語学留学は一週間でも効果ある!英語に大事なのは期間じゃなくて環境

1
出典:「svp.org.uk」
 
語学留学は一週間では何の効果もないとか、語学留学は一年はしないと英語力は上がらない、という意見をネット上でよく見ます。
 
今回は一週間の語学留学について、私なりの考えをお話しようと思います。
 

 


スポンサーリンク






 
 
語学留学を短期で体験してみよう、という理由は様々だと思います。
 
・ワーホリの年齢制限オーバーしたけど、やっぱ海外行きたい
・ワーホリ行く前の武者修行で英語少しでも磨いてから行きたい
・長期で留学する費用貯めれない、仕事の休みがとれない
・いきなり海外に長期で行くの怖いから、お試しで短期留学してみたい
 
 
私は30歳というワーホリ年齢制限ギリギリで思い切ってカナダに飛び出し、気づいたら外国人の旦那と国際結婚してなぜか今はイギリス在住という、わけわからない人生を歩んでますが
 
こんなぶっ飛んだ人間だからこそ、「海外行きたいなら行った方がいい!」と思ってます。
 
でもネット上を見ると、こういった悩みや質問に対して「一週間なんて金の無駄だからやめた方がいい」という回答を見ることもよくあります。
 
その回答を見るたびに、うーーーーん。。。と思うんですよね。
 
 
そもそも、一週間という短期間での英語語学留学は効果があるのか、という事に対する私の意見ですが
 
英語力が見違える程伸びるか、というとそれは難しいです。
 
でも私は、一週間という短期間でも英語力は成長すると思っています。
 
たとえ爆発的な成長でなくても、かならず効果はあります。
 
 
英語力ってリスニングとスピーキングがないとダメとか言われてますし、確かに外国人と会話するうえでこの2つは大事です。
 
でも私は英語で一番大事なのって、「度胸」と「コミュニケーション力」だと思っています。
 
臆せずに英語を話そうという「度胸」と、ガンガン自分から話しかけて会話して英語の会話を楽しめる「コミュニケーション力」という事です。
 
 
日本人はもともと「恥」という文化の中で右へ習えの教育を受けてきてますし、島国なので外国人と会話する機会そのものがありません。
 
だから多くの日本人は英語を話すことを恥ずかしがったり、怖がったりします。
 
・間違ったらどうしよう
・こんな発音聞かせたくない
 
この英語に対する「度胸」のなさが、私は日本人が英語話せないといわれる最大の理由だと思っています。
 
 
私はワーホリでカナダに着いたとき、現地のネイティブの英語なんにも聞き取れませんでした。
 
自分の発する英語の発音がひどくて、何度も聞き返されたりしました。
 
でもネイティブじゃないから間違ってたり発音変で当たり前だし、そのために語学学校いくんじゃん!と開き直り具合が半端なかったんですよね。
 
だから語学学校通い始めてからも、ガンガン他の生徒にも話しかけたし友達沢山作りました。
 
一方で、私のクラスメイトで1年間も同じクラスにいる、という外国人の女性がいました。
 
彼女は英語を話すのが怖いし、変な発音聞かせたくないというプライドもあったみたいで、あまり人と会話をしませんでした。
 
 
同じ語学学校の同じレベルのクラスに通っていた私と彼女ですが、1か月もしない内に私の英語力はぐんぐん伸びていきました。
 
一方で彼女はというと、1年以上も同じクラスにいるにも関わらず、英語力は変化なしでした。
 
 
これは別に私が英語力伸びたことを自慢したいとかじゃなくて、私が身をもって体験したのは「度胸」と「コミュニケーション力」さえあれば、英語は伸びる。
 
逆に「度胸」も「コミュニケーション力」もなかったら、1年間毎日語学学校に通っても英語力はあまり成長してくれないという事を学んだという事を伝えたいんです。
 
 
だからこそ、私は日本人の人達にどんどん短期留学行ってもらって、「異国の地で日本語以外の言語で生活するという事」を体験してもらいたいんです。
 
 
そこで臆せずに英語を自分から話せる「度胸」と、色んな国の人達にフレンドリーに話しかける「コミュニケーション力」さえ身に着けば、日本に帰ってからでもいくらでも英語は上達させられます。
 
ぶっちゃけ私が思うのは、日本にいても英語はネイティブレベルになれるという事です。
逆に言うと、海外に何年住んでいても英語話せない人は、ずっと話せないです。
 
よくあるのが、海外に留学何年もしていても、日本人同士でつるんでいると英語力は全く上達しないといわれてますよね。
 
あれは事実です。
 
私は語学学校で、日本のご近所のアジアの国の人達が、自国民だけで固まって自国語しか話さない環境につかり、数年間も語学学校に通ってるのに全く英語話せない、という光景を見てきました。
 
何をしに外国へ行ったんだろう、なんてお金と時間勿体ないんだろう、と思います。
 
 

スポンサーリンク






 
 
海外留学経験なしで海外ドラマをひたすら見続けて、英語をネイティブレベルまで身に着けた人も居ますし、英語は継続して自分流にコツコツ続ければイヤでも伸びます。
 
でも、「度胸」と「コミュニケーション力」は、日本でいざ身に着けようとしても、なかなかそんな環境作るのは難しいです。
 
だったら、無理矢理にでも一週間だけでも自分をそういう英語漬けの異国の環境にどっぷりと漬けてしまえばいい、と思います。
 
 
ネット上の掲示板で「一週間の短期留学なんて時間とお金の無駄」と言ってるような人たちは、おそらく海外経験なんてないでしょうし、行動できる人がうらやましいんだと思います。
 
自分には行動を起こす勇気がないから。
 
 
だからそんな意見気にしないで、一週間でも短期留学に行ってほしい、と思います。
 
一週間て日本で過ごすとあっという間ですけど、外国での一週間て長くて濃いですよ。
 
朝から晩まで日本語使わずに、日本人以外の人たちに混ざって過ごす一週間て、体験した人にしかわからない苦労と楽しさがあります。
 
 
そして絶対に英語に対する「度胸」と、色んな人と会話を楽しむ「コミュニケーション力」が身に付きます。
 
日本にその「度胸」と「コミュニケーション力」を持ち帰って、そのまま英語の勉強を続けたら、長期留学しながら同国人同士でつるんでる人達よりも一気に伸びます。
 
今はオンラインスカイプ等、高い英会話スクール代金を払わなくても、英語を話す機会は沢山あります。
 
 
そして何より、異国の地で一週間自分の力で生活した、という体験は英語以上に貴重なものです。
 
英語で外国人と沢山会話出来た、という経験が物凄い自信になって、英語を話す事への恐怖心も吹き飛ばしてくれます。
 
 
何度も言いますが、英語は日本でも学べます。
 
でも異国の地で暮らした、色んな国の人達と交流した、という体験は日本では得られません。
 
たかだか一週間、されど一週間の体験が、英語力以上にあなたの人生を変える程の経験をくれます。
 
一週間の語学留学は、英語に対する「度胸」「コミュニケーション力」が身につくだけでなく、今後の人生を生きる上での価値観さえひっくりかえしてくれると私は思っています。
 
 
だからこそ、短期留学は私はメチャクチャおすすめなのですが、ただ短期留学といえど、欧米だと費用が結構高いんですよね。
 
欧米の場合は格安語学学校=質があまりよろしくない(全ての学校が、というワケではないですが)と、どうしても偏りがでてしまいますし、殆どの人はクラスもグループレッスン授業になります。
 
マンツーマンレッスンにすると、もっと費用が高くなっちゃいますから。
 
 
でも、せっかく一週間語学学校いくなら、費用をなるべく抑えて、かつマンツーマンレッスンを受けれた方がやはり英語の基礎力は上がります。
 
グループレッスンでなくても、学校のイベントに参加すれば友達も出来ます。
 
 
そこで、私が短期留学で一番おススメしてる国はフィリピンです。
 
フィリピンというと、治安悪い?とか、英語公用語じゃないでしょ?とイメージされるかもしれないですけど、とんでもないです。
 
 
フィリピンはアメリカの植民地だったので、9割の人が英語を話します。
アメリカ、インドに次ぐ世界第3位の英語公用国です。
 
その上物価は日本の半分以下なので、圧倒的に低コストで留学が出来ます。
 
高額なマンツーマンレッスンを受けて、それに滞在費をプラスしても、欧米の留学費用の半分で済みます。
 
しかもフィリピンの英語は綺麗なので、低コストで高い質の綺麗な英語を学べます。
 
 
で、日本人が気になるのが治安。
 
ひと昔まえまでは治安の悪いイメージだったフィリピンは、近年観光客を呼ぶために、治安状況の改善を行った結果、治安は格段によくなりさらに利便性もよくなりました。
 
なかでも語学学校があるのはセブやマニラのセキュリティー体制が整った地域なので、リゾート気分で英語を学べちゃいます。
 
社会人の方も、英語初心者の方も、ワーホリ行く前の武者修行の方も、とにかく私は短期留学ならフィリピン留学をおススメしています。
 
 
たった一度きりの人生、海外に行きたいという想い、一歩踏み出してください。
 
たかだか一週間、されどこの一週間が、アナタの今後の英語力だけでなく、価値観さえも広げてくれると私は思っています。
 
 
フィリピン留学について詳細はコチラをどうぞ↓↓
 

 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す