漫画家になる為に画力を上げるなら専門学校は無駄?

DSC02226_1
 
 
漫画家になる為にはストーリーだけでなく
画力も当然必要になってきます。
 
画力の向上といって思いつくのが専門学校。
 
私は日本にいた頃、
少年漫画家として
少年サンデーにお世話になってましたが
 
個人的な意見としては
漫画家の専門学校は
 
「時間とお金の無駄」です。
 

 


スポンサードリンク






 
お金と時間に余裕があるなら
専門学校行くのは全然いいと思うんですよ。
 
ただ、わざわざ漫画家になりたいから、
画力を上げないといけないから
必死にお金を貯めてて・・・
 
ていう人なら、私は間違いなく
 
専門学校行く為に
金貯めてる時間があるなら、
ガンガン描いて持ち込んで1日も早く
プロのアシスタントやったほうがいいよ
 
 
と100%言いますね。
 
 
私は専門学校には行ってません。
 
毎日独学で必死こいて
尊敬する漫画家さん達を教科書に
描きまくってきました。
 
 
専門学校行けば
確かに絵はうまくなります。
 
でもね、でもね
専門学校に金払って2年間費やして
学んだ技術より
 
プロの現場でたった1日
アシスタントやらしてもらって
叩き込まれた技術のが
100倍すんごいです。
 
 
これは、私のアシスタント仲間で
専門学校出身の人達が
口を揃えて言っていました。
 
 
誤解しないでほしいのが、
専門学校での2年間が
全て無駄だと言ってるワケじゃ
ないんですよ。
 
確かに漫画家になる為の画力は
身につきますし、
選択肢として選べるなら
有りだと思います。
 

スポンサードリンク






 
 
ただ、先程も述べたように
わざわざお金を必死に貯めないといけない、
という状況なら
 
画力は独学で上げることは出来ますし、
むしろ私含め、少年漫画家って
独学で描いてきた人達多いですし
 
専門学校での2年間分を
プロの漫画家アシスタントの
現場に行けば
1日で取り戻せちゃうワケですから
 
 
漫画家になるには
専門学校に行くことが必ずしも
必要ではないってことです。
 
 
漫画家になるのに必要な事って
 

「少年漫画家になるのに必要なのは若い年齢?」

 
でも述べてますが、
画力や年齢より
素直さと根性だと
私は思ってますし
 
実際に私もこれだけで
少年漫画家になったワケですから。
 
 
漫画家のアシスタントに興味ある方は

「未経験から少年漫画家アシスタントになる方法と意外な収入」を参照下さい。

 
私の漫画家経歴は

「日本から海外へ 私の漫画家経歴」を参照下さい。

 


スポンサードリンク






 

コメントを残す