海外旅行の飛行機の座席指定は旅行会社経由せず自分で予約しよう

f
出典:「vagabit.com」
 
海外旅行でよく聞く「快適な空の旅」という言葉、飛行機の座席によって快適にもなれば、単なる疲れるストレスだらけの空の旅にもなります。
 
特に欧米・欧州に行く場合は飛行機に乗る時間も10時間超となるので、旅行自体が最高でも、飛行機での時間がどうだったかによって思い出は左右されるものです。

 


スポンサーリンク






 
 
で、中でも重要なのが「どの座席に座るか」という事だと思います。
 
私の妹の笑えるようで笑えない体験談。
 
アメリカ留学中、アメリカから日本に帰国する際に窓際の席に座ったのですが、隣に外国人カップルが座り、2人そろって長い足を座席につかえたまま終始爆睡、という状態だったそうです。
 
お手洗いに行こうにもカップルの足が長すぎて座席とシートの間を完全にふさいでしまい、あまりに気持ちよさそうに爆睡するカップルを起こすことも出来ず、妹はなんと12時間の長時間フライト中お手洗いに一度も行かずに我慢をした、というアホな伝説を作りました。
 
 
私の場合はイギリス~成田間のフライトを何度も経験してますが、毎回必ず通路側の席を取ります。
 
しかも単なる通路側ではなく、お手洗いの空き状況がすぐ見える最前席、もしくはその近辺です。
 
私はお手洗いがメッチャ近いので飛行機での通路側+お手洗い近くは必須条件です。
 
私の場合は、毎回KLM航空を利用しているので、KLM航空のウェブサイトから直接自分で航空券を購入していますが、予約時に座席のシートも予約できるので、購入時に同時に通路側のシートを確保します。
 
 
で、先日日本人の友人たちと話していて驚いたのが、みんな予約時に座席を前もって確保できることを知らない+高い手数料を旅行会社に払って航空券を買っていた、という事です。
 
パッケージツアーに申し込んだならまだしも、航空券だけを購入するのならば、旅行会社を通して買うのなんてもったいないです。
 
高い手数料とられる上に、旅行会社の場合は座席指定の融通を聞かせてくれない事もあります。
 
航空券を買うだけならば、直接利用する航空会社のウェブサイトで自分で買う方がおススメです。
 
 
ちなみに海外の航空会社でも必ず日本語版のウェブサイトはありますので、そこは心配しなくて大丈夫です。
 
今は大抵は航空会社のウェブサイトで直接航空券を購入すれば、購入時に同時に座席も座席表から選べると思います。
 
ちなみに全く同じ航空便の同じ座席を買うとしても、旅行会社を通して購入すると手数料が発生するので、まー高いんですよ。
 
海外の航空会社でも日本語版のウェブサイトがあり、自分で座席を指定して買った方が値段的にもお得、というのを意外と周囲の友人たちが知らなかったので、これは共有せねばと思い、今回の記事にしました。
 
 

スポンサーリンク






 
 
で、じゃあ旅行会社のパッケージツアーで行く場合の座席はどうなのか?という事ですが
 
これは旅行会社にもよって対応は違うようですが、窓側希望や通路側希望という理由があるのなら伝えてみた方がいいです。
 
私の両親が少し前にある大手旅行会社のパッケージツアーでオーストラリアに旅行に行った時の話です。
 
両親は旅行会社のパックツアーだから座席も全部自動で割り振られるんだろうと思い込み、当日まで何も座席希望を伝えませんでした。
 
そしていざ飛行機に乗る当日。
 
両親の座席は真ん中の4人掛けの席のど真ん中。
 
なのに他のツアー客たちはみんな、夫婦そろって端の3人掛けの席の窓際+真ん中、もしくは通路側+真ん中、という座席。
 
他のツアー客たちはみんな、旅行会社に座席希望を伝えていたそうです。
 
私の両親は海外在住経験ありですし、海外旅行回数は数知れずの超海外ベテラン夫婦なので、私は当然、両親も飛行機の座席については熟知してると思ってましたが、まさかの無知・・・。
 
こうして他のツアー客は快適な空の旅となり、私の両親はど真ん中で、おまけに両端におデブな外国人が座った為、超窮屈な飛行機の空の旅を経験したわけです。
 
 
今回みたいに、たとえパッケージツアーだとしても、旅行会社やパックによっては、座席の希望を聞いてくれますので、まずは申し込んだら座席希望を伝えてみるようにして下さい。
 
また、以前の私みたいに「パニック障害を経験していて、飛行機が怖いから通路側でないと飛行機乗れない」といった事情がある場合は、絶対に旅行会社に掛け合った方がいいです。
 
ちなみにパニック障害を克服した今、私は飛行機が怖くて、という気持ちよりも「お手洗い近くないとイヤ」という情けない理由から必ず通路側を予約してます。
 
でもパニック障害の名残なのでしょうかね、通路側に座っている方が「いざという時に逃げれる(何から?!)」という安心感があるんです。
 
子どもの頃は窓側が大好きでしたけど、今の私にとって窓側というのは逃げられない場所に追い込まれてる感覚があって、全然魅力を感じない座席です。
 
やっぱこれパニック障害の名残でしょうね、うん、でも飛行機問題なく乗れてるから良しとします。
 
 
ということで、航空券だけを購入する場合は、旅行会社では手数料取られるので自分で航空会社のウェブサイトで購入した方が絶対にいいです。
 
そして航空券購入時に座席も予約してしまいましょう。
 
もしもパッケージで旅行会社に申し込む場合も、座席の希望や、やむを得ない事情がある場合は、必ず旅行会社に伝えましょう。
 
飛行機の中を快適に過ごせたかどうかは、旅行の思い出にも関わるので、ぜひ快適な空の旅を過ごしほしいと思います。
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す