ジュラシック・ワールド2/炎の王国あらすじと前作ネタバレ感想

『ジュラシック・ワールド2/炎の王国』
予告編公式動画↓↓

 
2015年に日本で年間最高興行収入を記録した『ジュラシック・ワールド』。
 
3年の時を経て7月13日に続編『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(Jurassic World: Fallen Kingdom)が公開されます。
 

 


スポンサーリンク






 
 
過去のジュラシック・パークシリーズ3作品、前作「ジュラシック・ワールド」とシリーズは全作観てますが、まさにこのシリーズこそ「夏を楽しくしてくれる超一級エンターテイメント」です。
 
SF&アクション大作を描かせたらスティーブン・スピルバーグ作品の右に出るものは無いです。
 
ヒューマンドラマ系はちょっと微妙な作品もありますが、「メン・イン・ブラック」や「ジョーズ」など、とにかくSF&パニックの娯楽映画というジャンルでは、スピルバーグ作品、絶対にハズしません。
 
なので今作も観る前から期待大ですし、シリーズ自体が大好きなのはもちろん、前作からキャストも続投で私の大好きなブライス・ダラス・ハワードをまたスクリーンで観れるのもメチャクチャ嬉しい。
 
※過去シリーズ3作のネタバレあらすじと前作「ジュラシック・ワールド」のネタバレ感想は「ジュラシック・ワールドネタバレ感想」を参照してください。
出演キャストとスピルバーグ監督へのウザすぎる熱い想いも語っています。
 
 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』あらすじ

 

出典:「YouTube」
 
「ジュラシック・ワールド」の大惨事から3年。
 
恐竜たちは自由に島で生活をしていたが、火山が大噴火してしまう。
 
恐竜たちの生死を自然にゆだねるか、危険を冒してでも救い出すか、人間たちは選択を迫られる。
 
そんな中オーウェンとクレアは「恐竜救助計画」の真の目的が恐竜の保護ではなく、恐竜を売買し遺伝子組み換えを行い新種の恐竜を作り出す事だったという陰謀に辿り着く。
 
 


スポンサーリンク






 
 

過去最多の恐竜たちが登場

 

Jurassic World: Fallen Kingdom
Credit: Universal Pictures and Amblin Entertainment

出典:「movieweb.com」
 
前作でオーウェンとの友情にホロリとさせられたヴェロキラプトルのブルーや、T-REXのカムバックは勿論、新種も次々と登場しシリーズ最多の恐竜たちが暴まくります。
 
全シリーズ最高のスリル・スケールになる事必須。
 
 

懐かしの俳優もカムバック!豪華キャスト集結

 
主役は勿論、前作同様オーウェン役のクリス・プラット。
 

出典:「Us Weekly」
 
クリス・プラットといえば「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にも出演して数年前からは想像も出来なかった位に今やハリウッド界でも超売れっ子の一人になりました。
 
 
クリス・プラットと同じく前作から続投するのがクレア役のブライス・ダラス・ハワード。
 

出典:「CinemaBlend」
 
自分と同い年という事もあってメッチャ好きな女優さんの一人ですが、彼女への熱い想いは「ジュラシック・ワールドネタバレ感想」で存分に語りまくってるので、ぜひお付き合い下さい。
 
 
そして、ファンにとっては嬉しすぎる懐かしの出演者!!
 
「ジュラシック・パーク」1,2に出演していたマルコム博士ことジェフ・ゴールドプラムが21年ぶりに今作でカムバック!!
 

出典:「Jurassic Park wiki – Fandom」
 
私的にはマルコム博士といえばカオス理論を展開した事よりも、あのイケメンマスク&筋肉胸板の印象が強烈に残っています。
 
今作でも物語のキーパーソンとなるみたいですが、ちょっと心配なのは「スターウォーズ/フォースの覚醒」のハリソン・フォード然り、「久々に登場=死亡フラグ」パターンにならないで欲しいなという事。
 
 
 
ともあれ2018年の夏はハリウッド病にはたまらない夏になります!
 
今作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」と「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の超面白い2大エンターテイメントシリーズの続編が観れるんですから!!