外国人彼氏との将来を考えるなら結婚前に確認すべき3つの事①

one-couple-two-spiritual-paths
出典:「isha.sadhguru.org」
 
外国人の彼氏がいるものの、色んな理由から将来が不安な女性は沢山います。
私自身、国際結婚したものの、決意するにはメチャクチャ覚悟が必要でした。
 
今回は、外国人彼氏がいる人、これから外国人彼氏を作ってやる!という人へ、実際に私自身が国際結婚をしてみて、そして海外で暮らしてみて分かった「結婚前に確認しておべき3つの事」についてお話します。
 

 


スポンサーリンク






 
 
今回は国際結婚する前に確認すべき事の1つ目についてお話します。
 
それは「相手が宗教を持っているかどうか」という事です。
 
 
日本人は無宗教の人が多いですし、かくいう私も無宗教です。
だから実際に海外に出てみて受けたカルチャーショックの中でも「宗教」は大きかったです。
 
カナダでもイギリスでも語学学校には必ず「お祈り部屋」という部屋が用意されていて、ここで授業の合間にお祈り出来るようになっています。
 
また、宗教上の理由から「異性と一緒に同じ教室で授業を受けることが許されない」女性達の為に、女性専用のクラスというのもありました。
 
 
で、国際結婚で重要視する事で「言葉の壁」とか「異国の地で暮らす事」というのは誰しも浮かぶ事だと思うのですが、「宗教」というのはあまり考え付きません。
 
そもそも私自身が自分の日常生活に宗教という概念がないので、実際に海外にいってこうした光景を目にするまでは思いつきもしませんでした。
 
 
で。。。宗教が国際結婚する上でどのように関わってくるかというと、結構重大です。
 
勿論、相手の宗教にもよりますが、例えば「結婚後は夫と同じ宗派にならないといけない」という場合は、国際結婚したら当然、その後はアナタも旦那様と同じ宗教に属さないといけません。
 
そしてその宗教の規律に従いながら日常生活を送る事になるわけなので、当然様々な制限が出てきます。
 
毎週末は必ずお祈りに出かけたり、1日の間でもお祈りをする宗派もありますし、それこそ異性と会話しては行けないとか、中には「荷物は女性が持たないといけない」なんてルールさえある宗派があります。
 
例え相手と同じ宗教に属さないとしても、結婚相手が何らかしらの宗教を信仰している限り、アナタには無関係というわけにはいきません。
 
 

スポンサーリンク






 
勿論、夫だけではないです。
夫がその宗教を信仰しているという事は、彼の両親・家族・親戚も同じ宗教である事が多いです。
 
そうなると、アナタは夫だけでなくて、夫の家族ぐるみの宗教関連事にも関わらないといけなくなってきます。
 
 
私の旦那は無宗教ですが、私達と同居してる旦那の従弟が宗教信仰しています。
で、宗教についての詳しい事を述べるのは控えておきますが、その従弟と会話をする度に正直、「ああ旦那が無宗教でよかった」と感じます。
 
ここではその理由について詳しく述べるのは控えておきますが。
 
 
ワーホリでカナダにホームステイしていた時、ホストマザーが強い宗教信仰している人でした。
 
でもホストマザーという存在だったので、私は別に彼女の宗教信仰について気にしたことはなかったのですが、これがもし自分が一緒に生きてくパートナーだったら「気にならない」では済まされないわけです。
 
 
実際に私の周囲の国際結婚カップルで、宗教が理由で離婚した日本人女性もいます。
 
もしアナタが今外国人の彼氏が居て、もしくは将来的に外国人の彼氏が出来たら、ここは絶対に確認すべきところです。
 
そしてもし相手が宗教信仰をしていた場合、その宗教の基本的概念を知っておくことは勿論、日常生活にその宗教がどう関わってくるのか、何か制限されることはあるのか、相手にきちんと確認しておくことをおススメします。
 
 
⇒「結婚前に確認すべき3つの事その2」に続きます。
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す