ハン・ソロにオビワン!スターウォーズスピンオフが豪華すぎて気絶しそう

スターウォーズ・スピンオフシリーズ第2弾となる『ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー』(原題:Solo: A Star Wars Story)が2018年6月29日に日本公開。
 
早くもオビ=ワン・ケノービが主人公のスピンオフシリーズ3弾が2019年に制作開始されるという予測が浮上して、世界中のスターウォーズファンを熱狂させていますが、まずは今年の夏に若きハン・ソロ主人公の今作でまたスターウォーズの世界を堪能できて私はもう嬉しすぎて気絶しそうです。
 

 


スポンサーリンク






 
 
スピンオフシリーズの第一弾である「ローグワン・スターウォーズ・ストーリー」がまさかの期待値超える超名作で私的には2016年公開映画ナンバー1でした。
 
今作の監督はロン・ハワードですが、私はこの監督は映画史に残る名作『ビューティフル・マインド』を観て以来、大好きな監督の一人です。
 
「魂揺さぶる濃厚な人間ドラマ」を描いたら、ロン・ハワードとジェームズ・キャメロンの2大監督にかなう人は居ないと思ってるので、今作もかなり心打つ人間ドラマが描かれるんじゃないかなと期待大です。
 
 

『ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー』あらすじ

 

出典:「IMDb」
 
今作の舞台は『スターウォーズ・エピソード4/新たなる希望』でルークやレイア達と出会う約10年前。
 
銀河が帝国に支配されていた無法時代。
 
不遇な生い立ちから天涯孤独という運命を背負いながらも、自由に生きようともがいていた天才パイロット、ハン・ソロ。
 
チャンスに恵まれずにいたハン・ソロだったが、強奪計画にすべてを懸け人生逆転する為に危険な任務に挑む事に。
 
生涯の相棒チューバッカとの出会い、悪友ランドや曲者ぞろいの仲間達との出会い、そして禁断の恋。
 
真の自由を勝ち取る為、若きハン・ソロの冒険がはじまる。
 
 

『ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー』で私が注目のキャスト

 
主人公ハン・ソロを演じるオールデン・エアエンライクも勿論注目の若手俳優ですし、今作で一気に世界的俳優になる事は間違いないです。
 

出典:「Screen Rant」
 
 
が!個人的に大注目なのが「ターミネーター:新起動/ジェニシス」で大ブレイクしたエミリア・クラーク。

出典:「StarWars.com」
 
 
もうファンの人ならとっくにご存知、今世界中でメガヒットしまくってるドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』出身の女優さんです。
 
出演映画・ドラマの数は多くはないものの出演作がメガヒットしてますし、そして今作でついにスターウォーズ作品にも出演するわけですから、レイ役でスターダムを一気に駆け上がったデイジー・リドリーと同じく彼女も更なるスターダムを駆け上がって行って、どこまで駆け上がっていっちゃうんですか状態になるんでしょうね。
 
 


スポンサーリンク






 
 
 
そしてロン・ハワード監督作品『ビューティフル・マインド』を観てから私が一時期病的に大ハマリしたポール・ペタニーも今作に出演します。
 

出典:「IMDb」
 
 
ロン・ハワード監督×ポール・ペタニーのお二人、何気に『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』に続いて3回めのタッグになるのもファンとしては嬉し過ぎです。
 
 
それにしても・・・毎年立て続けにスターウォーズシリーズ観れるなんて嬉しすぎて気絶もんです。
 
 
 

スターウォーズ関連の他の記事

 
レイの親の正体やカイロ・レンの辿る道、そしてルークと出会ったレイはどうなるのか・・・
2017年12月15日公開の最新作『スターウォーズ/最後のジェダイ』については「ルークもレイも闇堕ちせず!スターウォーズ8/最後のジェダイねたばれ感想」を参照してください。
 
 
2016年に観た全映画ナンバー1の傑作『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』については
『今年ダントツ1番の感動作!ローグワン/スターウォーズねたばれ感想』を参照してください。
 
 
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ネタバレ有りのあらすじ&感想は

「レイはあの人の娘でしょ!スターウォーズ7のネタバレあらすじと感想」

を参照してください。
 
 
スターウォーズ出演者達の、その後と今現在については下記にまとめてあります。
 
レイ役で大ブレイクしたデイジー・リドリーについては
「デイジー・リドリーがスター・ウォーズのレイ役を掴んだ理由」を参照してください。
 
 
若きアナキンを演じたヘイデン・クリステンセンについては

「アナキン役のヘイデン・クリステンセンの今現在 」

を参照して下さい。
 
2016年に急遽されたキャリー・フィッシャーについては
「エピソード9は登場なし。キャリーフィッシャー遺作は「最後のジェダイ」」

を参照してください。
 
スターウォーズ嫌いなハリソンフォードがカムバックした理由は

「黒歴史?スターウォーズ嫌いなハリソンフォードが7に出演した理由」

を参照してください。
 
元祖イケメンのルーク・スカイウォーカーのその後と現在は

「スターウォーズ7でも大怪我寸前!事故だらけのマークハミルの現在」

を参照してください。
 
新たな悪役を演じたハリウッドの新星アダム・ドライバーについては

「高身長の悪役カイロレンを演じたアダムドライバーは戦場経験者だった」

を参照してください。
 
スターウォーズを観た事がない!という方のために、過去の全6エピソードをまとめました。
また、スターウォーズ基本用語や魅力についても語っています。

「スターウォーズ過去エピソードのネタバレあらすじ!用語と魅力も解説 」はこちら

 
 
 
★英語字幕なしで観れる様になりたい!という方はコチラも参考にしてください↓

 
 
★映画好きな外国人の彼を見つけたい!という方はコチラもどうぞ↓

konkatsu