ジュリーは出演しないけどメリーポピンズ:リターンズのキャスト最高すぎ

映画「メリーポピンズ:リターンズ」
公式予告編動画↓

 
2019年2月1日公開の『メリー・ポピンズ リターンズ』(原題:Mary Poppins Returns)。
 
1964年に公開された元祖「メリー・ポピンズ」で主演を務めたジュリー・アンドリュース出演は噂になりながらも残念ながらありませんが、いやもう新キャストが最高のキャスティングすぎてヤバイです!!
 
私が最も好きな女優さんの一人・・・エミリー・ブラントがまた主演来たー!!!
 

 


スポンサーリンク






 
 

「メリーポピンズ:リターンズ」あらすじ

 

出典:「Screen Rant」
 
全作から20年後の大恐慌時代のロンドン。
 
父親となったバンクス家の長男マイケルだったが、妻を亡くし金銭的にも追いこまれ、家まで失うかもしれないどん底な状況に居た。
 
以前の明るさを失ってしまった一家に人生の喜びを再び取り戻してもらう為、再びメリー・ポピンズが舞い降りた。
 
 

ロブ・マーシャル監督は私の生涯ナンバー1ミュージカル映画の監督

 
今作の監督を務めるのはジェームズ・キャメロンと並んで私が最も好きな監督の一人であるロブ・マーシャル監督。
 
監督だけでなく振付師、舞台演出家の顔も持つ多彩な監督です。
 
 
私が彼の作品で最もハマったのは「シカゴ」ですが、未だにこの作品は私の生涯ナンバー1のミュージカル作品です。
 
サントラは全曲歌える位に聞きこみましたし、DVDは擦り切れる程見てまさかの買い直しまでした程。
 
さらに生で「シカゴ」が観たいが為に本場ブロードウェイへ行って「シカゴ」のミュージカルも観てきました。
 
これほど私の映画人生にワクワクを与えてくれた監督さんの作品ですから、もう絶対に期待以上のものになるに決まってます。
 
 
 


スポンサーリンク






 
 

エミリー・ブラントという女優さんについて

 
今私が最も好きなハリウッド女優の一人、エミリー・ブラント。

出典:「IMDb」
 
もちろん今作は主演のエミリー・ブラントだけでなく、他の出演者も凄まじく豪華。
 
「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズのマーク・ダーシーでお馴染み、「英国王のスピーチ」「キングスマン」のアカデミー賞俳優コリン・ファース(私の中では永遠にマーク・ダーシーです)
 
誰もが知る超演技派女優の代表各であるメリル・ストリープ
 
そして私がドハマリした「ダニエル・クレイグ版007」シリーズのQ役でお馴染のベン・ウィショー
 
と、とにかく豪華すぎる俳優陣集結の今作なのですが、やっぱり私的には大大大好きなエミリー・ブラントが主演を務めるのがメチャクチャ嬉しすぎます。
 
 
 
私がエミリー・ブラントにハマったのはアン・ハサウェイ&メリル・ストリープが競演した「プラダを着た悪魔」。
 
この作品からエミリー・ブラントを知ってファンになった人も多いのでは?
 
 
メリル・ストリープ演じる鬼上司もいい味出してましたけど、私はとにかくアン・ハサウェイのイジワルな先輩エミリーが大好きです。
 
emily-blunt-devil-wears-prada
出典:「www.vanityfair.com」
 
 
ホラもう見るからに意地悪がにじみ出てて、リアルに先輩でいたら一生関わりたくないですけど、エミリーがいい味出してるんですよねー。
 
ラストで、アンディとの最後の電話の後に微笑むシーン最高です。
 
アンディの代わりとして入社した新しいアシスタントの子に言い放ったセリフ
 
「前任者の穴を埋めるのは大変よ!覚悟して」
 
これ、もうエミリーからのアンディへの最高の褒め言葉じゃないですか。
 
 
 
この作品以降ハリウッド超大作に次々と出ていく様になったエミリー・ブラント。
 
『ルーパー』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』はどちらも名作ですし(特にトム・クルーズ共演の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』はやばい名作)、『イントゥ・ザ・ウッズ』では見事な歌声も披露し、夫婦共演で話題となったホラー『クワイエット・プレイス』も大ヒットしました。
 
 
『プラダを着た悪魔』は今でもよくDVDで観ている傑作なので、私の中ではエミリー・ブラントと言えばこれからもずーっとプラダのエミリーなのですが
 
今作のメリーポピンズって今までの彼女が演じた事のないタイプのキャラクターだと思うので、今度はどんなエミリーの表情や演技が観れるのか、それを考えただけでも映画観る前から大興奮のハリウッド病な人間です。
 
 
ディズニー映画といえば期待以上に毎回感動させてくれますが、2018年の年末に前作で大号泣した『シュガーラッシュ』の続編『シュガーラッシュ オンライン』が観れますし、2019年年明けてすぐに今作も観れるので、おかげで今回の年末年始は一段とワクワク過ごせます。
 
 
 
 
★英語字幕なしで観れる様になりたい!という方はコチラも参考にしてください↓

 
 
★映画好きな外国人の彼を見つけたい!という方はコチラもどうぞ↓

konkatsu