スピルバーグの悪い癖がまた・・・BFGあらすじとネタバレ感想

 
巨匠スティーブン・スピルバーグとディズニーがコラボをしたファンタジーアドベンチャー大作『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(原題:The BFG)が9月17日から公開。
 
原作は大ヒット映画『チャーリーとチョコレート工場』の原作で知られるロアルド・ダール。
 

 


スポンサーリンク






 
「スピルバーグ監督が久々に子ども心溢れるファンタジー映画を製作した!」と海外の映画ファンが大騒ぎの今作ですが、私含め周囲の外国人映画ファンの中で騒がれてる事がもう一つ。
 
BFG役の俳優さんです。
 
予告編動画を映画館で観た時は誰か全然気づかず、後からキャスティングを知ってビックリしました。
 
BFG役の俳優さんについて語る前に、まずはあらすじです。
 
 

映画『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』あらすじ

 

BFG1
出典:「movieweb.com」
 
両親を亡くしロンドンの施設で暮らす好奇心旺盛な10歳の少女ソフィー。
 
ある真夜中、窓から街の様子を見ていたソフィーは窓から侵入した巨大な手に連れ去られてしまう。
 
ソフィーを連れ去ったのは心優しい身長7メートルの巨人BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)で、彼は夜ごと子ども達に夢を送り届けて居た。
 
BFGと仲良くなったソフィーは、子ども達に夢を吹きこむというBFGの仕事を手伝うために「夢の国」へ出かけて世界中の子どもたちに夢を吹きこむ。
 
ひとりぼっちだったソフィーは孤独なBFGと心を通わせ2人の間にはいつしか絆が生まれていく。
 
だがこの国にはBFGより大きく獰猛な巨人たちも住んでいた。
 
悪い巨人達からソフィーを守る為BFGはソフィーを施設に戻すことを決意するも、ソフィーはBFGに悪い巨人たちをやっつけようと話すのだった。
 
 


スポンサーリンク






 
 

BFG役の俳優マーク・ライランス

 
今作でBFGを演じてるのはマーク・ライランスという俳優ですが、彼は実はすでにスピルバーグ監督との仕事は2度目。
 

BFG2
出典:「www.telegraph.co.uk」
 
スピルバーグ監督といえば、気に行った俳優を何度も起用する事で有名で中でもトム・ハンクスとはスピルバーグ作品には何度も起用されています。
 
そして今回2度目の起用となったマーク・ライランスという俳優・・・2016年1月に公開された『ブリッジ・オブ・スパイ』でソ連のスパイ・アベルを演じアカデミー賞助演男優賞の受賞が記憶に新しい俳優です。
 
2016年のアカデミー賞はレオ様の悲願のアカデミー賞主演男優賞に話題が集中しましたが、助演男優賞のマーク・ライランスの演技も素晴らしいものでした。
 
あの名優トム・ハンクスと互角に演技で渡りあり、作品に深みを与えたのは間違いなく彼の功績も大きい。
 
ソフィー役のルビー・バーンヒルもメッチャ可愛いですが、私は個人的に今回もマーク・ライランスという俳優の演技が見れるのがメッチャ楽しみです。
 
そしてまた早くもスピルバーグと3回目の仕事をいつするのだろう、トム・ハンクスとの再共演もあるんじゃないかと違う部分でワクワクしてるハリウッドオタクです。
 
 

※追記『BFG(ビッグフレンドリージャイアント)』ネタバレ感想

 
スティーブン・スピルバーグといえば数々の名作を世界に送りだして来た名監督ですが、その分結構イマイチな作品もある監督、というのが私の認識です。
 
ここからはあくまで私個人の意見ですよ。
 
 
『タイタニック』『アバター』『ターミネーター2』などを手掛けてきたジェームズ・キャメロン監督は、私はエンターテイメント界の神の1人だと思っています。
 
ジェームズ・キャメロン監督の作品は毎回バランスがとれていて、どの作品も老若男女問わずに満足出来ます。
 
それは彼が「人が何に心を打たれるか」「人に感動を届けるには何が必要か」というエンターテイメントの神髄を理解してる監督だからだと思います。
 
 
一方、スティーブン・スピルバーグという監督は私にとっては、作品によって出来がすごく左右される監督です。
 
スピルバーグ監督はエンターテイメントに徹してくれるとメチャ面白い作品になるんですよ。
 
『ジョーズ』とか『メン・イン・ブラック』然り、彼の場合は下手にメッセージ性を含まない映画はメチャクチャ面白いんです。
 
ところが『AI』とか『ターミナル』とか、何かしら彼自身の伝えたいメッセージを込めた作品を撮ってしまうと「結局何が伝えたかったの?」と消化不良な作品になります。
 
だから私の中でスピルバーグ監督という人は「エンターテイメントに徹してくれたら超傑作を創ってくれる人」だと思っています。
 
 
そして今回の『BFG(ビッグフレンドリージャイアント)』。
 
予告編を観た時点で「ああ、また独りよがりなメッセージを込めてしまったか。。。」と感じたので、あまり期待しないで観に行きました。
 
そして鑑賞してみてやはり『AI』同様、「何を言いたかったんだろう?」と思う作品でした。
 
スピルバーグ監督の「僕の独りよがりなメッセージを込めてみたから汲みとってね」という観客に投げる悪い癖が出てしまったなあ。。。と。
 
誤解ないように言っておくと、私はスピルバーグ監督は名監督だと思いますし、彼の作品で好きなものは沢山ありますよ。
 
「ジョーズ」「メン・イン・ブラック」「バック・トゥー・ザ・フューチャー」などは超傑作だと思います。
 
 
 
児童文学ファンタジーというジャンルなので細かい事言うのも野暮なんですが、100歩譲ってもどうしてもツッコミどころが多かった。
 
なぜ巨人という存在が現れたのか、なぜBFGだけは報われないながらも「子どもに夢を届ける」という事を続けているのか。
 
なぜ以前にさらった男の子が悲劇を迎えたという経験を持ちながら、またソフィーをさらっては他の巨人達の脅威から守ろうとするのか、それなら最初からさらわなきゃいいんじゃないか。
 
自分の正体をバラされることよりもソフィーの安全を優先したいのなら、さらっては以前の男の子の二の舞になるであろうに。
 
せっかくソフィーを安全な人間の街に戻したのに、何の策もなくまた巨人の国に連れかえって危険な目にあったり。。。
 
そして英国王室での展開は確かに笑えて面白いんだけど、尺が長い。
 
その割に人食い巨人達の捕獲劇が短い。
 
さらに「よくBFGあんな堂々と毎晩人間の街に来て人間に見つからなかったなあ」という疑問。
 
 
「辛い状況でも未来を諦めちゃダメだよ。頑張り続けたら必ず素敵な未来が待ってるから」的なメッセージを子ども達に(大人達にも?)届けたかったのかなーと思うのですが、鑑賞して数日後に唯一印象に残ってるのは英国王室でのおフザケシーンのみ。
 
 
スピルバーグ監督の『ターミナル』もそうだったんですが、あまりに穴だらけの設定を見せられてしまうと疑問が湧き過ぎちゃうんですよね。
 
「児童ファンタジーなんだからつべこべ言わずに楽しみなさいよ。これは”何となく”優しい映画なのよ。それでいいのよ」と言われたらその通りなんですが、それにしても気になる点が多すぎて。
 
で、こういったスピルバーグ作品の一番残念な点は「誰にも感情移入出来ない」という事。
 
これはキャラクター命の少年漫画家をやっていた私の職業病なのかもしれませんが、キャラクターに感情移入出来ない映画というのは鑑賞後に何も残らないんです。
 
 
むしろエンターテイメントに徹した「メン・イン・ブラック」シリーズのKとJの方がよほど感情移入出来ましたし、「ターミナル」のラストよりも断然「メン・イン・ブラック」のJとKの別れの方が心打たれました。
 
 
同じ児童ファンタジーというジャンルでも、『ナルニア国物語』は超傑作ですしメチャクチャ面白かったし(特に第一章)、ちゃんとメッセージも伝わってきます。
 
 
色々と書いてしまいましたが、決して駄作ではないし、楽しめる人は沢山いると思います。
 
ただ私は個人的に、スピルバーグ監督の「メッセージ込めてみました」的な作品は毎回消化不良で終わっていて、今回も消化不良というかツッコミどころ満載だったなーというのが正直な感想です。
 
 
色々と書きましたけど、でも映像は綺麗で素敵でしたし、子ども達も楽しめる優しい映画だと思うので☆5点満点中☆3点。
 
あ、あとマーク・ライランス演じるBFGの演技はメッチャ良かったと思います。
 
 
 
★この機会に人気映画を無料で観ちゃおう↓↓
 
⇒「31日間無料キャンペーン中♪人気映画・懐かしの名作見放題」はコチラ
 
 
 
 

 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す