イギリスに彼氏がいる人必見!観光ビザでの入国審査時に要注意な質問

couple_2788635b


出典:「www.telegraph.co.uk」
 
イギリスでの入国審査に関する質問をよく読者の方から頂くので、今回は観光ビザでイギリスに入国する場合の要注意な点についてお話します。
 
世界一入国審査が厳しい事で有名なイギリス入国審査ですが、私は旦那と結婚してビザを取得する前に、合計5回も観光ビザでイギリスに無事入国を果たしています。
 

 


スポンサーリンク






 
 
とはいえ初イギリス入国はもう十年以上前の学生時代の旅行でしたので、カウントしない事とします。
 
それから最後の5回目も、旦那の祖国ポーランドでの婚姻成立後に旦那と一緒に入国したので、観光ビザだったとはいえ(この時点ではまだイギリスのビザ申請前)、「EU夫が一緒にいた」という有利な状況だったので、ここもカウントしないでおきます。
 
とはいえ、イギリス入国2、3、4回目というのは、1年の間に連続して間をあまり空けずに入出国を繰り返していました。
しかも1回の滞在月数も2~3か月だったので、そう短くもありません。
 
1年間の間に、3回も入国審査を受けて無事に入国できるのって、イギリスという国では結構難しい事です。
入国拒否になってる人ガンガンいる国ですから。
 
という事で、どうやって私が観光ビザだけで3回連続無事にイギリスの入国審査を通れたか、何を気を付けないといけないか、お話します。
 
 
まず、大前提としてお話しておきたいのが、イギリスのイミグレというのは外国人をとにかく嫌います。
EU人の場合は、自分達もEU加盟しちゃってるから仕方ないよなーという事で、受け入れざるを得ませんが、日本人なんて極力入国を拒否したいと思われてます。
 
理由としては、イギリスでは不法滞在と偽装結婚が多いため、とにかくこれ以上こういった外国人をイギリス国内に入れたくない、というワケです。
この辺りについては「イギリスで入国拒否が多発してる理由とは?」や、「イギリス入国拒否の7つの理由」も参照ください。
 
 
で、恐らくイギリスに観光ビザで長期滞在目的だったり、出入国を繰り返してる女性というのは、イギリスに彼氏が在住のパターンが多いので、今回は私同様に、イギリスに彼氏がいる人に注意してほしい事について書きます。
 
 
イギリスの入国審査時に絶対に言ってはいけない事は
 
●滞在目的→「彼氏に会いに来た」
●滞在期間→「6か月間フルで」
●滞在先→「彼氏の家」
 
これは、絶対に言わないほうがいいです。
独身女性がイギリスに入国しようとしてる時点で、入国審査官というのは「こいつイギリスで男見つけてイギリスに住みつくつもりなんじゃないか?」という事を疑ってきます。
 
イギリスとしては、ただでさえEU加盟国からの移民ですら、もう受け入れたくないという状況になっていて(実際にEU加盟国でも入国制限かけてきてます)、そんな状況の中EUの加盟国でもない日本人には、これ以上住みついてほしくないんです。
 
イギリスというのはそういう国だという事を、まずは知っておいてください。
 
なので、間違っても「イギリスにいる彼氏に会いに来た」なんてことは言わないほうがいいです。
 
 
とはいえ、さすがに1か月以上滞在するのに「観光目的」というのも微妙なので、そこは「友人に会いに来た」が一番無難です。
さらに滞在先も勿論、「友人宅」と伝えたほうがよいです。
 
もし入国審査官が「その友人は男性?女性?一人で暮らしてるの?」と聞いてきた場合は、「友人は男性で、ルームシェアしてるから他に女性が2人住んでます」という感じで、男一人で住んでる所に滞在するわけではない、と伝える事が大事です。
 
 
で、滞在期間についてが非常に難しいところなんですが、正直にいきなり「観光ビザで6か月間フルで滞在します」なんて言ったら、入国拒否コースに行く可能性が大です。
なので本来は「滞在期間は2週間」と言っておいて、実際は数か月滞在する、というのがいいんですけど、それをすると1つ問題が。。。
 
入国審査官によっては「帰りの日付の入った航空券の提示」を求めてくる人がいます。
特に、イギリス初入国だったり、英語がほとんど出来ない場合は、おどおどしてしまうので、疑われて航空券の提示を求められる可能性が大きいと思います。
 
でも、そこでいざ航空券を出してみて、申請した滞在期間と違ったらそれこそ入国拒否まっしぐらですよね。
 
 
で、ここまでの話って、全て私自身が実際に取ってきた手段なんですけど、じゃあ私の場合は航空券はどうしてたのかと言いますと。。。
 
毎回2週間往復の日程で航空券を買って、帰りの航空券は捨てていました。
 
ハイ。メチャクチャお金もったいないですよね。
日本~イギリス間って航空券決して安くないですから。
 
 

スポンサーリンク






 
 
ただ、私の場合はもう背に腹は代えられないといいますか、そこで十数万の航空券の帰り道を捨てること以上に、入国拒否をくらう事のが遥かに怖かったんですよ。
 
一度入国拒否くらったら、イギリスの場合は、まーもう入国出来ないと思うので。
表向きは、入国拒否喰らった場合の、次回の入国方法手続きみたいなことも述べてますけど、ほぼ可能性はゼロだと私は思って居ます。
あくまで私の考えですよ。実際に入国拒否喰らって再入国した方も居るとは思いますし。。。
 
で、私の場合は、散々色んな人達のイギリス入国審査情報調べたり、入国拒否喰らった人達の理由調べたり、自分の頭の中に詰め込んだイギリス入国審査に関する全ての知識をフルに活用した上で出した結論が、
 
・イギリスに彼氏がいるとは言わない
・滞在期間は2週間と答える
・航空券も2週間往復のを買って帰り分は捨てていた
 
という事だったので、これを実践してきました。
 
 
ただ、これを絶対にしないと入国拒否になります何てことは言ってないので、そこはご注意ください。
私はイギリスの入国審査官でもないですし、イミグレの本当の事情なんて知りません。
 
帰りの航空券の提示を求められるかどうかは当たった審査官次第ですし、こればかりは運としか言えないです。
 
ただ私は、「入国拒否の可能性を最小限にする」という事を優先してきたので、こうした方法を実践してきました。
 
 
ちなみに、航空券の提示は実際に求められるのかどうか、ですが、私は過去3回とも提示を求められた事はありません。
 
でも代わりにイギリスに一週間遊びに来てくれた友人は、提示を見事に求められてました。
ちなみに彼女は初イギリスでした。
 
これは勿論当たった審査官次第という事ではありますが、私が個人的に思うには、本人の受け答え時の英語力や態度にもよるんじゃないかなーと思うんです。
 
というのも、友人は初イギリス&英語が全く出来ないというコンボだったので、入国審査時に色々と質問された時点で相当オロオロしたんだそうです。
 
そして私の場合は、英語はある程度出来る状態でしたし、イギリスの入国審査がどんなものかも散々情報調べまくって理解していたので、結構堂々としてました。
 
そうした態度によっても、審査官が航空券の提示を求めるかに少しは関係あるのかもなーと思います。
 
 
イギリスの入国審査時には、堂々と聞かれた質問に答えることも大事ですが、かと言ってこちらから余計な事をペラペラ話すのは厳禁です。
 
あくまで質問された事にだけハッキリと堂々と答える、という事が大事です。
 
 
という事で、私個人が考える「観光ビザでイギリス入国審査時の要注意な質問」を体験談を交えて書きましたが、何度も言いますが、これが正解というワケではありません。
 
私はイギリスの入国審査官ではないですし、あくまでいちヘタレ女がイギリス入国審査時に備えてこんな事実践してきたのか、という感じで参考にしてもらえたら、と思います。
 
ただ、イギリスという国は、たとえ一週間程度の観光であっても、極力外国人を受け入れたくない、という国なのは確かです。
それゆえに世界一入国審査が厳しいというか、もはやおかしいでしょアンタ達レベルになってるというワケです。
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す