初心者向けの英語おすすめ教材について

medium_2484112082

 

英語のおすすめ教材について
私なりの見解を述べます。

 

 

今は本屋に行っても英語の教材が
大量に並べられてるワケでして

 

さらに本屋ごとに
おすすめの教材が違ったりと
英語教材1つ選ぶにも混乱しますよね。

 

 


スポンサードリンク






 
 

 

ドラゴンレーダー押してみたら
なぜか100ヶ所に
ドラゴンボールが表示されているううう!!

みたいな感じなワケです。

 

あれ?ドラゴンボールって7つだよね?!

100個って
どれが本物おおおおお!!

 

とドラゴンレーダー
叩き付けたくなる勢いなワケですよ。

 

 

 

私の英語おすすめ教材ですが

 

「どれでもいい」

 

です。

 

 

ええええええええ?!

 

いやいやいやいや
お前おすすめ教材名
書けやあああ!

 

て感じなんですが

 

 

英語を勉強するにあたって
私は一番大事なのは

 

おすすめの英語教材を
かき集めることではなく

 

まずは手にした1冊目

その1冊を最初から最後まで
何度も繰り返しこなすということ

 

そしてその1冊から学んだ事を
アウトプット(発信)すること

 

 

この2つがとにかく

大事だと思うワケです。

 

 

 

テキストコレクターに
なってしまってる人を
沢山見てきました。

 

 

沢山の英語教材を持っているけど
どれも中途半端に手を付けてるだけ

 

おすすめと聞けば新しい英語教材に
乗り換える

 

 

これだと英語は身に着かないワケですよ。

 

 

 

今は質の高い英語教材が
簡単に手に入れられる時代です。

 

 

どこの本屋でも
おすすめ英語教材コーナーが
設置されてますし

 

通販で購入することも出来ます。

 

 

この大量にある英語教材の中から
自分の勉強用途にあったジャンルで
興味のある教材を
まずは1つ購入してほしいワケです。

 

 

本屋でおすすめコーナーにある
英語教材で外れの教材なんて
ありません。

 

 

通販でおすすめされてる
ベストセラーの教材を詐欺だの
言う人もいますが

私はそうは思いません。

 

 

単純に買った本人が
その教材を最後まできちんと
やりきっていない

 

そして教材から吸収したことを
アウトプットしていない

 

だから英語が身に着かないんです。

 

 

どんな教材を選んでも
きちんと最後まで継続して
その教材を使い込んで

 

きちんとアウトプットをしていれば
英語は必ず身に着きます。

 
 


スポンサードリンク






 
 

 

そもそも
おすすめの英語教材と一口に言っても

 

リスニングを伸ばしたいのか
発音を身に着けたいのか
文法を勉強したいのか
スピーキング練習をしたいのか

 

 

人によって
英語学習のどこの部分を
特化させたいのか
千差万別なワケですよ。

 

 

各ジャンルの勉強で私が使った
英語教材名については
また別記事にて述べさせて
頂きますが

 

 

 

まずは1冊

自分が興味あるモノを購入して
必ず最後までやりきって
欲しいと思います。

 

そしてアウトプットも絶対に
忘れないでほしいんです。

 

 

英語が身に着かない人に
共通してるのは

 

1冊目もやり切っていないのに
新たなおすすめ英語教材を目にする度
新たなテキストに乗り換えて

 

単なるテキストコレクターに
なっている事です。

 

 

 

 

私はワーホリでカナダに行く半年前から
英語の勉強を真剣に始めました。

 

 

日本で独学で英語を勉強してから
渡航したワケですが

 

近所の本屋の
おすすめ英語教材コーナーの
中から買ったわずかな教材を

ボロボロになるまで
やりこみました。

 

そしてアウトプットも
欠かしませんでした。

 

 

その結果、語学力ゼロだった私は
わずか半年という期間ながら
語学学校の入学試験で7レベル中
上から2番目のクラスに入りました。

 

 

1番上じゃないくせに
偉そうに言ってんじゃねええええ!

 

と思うかもしれませんが

 

 

要は、語学力ゼロでも
きちんと勉強すれば
これ位にはなれるという事です。

 

 

なので本屋や通販の
英語おすすめ教材の中から
先ずは1冊購入したら

それを最後までやりきる

 

アウトプットもする

 

 

この2つをやれば
必ず英語力はアップします。

 

 

そしてその後に2冊目に
取り掛かかれば
当然さらに英語力に磨きが
かかります。

 

 

私の場合は日々
英語力以上に
破天荒力に磨きがかかり
どうにも止まらないワケですが。

 
 
映画・海外ドラマで英語を勉強するなら
 

「最高の生きた英語教材【FRIENDS】」を参照下さい。

 
 
電子辞書をお探しであれば
 

「英語の電子辞書おススメはコレ!」を参照ください。

 
 


スポンサードリンク






 
 

1件のトラックバック

コメントを残す