくない」とか「こんな事相手にいって嫌われたくない」と、自分の中に不安や不満を押し留めてしまう女性がいますが、これは良くないですよね。
 
不安になる事があったら無理に我慢する事はせず、きちんと相手に全て伝えることが大切です。
 
外国人男性は束縛は嫌いますが、相手が不安になってるのに話をきちんとしない様な”人でなし”ではありませんから。
 
 
そもそも外国人というのは日本人とは違い「言わなくても察する」とかありません。
 
きちんと言葉で自分の気持ちを伝えないとアナタの不安も不満も何も伝わりません。
 
言葉の壁もあるので想いを深く伝えられないもどかしさはあると思いますが、でもやはり日本人同士でも外国人同士でも言葉でコミュニケーションをとらないとお互いに事なんてわからないですよね。
 
不安を溜めて溜め続けてある日爆発して、結局外国人彼氏とそのまま別れたという知り合いもいますので、そうならないように常日頃からどんな小さな事でも不安に思った事は相手に相談してください。
 
どんな些細な事でも相手と共有してコミュニケーションをとっていくというのは、日本人同士なのか外国人同士なのかとか関係なく恋人同士であるなら大事な部分だと思います。
 
 
 

3、期限や途中のゴールを決める

 
ゴールの見えない海外遠距離恋愛ほど辛いものはありません。
 
かといってすぐに国際結婚した方が良いという意味ではなくて、お互いに共通の目標となるゴールを決めておくことが大切だと思います。
 
「1年後の移住を目指してお互いに貯金頑張ってビザの手続きもやろう」とか、直近での移住がまだ難しいのであれば「半年後にどちらかが会いに行く」といった、その都度のゴールを定めていくのがおススメです。
 
私自身、離れて暮らしてる間もお互いに行き来して会いにいってました。
 
とはいえ航空券や仕事の休みの兼ね合いなど人によって環境は違うので難しい部分もありますが、途中のご褒美的な小さなゴールがあるだけで相当気持ちは変わると思います。
 
 
 


スポンサーリンク






 
 

4、相手を信用する

 
これはもう外国人男性だからとか海外遠距離恋愛だからとか関係ないと思いますが・・・
 
相手を信用する事なしに恋愛も結婚も続けていけないと思うんです。
 
人間関係の根本て「信用」と「尊重」で成り立ってると私は思っているので、”相手を信用できなくなった”という時点で私の場合は恋愛関係でも結婚関係でも継続していくのは難しいです。
 
しかも海外遠距離恋愛だと離れている間の相手の行動は全くわかりませんし、”浮気してるかも”なんて思い始めてしまったら相手への不信感て大きくなっていくばかりです。
 
先ほどもお話しましたが、相手への信用を失いそうな原因が何かあるのなら、信用を失う前にきちんと相手に相談して話合う事をしてほしいなと思います。
 
 
 

5、一人の時間を楽しむ

 
恋愛に依存するタイプの女性でありがちなのが、自分一人の時間を楽しむことが出来ないという事。
 
私の周囲でも男性に比べて女性の方が無趣味な人が多い気がします。
 
しかも私自身も体感してきた事ですが、30代になると20代の頃に比べて周囲も結婚・出産する友人が増えて、今までみたいに色んな友達と気軽にいつでも遊ぼう!という事が出来なくなってくるんですよね。
 
だから余計に恋人ができるとその人と過ごす時間がすべて!となってしまいがちなのですが、一人の時間を楽しめると国際遠距離恋愛の寂しさも大分違ってきます。
 
一人の時間が充実してれば彼氏と久々にスカイプした時も笑顔で色んな報告出来て、相手側も話してて楽しい気持ちになりますよね。
 
私の場合は映画館やジムに定期的に行ってる事、漫画喫茶も時々行きますし、人と会って話す事も大好きなので外にいる事が多いです。
 
むしろ私と夫の場合は、夫も一人でゲームとかするの好きですし私も個人的に友人に会いに行くのが好きなので、結婚してからもお互い一人の時間を楽しむ事を大事にしつつ一緒に過ごす時間も大事にしています。
 
 
 

6、相手に寂しさやイライラをぶつけない

 
海外遠距離恋愛中、結婚してからも国際遠距離別居中(言い方がなんかアレですが)、私が一番失敗してきたのはこれです。
 
いくら普段自分の時間を楽しんでるからといって、やっぱり寂しいものは寂しいですし、久々のスカイプでの会話の時間は楽しみなわけですよ。
 
それが突然夫の都合でキャンセル⇒キャンセル自体は仕方ないけど夫の言い方に腹立った⇒喧嘩
 
という私の器の小ささ故に、何度も喧嘩しました。
 
なのでこの”相手に寂しさやイライラをぶつけない”という事については、「気をつけましょう」というよりも「みんなー!私これでメッチャ失敗してきたから本当に気を付けてー!」という反面教師的な想いで書いてます。
 
 
私自身もこの部分は本当にやらかしてきましたから、サポートしてる方達から相談頂くたびに「ああ・・・わかる、わかる」と思いながらお返事させて頂いてます。
 
さすがに同じ失敗を何度か繰り返してきた中で、自分をもっとコントロールしないとイカン!もっとタフで自立しないとダメだあ!という想いから、こういった喧嘩は減りましたし、今はもう「しょうがないなー」で流せるようになりましたが、夫と国まだ恋人同士だった頃、海外遠距離恋愛を始めたばかりの最初の半年は酷かったです私。。。
 
これやっちゃうとね、外国人男性一気に冷めるし、冷めた外国人男性の対応ってマジで冷たいんですよ。
 
私の夫は普段はメラゾーマ使えんじゃないかくらいのメラメラの熱い人ですけど、私と喧嘩するとマヒャドどころか凍える吹雪吹きますから。いつドラゴンに変身したんですかアナタって位に冷たいですから。
 
 
今でこそ言えることですが、離れていて寂しいのは相手も同じなんですよね。
 
それを相手への不満として出してしまうか、自分の中で解消するかの違いなだけで。
 
寂しさを感じる暇もない位に1人の時間を忙しくしちゃうのもおススメです。
 
 
 

7、身近に言える人がいたらすぐ相談する

 
国際結婚や海外遠距離恋愛経験者って早々周囲にいないと思いますが、体験者だけじゃなくてもすごく信頼してる人に相談して聞いてもらうのも大事だと思います。
 
私の周囲には国際結婚経験者も海外遠距離恋愛経験者もいませんが、幸い何でも言える親友達や先輩によく話しを聞いてもらってます。
 
しかも全員既婚&夫婦仲良しなのでパートナ―シップについて沢山のアドバイスもらってます。
 
 
別にパートナーが外国人でなくても結婚経験者の人のアドバイスって本当に参考になりますし、話すたびに「そうだよなー別に国際結婚だからとか関係なくて、結婚というものが大変なのはみんな同じ何だよな。みんなそれを乗り越えてきてるんだよな」と救われます。
 
夫と結婚する前の海外遠距離恋愛中も、親友達に常に相談にのってもらって話聞いてもらってたからこそ、乗り越えられた部分が大きいです。
 
人に話を聞いてもらう事で自分の中で悶々としてたものがハッキリしたものとしてまとまって「そうか。これが原因で私は凹んでたのか」と改めて自分の気持ちを整理する良い機会にもなります。
 
 
以上が私が不安な海外遠距離恋愛を乗り越えて国際結婚を実現した7つのコツです。
 
 
本当に海外遠距離恋愛って想像以上にいざ始まってみるとキツイし大変なんですよね。
 
でもせっかく出会った相手だから、距離を理由にお別れしてしまうのは勿体ないなと思います。
 
だからとにかく、どんな些細な不安や不満も溜めこまないようにして、彼氏とコミュニケーションをきちんととっていく事。
忙しくして一人の時間を充実させていく事。
 
それでもヤバイ!っていう時は周囲の友人・家族に相談して一人で抱え込まない様にしてほしいなと思います。
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 
 


スポンサーリンク






 
 

コメントを残す