ルークもレイも闇堕ちせず!スターウォーズ8/最後のジェダイねたばれ感想

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
公式予告動画↓↓

 
2017年12月15日公開のエピソード8「スターウォーズ/最後のジェダイ」(原題:Star Wars: The Last Jedi)。
 
公開初日に超満員の劇場で観てきました。
 
レイの親は誰だったのか、「最後のジェダイ」とは誰の事を指すのか、といった注目ポイントもありつつの個人的に本作は泣きポイント満載でした。
 

 

「スターウォーズ/最後のジェダイ」ネタバレあらすじ

 

出典:「Disney Australia Movies」
 
帝国軍ファーストオーダーの猛攻に共和国軍のレジスタンスの戦いは苦戦を強いられていた。
 
ポー・ダメロンの好戦によりレジスタンスは戦闘から逃れる事に成功し、ファーストオーダー軍の大艦隊にダメージを与えたものの、多くの犠牲を払う結果となりレイアは心を痛めていた。
 
 
一方、ルーク・スカイウォーカーはジェダイ騎士団を再建しようと試みたものの悲劇の結果となり、辺境の惑星に身を潜めていた。
 
レイはルークに一緒にレジスタンスに戻って欲しいという事、目覚めたフォースの力の使い方が分からないので師匠になって欲しいと毎日説得するもののルークは拒否。
 
チューバッカの出現によりハン・ソロの死を知り衝撃を受けるルーク。
 
ミレニアム・ファルコン号の中でR2D2と再会したルークは、R2D2が彼に見せたホログラムにより心が動き、レイの修行をする事を決意した。
 
 
レイにより顔に大きな傷を負ったカイロ・レンは自分の弱さ・過去を葬るべくレジスタンス攻撃へと向かう。
 
カイロ・レン率いるファーストオーダーの突然の攻撃によりレジスタンスは大きなダメージを喰らい、レイアも意識不明の状態へと陥る。
 
レイアの居ないレジスタンスを率いるべく、ボルドー中将が指揮を執るもののポーは彼女のやり方が気に入らなかった。
 
 
 
昏睡状態から目覚めたフィン。
 
女性兵士ローズと出会った彼は、ファーストオーダーの持つワープ信号を読み取る機能を発見する。
 
この機能がある限りレジスタンスが何度ワープを繰り返そうとファーストオーダーから逃れる事が出来ない為、フィンとローズは機能のロックを外す事を考える。
 
マズ・カナタからロックを解除出来る人物がギャンブルの惑星に居ることを知った2人はその惑星へと向かう。
 
 
 
レイの中に強大なフォースを感じたルークは、かつての弟子ベン・ソロ(現カイロ・レン)からも同じフォースを感じたと言う。
 
レイはフォースの力によりカイロ・レンとフォースを通じて会話が出来るようになり、ベンは「ルークに襲われた為、彼を倒すべく強大な力を使った」と告げ、自分と一緒に来ないかとレイを誘う。
 
ルークにより2人のフォースの会話は中断されるも、レイは何故ルークにベンを襲ったか尋ねる。
 
ベンの強大すぎる力と彼の未来を見たルークはベンを殺そうとしつつも躊躇したが、ルークに殺されると感じたベンの方が攻撃をしてきたと話す。
 
レイはベンと分かりあえるはずだと信じ、ルークの声も聞かずにベンの居るファーストオーダーの艦隊へと向かった。
 
 
去ったレイをみたルークは、やはり弟子を取るべきではなかったと思いジェダイの教えが書かれた書物に火を付けようとするも躊躇してしまう。
 
そんなルークの前にフォースと一体化したヨーダが現れ書物をすべて燃やしてしまう。
 
ヨーダはルークに大切な事は書物ではない、逃げてはならないと告げる。
 
 
 
ファーストオーダーの艦隊に辿り着いたレイを迎えたベンは、彼女に手錠をかけスノークの元へと連れていく。
 
スノークはレイに暗黒面に加わる様に告げるもレイは拒否。
 
フォースの力でレイを苦しめるスノークだったが、突如ベンがライトセーバーでスノークを殺害。
 
レイとベンは共にスノークの部下達を倒し、レイはベンにレジスタンスに戻ってほしいと伝える。
 
しかしベンはレイに共に宇宙を支配しようと言い、レイが拒んだ事によって2人は対立する。
 
 
 
フィンとローズはワープ信号を読み取る機能を解除出来る人物DJと出会え、変装してファーストオーダーの艦隊に侵入。
 
ところがフィンの元上官キャプテン・ファズマにより捉えられ、更にDJが裏切って居た事が判明。
 
フィンはキャプテン・ファズマと対決し見事に彼女を倒すも、ファーストオーダーの猛撃により本船のみとなったレジスタンス軍のホルダー中将は、皆を小型線に乗せ離脱させ自らは本船に残る。
 
しかしDJからの裏情報によりレジスタンス軍が本船を捨てて小型船で逃げている事を知ったファーストオーダーは、小型船への攻撃を開始した。
 
小型船への攻撃を見たホルダー中将は、自ら本船と共にワープを使いファーストオーダーの艦隊に特攻攻撃をし、おかげで小型船はレジスタンスの基地へと辿り着く。
 
 
 
スノークの部屋へと向かったハックス将軍は、スノークの死んでる姿をみるも、そこにレイの姿はなかった。
 
目を覚ましたベンは自分がファーストオーダーの指揮を執ると言い、スノーク達と共にレジスタンスの基地へと向かう。
 
 
フィン、ローズも無事にレジスタンス基地へと合流し、ファルコン号に乗ったレイとチューバッカも到着。
 
しかしファーストオーダーの強力な兵器によりレジスタンスの屈強な防御扉も破壊され、ローズはフィンを庇って重症になり防御扉も消滅。
 
このままファーストオーダーに全員殺されると皆が思った時ルークが現れる。
 
 
レイアと対面したルークは、たった一人ファーストオーダーへと向かう。
 
ベンの命令によりルークに一斉砲撃を仕掛けるもルークは無傷だった。
 
自らルークと対峙する為ベンは船を降り、レジスタンスは皆殺しにすると告げる。
 
するとルークは最後のジェダイは自分ではなく、新たなジェダイが既に居ると伝える。
 
ルークの言葉に激怒したベンはルークを刺すが、ルークには通用しない。
 
ルーク自身は実は辺境の惑星に留まっており、ベンの目の前にいるのはフォースと一体化したルークだった。
 
 
ルークとベンが対決してる間にレイはレジスタンスをファルコン号に乗せる。
 
ベンと再びフォースで繋がったレイだが、彼女はフォースの会話を切り、ベンが基地の中へ入った時には全員脱出した後だった。
 
 
フォースを大量に使い一体化したルークは死に、生き延びたレイ達は改めてファーストオーダーと戦う決意を固めるのだった。
 
 
 


スポンサーリンク






 
 

「スターウォーズ/フォースの覚醒」ネタバレ感想

 
まず最初に。。。
 
面白かった!!前作「フォースの覚醒」よりも更に面白かった!!
 
 
チューバッカと愛らしい新キャラ・ポーグの絡みに笑い、ホルダー中将やローズらサブキャラ達の特攻エピソードに涙し、レイとカイロ・レンのタッグにゾクゾクさせられて、とにかく一切飽きずにあっという間の2時間半でした。
 
レイの親の正体がルークやハン・ソロ、敵側の誰かといったメインキャラではなく、「酒飲む金欲しさに娘を売った名もない普通の人間」という設定も個人的に凄く良かった。
 
 
ポー・ダメロンの暴れっぷりも見ていて気持ち良かったし、フィンVSファズマ、レイ&カイロ・レンVSスノークの部下、ライトセーバー戦も沢山盛り込まれていて・・・
 
そしてラストはやはりお約束!【師匠VS弟子】対決。
 
カイロ・レンとルークが戦うシーンでは、エピソード3のオビ・ワンVSアナキンの師弟対決も思い出してしまい、より感極まりました。
 
 
そして、ルークとレイアの対面シーンが最高だった。
 
そもそも私は今作、もうレイアが冒頭から出てきた瞬間から涙だだ漏れ。
 
キャリー・フィッシャー9作目で出たかっただろうなあという想いが込みあがり過ぎて、レイアが出る度にもうずっとやばかった。
 
そんな中でラストについにルークとレイアが対面を果たして、ルークもハン・ソロに続いて死んでしまって、2人の想いも背負ってレイアは生き延びて・・・
 
そうか、9作目にはもうハン・ソロもルークもレイアも誰もいないのか。。。
 
でも今作は何か新世代のスターウォーズを観れた感があって、元主役の3人は居ないけど彼らの意思を継いだレイ・フィン・ポーの新主役3人が物凄く頼もしく成長してくれたので、安心して彼らに任せられるな、と。
 
世代交代をして、いよいよ新スターウォーズ起動開始というワクワク感も残してくれました。
 
 
公開前から出演者達が【今までにない衝撃がある】とインタビューで語っていたので
 
1、ルークがダークサイドに堕ちてカイロ・レンがレイと共に光の道へ
2、レイがカイロ・レンと共にダークサイドに堕ちる
 
のどちらかのエピソードで物語は幕を閉じるのかなとハラハラしつつも怖くて、今回は超絶モヤモヤが残ったまま後2年待たないといけないのかしら、なんてオロオロしていましたが・・・いや流石というか、希望を感じる爽快なラストで良かった。
 
ルークがダークサイドに堕ちないで、オビ・ワンやヨーダと同じ道をたどってくれて良かった。
 
レイがカイロ・レンと共に落ちずに光の道をつき進んでくれてよかった。
 
 
 
そして私はホルダー中将の特攻シーンがマジ泣きしてやばかった。。。鼻水が止まらなくてどうしようと思った。
 
ああいうシーンはもう、映画でも漫画でも本当にダメです。鼻水ズルズルになります。
 
 
0.001%位密かに期待していた、ハリソンフォード演じるハン・ソロとヘイデン・クリステンセン演じるアナキン・スカイウォーカーの復活はやはりなかったけど、でも十分にお腹いっぱいで大満足でした。
 
 
スターウォーズならではの王道路線は守りつつも凄く新鮮な作品なので、本当にスターウォーズシリーズ観た事ない人にも観てほしい。
 
2019年公開予定のエピソード9がメッチャ楽しみです。
 
 


スポンサーリンク






 
 

ダブルブレイクを果たした2人の新星

 
star-wars-episode-8
出典:「www.enstarz.com」
 
レイ役のデイジー・リドリーとフィン役のジョン・ボイエガ。
 
ともに1992年生まれの23歳という若さで、世界的大作の主役に大抜擢された2人。
 
デージー・リドリーはレイ役に大抜擢された時、まだインディーズ映画に出演したばかりの新人。
 
本人は友人からレイ役のオーディションの話を聞いてオーディションを受けたそうですが、彼女が『フォースの覚醒』のオーディションを受けた時、製作者キャスリーン・ケネディーは「彼女こそがレイ」と直感したそうです。
 
レイ役が決まった時、エーブラムズ監督に「これでキミの人生が変わるよ」と言われたそうです。
 
 
フィン役のジョン・ボイエガも、一部では知られていた存在だったものの、フィン役をゲットした時は、まだまだ無名の新人。
 
彼は7か月に及ぶ厳しいオーディションの後に、エーブラムズ監督から「もしもこの役につけたとしたら、それ相当の覚悟はあるか?」と聞かれ、「何でもやります」と答えたそう。
 
そして答えた直後に、エイブラムス監督から「スターウォーズの新しい主役は君だ」と言われたそうです。
 
ジョン・ボイエガ本人は雑誌のインタビューで、この時の事を「その瞬間すべてが止まったように感じた」と答えてますが、むしろよく気絶しなかったな位のとんでもない瞬間ですよね。
 
スターウォーズですよ?!!
ハリウッド映画の主役にいきなり抜擢されるだけでもヤバイのに、あの世界的超大作スターウォーズですよ!!
 
 
そして2人とも見事に人生変わっちゃいましたからね。まだ23歳という若さで!
 
エピソード7が全米歴代興行収入1位の大偉業を達成しましたし、まだまだスターウォーズフィーバーは続いてくので、デージー・リドリーとジョン・ボイエガ旋風ももっと凄くなってくでしょうね。
 
 
ちなみにデージー・リドリーって、パドメを演じたナタリー・ポートマンに似てませんか??
見た目も雰囲気も。
 
だからといって、デイジー・リドリーがレイ役に大抜擢された理由は、ナタリー・ポートマンに似てるからではありません。
 
私はてっきり似てるからかな、なんて思ってましたが彼女がレイ役を掴んだ理由を知ってもう、ナメた予想してすみませんでしたー!!って土下座したい位です。
 
やはり相当凄まじい努力をされてきてます。
 
その辺りについては「デイジー・リドリーがスター・ウォーズのレイ役を掴んだ理由」で熱く語ってますので参照してください。
 
 
 

スターウォーズ関連の他の記事

 
 
レイ役で大ブレイクしたデイジー・リドリーについては
「デイジー・リドリーがスター・ウォーズのレイ役を掴んだ理由」を参照してください。
 
 
『スターウォーズ/フォースの覚醒』ネタバレあらすじ&感想は

「レイはあの人の娘でしょ!スターウォーズ7のネタバレあらすじと感想」

を参照してください。
 
 
2016年に観た全映画ナンバー1の傑作『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』については
『今年ダントツ1番の感動作!ローグワン/スターウォーズねたばれ感想』を参照してください。
 
●スターウォーズ出演者達の、その後と今現在については下記にまとめてあります。
 
若きアナキンを演じたヘイデン・クリステンセンについては

「アナキン役のヘイデン・クリステンセンの今現在 」

を参照して下さい。
 
少年アナキン役を演じたジェイク・ロイドのその後については

「逮捕に偽名!ダークサイドに堕ちたアナキン子役その後と今 」

を参照してください。
 
スターウォーズ嫌いなハリソンフォードがカムバックした理由は

「黒歴史?スターウォーズ嫌いなハリソンフォードが7に出演した理由」

を参照してください。
 
元祖イケメンのルーク・スカイウォーカーのその後と現在は

「スターウォーズ7でも大怪我寸前!事故だらけのマークハミルの現在」

を参照してください。
 
2016年に急遽されたキャリー・フィッシャーについては
「エピソード9は登場なし。キャリーフィッシャー遺作は「最後のジェダイ」」

を参照してください。
 
スターウォーズを観た事がない!という方のために、過去の全6エピソードをまとめました。
また、スターウォーズ基本用語や魅力についても語っています。

「スターウォーズ過去エピソードのネタバレあらすじ!用語と魅力も解説 」はこちら

 
 
 
★『スターウォーズ/フォースの覚醒』
  Blue-ray・DVDはコチラ↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ ハリソン・フォード ]
価格:3628円(税込、送料無料) (2017/3/23時点)

 
★『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』
  Blue-ray・DVDはコチラ↓↓

 
★本編『スターウォーズ/エピソード1~6』+
 「特典Disc3枚」のスペシャルセットBOXはコチラ↓↓

 
 

コメントを残す