イギリス人に一番人気の日本の漫画とアニメはコレ!

dragonball
 
 
海外で大人気の日本の漫画とアニメ。
 
イギリス人も勿論
日本の漫画とアニメが大好きです。
 
じゃあ、イギリス人に一番人気の
日本の漫画ってどの漫画でしょうか?
 
 

 


スポンサーリンク






 
海外で人気の漫画と
アニメと言えば、まー沢山ありますよね。
 
ドラゴンボール、ワンピース、
デスノート
 
AKIRA(アキラ)、ハンターXハンター
犬夜叉・・・
 
 
うん、イギリスでもどれも
大人気の漫画です。
 
私はイギリス行く前は
イギリス人に一番人気の漫画は
「ナルト」だと思ってました。
 

NARUTO
 
ナルトって世界中で
ワンピース、ドラゴンボールを
凌ぐほどの凄まじい人気ですからね。
 
 
でも、イギリス人が一番好きなのは
 
『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)
なんです。
 

FAIRY TAIL
 
確かに、フェアリーテイルって
面白い漫画ですよ。
 
日本でも大人気ですしね。
 
でも、なんでナルトじゃなくて
フェアリーテイル?
イギリス人は忍者好きじゃないの?
 
 
いやいや、ナルトはもちろん
イギリス人に大人気です。
 
でもダントツで人気の漫画は
フェアリーテイルなんですよ。
 
 
私の周囲の
若いイギリス人の友人達は
仕事の休憩中にも
フェアリーテイル読み漁ってます。
 
 
何でそんなにイギリス人達が
フェアリーテイルに
ハマってるかと言うと
 
人気の秘密は
「魔法使い」的な世界だそうです。
 
 
イギリス人て忍者も好きだけど
「魔法の世界やファンタジー」が
大好きなんですよ。
 
フェアリーテイルって
妖精の尻尾って意味ですが、
この「妖精」って言葉が
またたまらないんだそうです。
 


スポンサーリンク






 
私の暮らすイギリスの田舎町に
日本の漫画や
マーベルヒーローシリーズの
グッズが置かれてる店があるんですが
 
もうフェアリーテイルのポスターとか
扱いが別物ですからね。
 
 
なんかフェアリーテイルだけ
ポスターの値段高いわ
完成度の低いコスプレ用衣装とか
売られてますかね。
 
 
しかもイギリス人の
友人アンドリュー
フェアリーテイルの衣装着て
仕事場に来た事ありますからね。
 
 
 
以前、日本の漫画大好きな
イギリス人達の集まり的な食事会に
相方と参加したんですが
 
私はドラゴンボールと
ワンピースのキャラが即興で描けるので
イギリス人達の前で描いたんですよ。
 
 
ワーホリでカナダにいた時、
これ描いたら学校中から人が集まって
私の落書き大人気になったんで
また調子にのったんですね私。
 
 
んでまた漫画好きのイギリス人達
驚かしてやろーって
悟空とかルフィとか
描いたんですけど
 
 
あれ?
 
反応薄くね?
 
確かに驚いてるけど、
なんかもっとこうさあ・・・
 
 
と微妙な空気になったんで、
今までフェアリーテイルの
キャラクター描いた事なかったんですが
 
急いでケータイで画像見ながら
主人公のナツの顔を描いたんですよ。
 
 
 
もうイギリス人達
半端なく興奮しましたからね!
 
普段、アメリカ人程
ワーキャー騒がないイギリス人が
もうそれはとんでもない反応
 
私がオーランド・ブルームに会ったら
きっとこんな反応するだろう位の
とち狂って大興奮ですよ。
 
いや、私オーランド・ブルームに会ったら
青い鼻血出して気絶しますけどね。
 
 
 
という事でイギリス人に
今一番人気の日本の漫画は
フェアリーテイルです。
 
 
このオタク食事会の後、
私の誕生日の時に
コスプレしてたアンドリューが
 
「君は日本の漫画で
一番好きなのはどの作品?」
 
て聞いてきたので
「ドラゴンボール」
と答えたところ
 
「オーケー!楽しみにしてて!」
と言ったので
 
 
え?もしかして
英語版のドラゴンボールの
漫画をくれるの?!
 
 
とワクワクしながら翌日。
 
アンドリューがくれた
紙袋を楽しみにあけると
 
 
 
フェアリーテイルの漫画あああああ!
 
 
え?あれ?!
 
いや、アンドリュー
気持ちはすっごい嬉しいし
フェアテイルも私好きなんだけど
 
ちょっと聞いていい?
 
 
 
イギリス英語では
ドラゴンボールという言葉は
フェアリーテイルに
変換されるんですかあああ?!
 
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す