東京オリンピックの英語ボランティアに必要なのはTOEICと○○

h00036_main
出典:「www.nippon.com」
 
2020年に開催される東京オリンピック。
 
世界中から沢山の外国人観光客が日本にくるこのイベントでボランティアをして、英語を使って国際交流したい!という人は沢山いると思います。
 
あわよくば素敵な外国人男性と出会いたい!とちゃっかり思ってる人も人もいると思います。
 

 


スポンサーリンク






 
ボランティアではTOEICの点数が審査に影響するとも言われてますし、TOEICの点数あった方が有利なのならば勉強頑張った方がいいに越したことはありません。
 
でも私は、外国人と国際交流をしたい日本人には、TOEICよりも大切な事があると思っています。
 
そのことについてお話しする前に、まずは2020年の東京オリンピックのボランティアについて公式サイトからの情報をお伝えします。
 

東京オリンピックのボランティア情報について

 
●東京オリンピックの開催期間
2020年7月24日(金)~8月9日(日)
 
パラリンピックは2020年8月25日~9月6日(日)
 
●ボランティアの募集開始時期:2018年夏頃
 
東京オリンピックのボランティアについての最新情報は、公式サイト「東京都オリンピック・パラリンピック準備局」のウェブサイトを随時確認してください。
 
 
2020年の東京オリンピックのボランティアは大きくわけて2種類あります。
 
1.大会ボランティア
 
・業務内容:観客サポート、メディアサポート業務
・場所:競技会場、選手村
・募集人数:8万人
 
大会ボランティアは運営主体である(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が募集・運営を行います。
 
 
2.都市ボランティア
 
・業務:観光案内、交通案内
・場所:空港、駅、観光スポット
・募集人数:1万人以上
 
 
1の大会ボランティアの方は英語でのコミュニケーション能力が必須の業務です。
 
TOEICの点数で言うと、通訳業務に応募できる最低点の730点は必要だと思います。
 
 
なので英語のスキルがないけど外国人と交流を図りたい、国際交流をしてみたい、という方は2の交通案内等のボランティアに応募することになります。
 
そしてこのボランティアなのですが、東京オリンピックに限らずどこの国での開催時も、とんでもない倍率で狭き門と言われています。
 
特に私が思うのは、この2020年の東京オリンピックは他の開催国以上にボランティアの応募がとんでもないことになるんじゃないかと。
 
外国人と国際交流を図りたい、国際結婚したい、英語話せるようになりたい、等とにかく海外に対する憧れをもってる日本人てめっちゃクチャ多いです。
 
私のブログでもしょっちゅう相談頂きますし、実際に私の周囲でもこういった想いを抱えてる人は沢山います。
 
でも日本は島国なので、そもそも外国人と出会い交流する機会自体がないですし、海外に比べて年齢というもので判断をされる国なので、10代や20代前半で海外に行くチャンスを逃すと、海外に行きたくても行けない状況になります。
 
ワーホリ行ったら単なるブランクと言われるとか、30代40代で語学留学なんて時間と金の無駄とか、そういった意見もネットで沢山見かけます。
 
さらに日本の社会と言うのは横へ習え、の教育なので、一度人と違う道を行くとまるで人生一巻の終わりのような価値観さえ植えつけられます。
 
事実、ワーホリや語学留学に行って帰国したからといって、英語に携わる仕事につける人は一握りですし、せっかく海外生活や世界に興味を持っても一歩踏み出せる人はごくわずかです。
 
 
そんな日本人の人達にとって、2020年の東京オリンピックの英語ボランティアというのは最高の国際交流のチャンスとなります。
 
だから私は、ただでさえ狭き門のオリンピックボランティアですが、2020年の東京オリンピックはさらにとんでもない倍率になると思います。
 
だからと言って、せっかく国際交流や英語に興味を持ってる方たちにボランティアの応募を諦めてほしくありません。
 
狭き門だけど、応募しない事にはそれこそ1%の可能性さえなくなってしまいます。
倍率すごいと思いますが、でもせっかくのチャンス、応募するという一歩を踏み出してほしいと思います。
 
 


スポンサーリンク






 
 

日本人に必要なのはTOEICの点数より「度胸」

 
前置きが長くなりましたが、冒頭でお話しした、外国人と国際交流したい人にTOEICの点数よりも必要な事。
 
それは「度胸」です。
 
「英語を話す度胸」です。
 
勿論、TOEICの点数を今からでも勉強してあげといた方が良いのは、言うまでもありません。
 
おそらくオリンピックのボランティア募集の1次審査は書類選考になると思いますが、日本はなぜか様々な企業はじめ、スピーキングよりもテストの点数というものを重視するので、TOEICの点数が高いほどアピールポイントにはなると思います。
 
海外じゃTOEICなんて言っても通じないんですけどね。
そもそもTOEICってなぜか一番大事なスピーキングがないから、点数高くても英語全く話せない人沢山いますし。
 
 
ちなみに、履歴書に書いてアピールできるTOEICの最低点数は680点と言われてますが、この点数ってぶっちゃけ海外行かなくても、独学で勉強しても取れる点数です。
 
なぜなら私が独学で日本で680点取ったからです。
 
ワーホリでカナダに行く前の私の英語は、もー酷かったです。
 
なので自分の英語の酷さに危機感を感じ、ワーホリ行くためのお金を貯めながらも、独学で英語必死に勉強しました。
 
英会話スクールなんて高いとこは一切通ってません。独学です。
 
留学経験ゼロ、英語力も超初心者レベルだった私は、約10か月ひたすら英語を勉強してました。
 
ワーホリ行く前にせっかくだから自分の英語力がどれくらいか腕試し、という事でTOEICを受験して、680点取れました。
 
でもいざカナダに行ったら、TOEICの680点なんて全く役に立たず、ネイティブの英語が全く聞き取れないというのを目の当たりにして、日本人が英語できない理由の1つはTOEICというワケわからんテストに縛られてるからだろう、という事を体感したわけです。
 
 
とはいえ、オリンピックの募集でTOEICの点数が条件に入るのなら、やはり点数取っておくことが必要ですよね。
 
だからもし書類選考で少しでも通過する可能性を高めたいなら、TOEICに関しては勉強してください。
頑張ったらちゃんと結果は付いてきます。
 
 
でも、私がここで伝えたいのはTOEICの点数云々じゃありません。
 
私は、先ほどから話してるように、日本人の方にはまず「英語に対する度胸」をつけてほしいと思っています。
 
なぜなら日本人が英語が出来ない最大の理由は「度胸」がないからです。
 
発音変だから恥ずかしい、間違えたらどうしよう・・・と、とにかく英語を話すことに抵抗を持ちすぎです。
 
もっと話せるようになってから会話する、という人もよくいますけど、そんなこと言ってたら永遠に外国人と会話なんて出来ません。
 
外国人はぶっちゃけ変な英語話そうが、日本人が思うほど気にしません。
 
むしろ笑われたっていいじゃん、て私なんかは思います。
だってネイティブじゃないんだから発音変で当たり前だし、逆に外国人の日本語の発音だって変な人沢山いるじゃないですか。
 
 
でも日本人の性質的になかなか多くの人はそうは思えないので、せっかく英語を話す機会に出会っても話さないままだったりします。
 
勿論、それは仕方ない事だと思います。
日本は島国ですし、外国人と触れ合う機会がなさすぎるから、外国人そのものに対する免疫がそもそもありません。
 
 
だからこそ私は2020年の東京オリンピックをきっかけに、もっと日本人が世界と国際交流してくれたら、と思ってます。
 
 
で。。。何もボランティアをする事だけが外国人と国際交流するチャンスではありません。
 
そりゃボランティアとして採用されれば最高ですけど、不採用だからといって国際交流のチャンスがゼロになるわけじゃないんです。
 
だってオリンピックの開催中は、とんでもない数の外国人観光客が日本に来るわけですよ。
 
ボランティアやってなくても、道を聞かれたり助けたり、という機会たくさんできると思います。
 
でも、その時にまだ英語に対する度胸がないままだったら、結局話しかけられずに終了・・・という事になります。
 
 
だから私は、ボランティアで採用・不採用関係なく、今から英語に対する「度胸」を少しずつ身に着けていってほしい、と思ってます。
 
いきなり度胸を身に着けるなんて無理です。
だからこそ、まだ2020年まで時間はあるから、少しずつ身に着けてほしいと思うんです。
 
 

度胸を身に着ける機会は意外と身近にある

 
英語に対する度胸を身に着けるには、当然、外国人と英語で会話する習慣を身に着けることが必要です。
 
ここで多くの方が考えるのが、国際交流パーティーやイベントなのですが、「真面目な外国人ゼロ!国際交流パーティーの怖い実態と口コミ体験談」の記事で詳しくお話ししてますが、国際交流パーティーと言うのは、ナンパ目的の外国人が集まる場所なので、楽しく英語で交流、というのは難しいです。
 
彼らはいかにカモになる日本人女性を見つけるか、しか考えていないからです。
 
しかもそういった外国人に群がる日本人女性も沢山いるので、そもそも一対一でゆっくり会話する、という事自体が難しいです。
 
 
私がおススメするのは、インターネットで語学交換の相手を見つけてじっくり会話する、という方法です。
 
私自身ワーホリでカナダに行く前、インターネットサイトで出会った外国人達と沢山会話してきました。
 
まあ、そのうちの一人が今の旦那という、ぶっ飛んだ出会いまでしてしまったワケですが。。。
 
インターネットサイトは別に男女の出会いを求めてる外国人だけでなく、語学交換相手を探してる人たちも沢山います。
 
そして意外にも、インターネットサイトで出会う外国人というのはリアルな国際交流パーティーで出会った外国人たちに比べて、はるかに真面目な人が多いです。
 
 
なので、きちんと真面目な外国人と友達になって語学交換したい、というのであれば私はインターネットサイトをお勧めします。
 
そしてあわよくば素敵な外国人男性とも出会えたら・・・という方にもインターネットサイトはお勧めです。
 
私はインターネットサイトで知り合った真面目な外国人達のおかげで、語学交換を本当に楽しめましたし、おかげでカナダに行く前に相当な度胸が身に付きました。
 
さらにはまさかの未来の旦那ともインターネットの語学交換を通じて出会ったわけです。
 
 
語学交換出来るインターネットサイトは沢山ありますが、私がおススメするのは「マッチ・ドットコム」というサイトです。
 
外国人の会員数が圧倒的に他のサイトに比べて多いこと、運営がしっかりしてる為に不審会員は強制退会させられるので、他のサイトに比べて安心して利用できます。
 
 
興味のある方はコチラの詳細を参考にしてください。↓↓
外国人の友人・パートナー探しなら「マッチ・ドットコム」
 
 
一週間程度の休みなら取れる、と言う方には私は短期留学も超お勧めしてます。
 
異国の地で外国人に囲まれて一週間生活すれば、嫌でも英語を話す度胸がつきます。
 
何より島国を飛び出して、全く異なる価値観を持つ世界中の人たちと交流した経験は、必ずアナタの世界を広げて一生の宝物になります。
 
 
格安で綺麗な英語を学びたい!という方はこちらを参考にしてください。↓↓

 
 
 
国際結婚特集です。興味ある方はコチラ↓↓

konkatsu

 
 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す