海外旅行で破天荒ハプニング!ラスベガス&LA貧乏旅行編①

27
 
 
大学の卒業旅行の時の話。
 
友人とアメリカのラスベガス・ロサンゼルスに
貧乏卒業旅行に行き
 
まーーーー相変わらず
破天荒なハプニングを
巻き起こしてきました。
 

 


スポンサードリンク






 
 
当初は大学の仲間10名前後の
大人数で行くはずだった、
ラスベガス&ロサンゼルスの
思い出の旅。
 
 
思い出作ろうにも皆金がなく、
脱落者が相次ぎ、
 
最終的には破天荒女ふくめ
わずか女3人のアメリカ旅行に
たったワケですが
 
残った3人の猛者も
予算が1人10万という事で
 
 
まさかの破天荒ハプニングだらけの
貧乏ラスベガス&ロサンゼルス旅行が
幕をあけてしまいましたよ。
 
 
 
今でこそ偉そうに
英語の学習方法について語ったり↓
 

「英語を独学で学習する3つの方法 」

 
 
国際結婚について語ったりしてますが↓
 

「国際結婚して良かった3つの事 」

 
 
当時の私は英語なんぞ一切話せず、
外国人に会っても
見とれて鼻字出すだけで精一杯
 
 
海外旅行は幼い頃から
両親に連れて行ってもらってましたが、
両親は英語が話せるので
当然、すべて親任せ。
 
 
一緒に行く友人達も
英語が話せなかったので、
 
私にとって初めて
英語を使うざるを得ない
旅行となったワケです。
 
 
さらに10万という貧乏旅行の為
格安の旅行会社に
パッケージツアーを
申し込んで行ったのですが、
 
 
まーーーーーー
とんでもないホテルを用意してくれて
現地についてからも
当然ハプニングだらけでした。
 
 
 
日程はラスベガス⇒ロサンゼルスの
アメリカ10日間の貧乏旅行。
 
 
最初はラスベガスから
スタートしました。
 
初めてラスベガスの空港に
ついてた瞬間
 
ウーピーゴールドバーグみたいな
デカい係りのおばちゃんが
皆を並ばせてる光景
 
 
なんかもう、
この光景を見ただけで、
ワクワクしすぎた破天荒女
 
 
ウーピーゴールドバーグに
「アジア人は右のレーンに並んでね」
って言われてるのも聞かずに
 
 
左側のヨーロッパ人のレーンに行き
早速ウーピーゴールドバーグに
 
 
コラアアアアアアアア!
 
あんたは右だろうがああああ!
 
 
と今にもローマ法王の前で
「i will follow him」
を歌いだすんじゃないかという
ゴスペルばりの声量で怒鳴られます。
 
img_945664_31281467_1
 
 
ホテルに着いて早速
ラスベガスの街を散策。
 
ちなみに、貧乏旅行とはいえ
ラスベガスは安いホテルでも
かなり綺麗なので、
 
この時は「貧乏旅行でも十分じゃん!」
 
って思ったのですが、
まあロサンゼルスに着いてから
貧乏旅行の怖さを思い知ります。
 
 
 
ラスベガスの観光地って
各ホテルがそれぞれ
エンターテイメント型ホテルでして
 
 
海賊をイメージした、
トレジャーアイランドホテル
 
Sirens01_102503__Treasure-Island
 
 
古代エジプトをイメージした
ルクソールホテル
 
lasvegas_03
 
 
映画「オーシャンズ11」の
ロケにも使われたゴージャスホテル
ベラッジオなど
 
10118539
 
 
各ホテルがショーをやっていたりと、
ホテル通りを歩くだけで
1日楽しめちゃいます。
 
 
初日はホテル通りを楽しんで終了。
 
 


スポンサードリンク






 
 
2日目はラスベガスでのメイン、
グランドキャニオンへ。
 
 
現地のツアーに申し込んで
ガイドツアーの人が車で
グランドキャニオン付近まで
連れてってくれたのですが
 
途中、ネイティブインディアンが住む
テントがブワーっと並んでいて
 
 
ディズーのジャングルクルーズでしか
インディアンを見たことがなかった私は
 
 
す、すげええええ!
 
リアルインディアンが居るうううう!
 
 
と車の中で叫んだもんだから
 
 
 
ガイドのおっちゃんが私を
からかおうとジョークを言ったんですね。
 
 
 
「インディアンはすごく攻撃的だから
 この車が見つかったら
 彼らは武器を持って襲い掛かってくるよ!」
 
 
友人2人はフツーに
ジョークと分かって
笑ってたんですが
 
 
アホな破天荒女はリアルに
真に受けまして
 
 
マジかあああああああ!
 
 
ちょっ
 
少しでも姿が見えないように
しないとおおおおお!
 
と、ワケわからん理屈で
頭を下げて
1人着陸態勢に入ってたんで
 
もう車内大爆笑でしたよ。
 
 
 
だってインディアンて
吹き矢で攻撃してくるでしょおおお!
 
なんか映画でそんなんあったでしょおおお!
 
 
と、ハリウッド病過ぎて
映画と現実の区別がつかない
イタイ人間だった私は
 
 
リアルにテントを見た時
ビビりましたからね。
 
 
 
その後、車は整備されてない道を
走り始めるんですが
 
もう道路のボコボコ具合が
とてつもない状態でして
 
それはもうジャイアンに殴られた
のび太君のボコボコ具合が
可愛く見えるほどでして
 
 
車がボヨンボヨン
宙に浮いては落ちて、
を繰り返すんですね。
 
 
シートに座ってても
宙に浮いては天井に頭をぶつけて
またシートに落ちるわ
 
 
今更ながら
 
そうだ!
シートベルトを忘れてた!
シートベルトをして身を守ろう!
京都にいこう!
 
 
と友人に伝えると
ガイドのおっちゃんの一言
 
 
「あ、シートベルト今壊れてるよ」
 
 
えええええええええ!
 
てか、それって
ツアーの仕事してて
捕まらないんですかアアアア!
 
 
ともあれ、
シートベルトもつけれず
 
天井に頭ガツガツぶつかりまして
 
 
やーめーてえええええ!
 
 
これ以上バカになったら
日本語さえ忘れちゃうからあああ!!
 
 
まだこの後
ロサンゼルスにいくからああああ!
 
ハリウッドで
キャメロン・ディアスに会うんだからあああ!
 
サンドラ・ブロックと
レニー・ゼルウィガーにも
会うんだからあああああ!
 
 
いやハリウッド行っても
女優さん達いないからね!
 
というツッコミも自分で入れながら
 
 
この悪路を駆け抜ける1時間
車内では各々の戦いが
繰り広げられてました。
 
 
 
激しい車酔いでダウンし
シートに横たわる友人2人。
 
車酔いせず1人天井に
頭ガンガンぶつけてる破天荒女と
それを見てまた爆笑の
ガイドのおっちゃん。
 
 
 
どうにか目的地まで到着して
そこからグランドキャニオンの
頂上までは
専用のバスで移動します。
 
 
 
頂上についてバスを降りて。。。
 
 
その光景を見た瞬間、
言葉を失いました。
 
 
360度のパノラマに広がる
広大な景色。
 
 
27
 
 
うわああああああああ!
 
生きててよかったああああ!
 
 
いちいち反応が病的な
破天荒女を見て
爆笑するおっちゃん。
 
 
 
私はこの後、
色々な国に行って
世界遺産も見ますが
 
グランドキャニオンは今でも
頭に残ってる
NO.1の景色です。
 
 
DSC03347
 
 
お昼をグランドキャニオンの
頂上のレストランで
食べた一行は
 
その後ホテルに戻り
3日間ラスベガスを堪能した後
 
いよいよ私の一番の目的だった
ハリウッドの聖地!
ロサンゼルスへと
向かうのですが
 
 
このロサンゼルス旅行
 
「もっと頑張って金貯めればよかった」
 
と心から思うほどの
とんでもない貧乏旅行となるワケです。
 
 

「ラスベガス&LA貧乏旅行編その2」に続きます。

 
 


スポンサードリンク






 
 
 

コメントを残す