超絶CGと豪華声優が生む生命賛歌!映画ジャングル・ブックあらすじ

予告編動画↓↓

 
8月11日公開のディズニー・スタジオが放つ超映像革命映画『ジャングル・ブック』
 

 


スポンサーリンク






 
 
予告編を観ただけであまりに壮大な映像美と物語に勝手に涙した私ですが、「ジャングル・ブック」という物語自体には元々思い入れがあります。
 
小学生の時に「ジャングル・ブック/少年モーグリ」というアニメが放映されていて、メッチャ夢中になって観てました。
 
当時エレクトーンのグループレッスンを習っていたんですけど、私含めて他の生徒も皆このアニメが大好きで、それを汲んでくれたエレクトーンの先生が年に一度のエレクトーンの発表会で、このアニメのテーマを演奏させてくれたんですよね。
 
モーグリの育ての母である狼のルーリ(原作ではラクシャという名前)、クロヒョウのバギーラなど、魅力的なキャラクター達、広大なストーリーに子どもながらに夢中になって観てました。
 
なのでこの映画の予告編を初めて映画館で観た時、映画そのものにも感動しましたが、子どもの頃の思い出が見事に蘇ってくれて涙しちゃいました。
 
 

『ジャングル・ブック』あらすじ

 
videothumbnail_thejunglebook2016_disney_eb5a3208
出典:「movies.disney.com」
 
赤ん坊の頃にジャングルに取り残されたモーグリ。
 
クロヒョウのバギーラにより命を救われたモーグリは、母オオカミのラクシャに育てられる。
 
ラクシャから愛情たっぷり注がれ、バギーラから自然で生き抜くための知恵を教わり、ジャングルの子として成長し、幸せに暮らすモーグリ。
 
だがある日、人間への復讐心を持つトラのシア・カーンが現れ、彼はモーグリをジャングルへの脅威とみなす。
 
人間の世界へ戻るべきか、ジャングルで生きるべきか決断を迫られるモーグリ。
 
果たしてモーグリはどんな決断を下すのか。
 
 


スポンサーリンク






 
 

映像革命を起こした驚異のCGと豪華キャスト

 
image_d81b01b1
出典:「movies.disney.com.au」
 
壮大なジャングルのロケ地で撮影されたかと思いきや、なんと主人公のモーグリ以外の動物、背景のジャングルもすべてCG。
 
最先端のテクノロジーによって実現した圧倒的でリアルな映像美・・・映像革命もここまで来ましたか。。。ハアー凄い。
 
映像美もさることながら、豪華声優陣によって命を吹き込まれた動物たち。
 
クマ役のビル・マーレイ、ヘビ役のスカーレット・ヨハンソンら名優達が声を吹きこんでるのも魅力の一つ。
 
 
ちなみに主人公モーグリを演じたのは、2千人ものオーディションから選ばれた12歳の大型新人ニール・セティー。
 
彼はもう、私的には子どもの頃からの少年モーグリのイメージピッタリです。
 
監督は「アイアンマン」シリーズでお馴染の超ヒットメーカー、ジョン・ファヴロー監督。
 
 
オリジナル版のアニメ公開から50年という年月を経て、最先端の技術で見事に蘇った『ジャングル・ブック』。
 
本物のジャングルにいるような臨場感、豪華キャストで織なされる、生命の尊さを描いた生命賛歌、2016年夏の超大作の中でも超楽しみな作品です。
 
2016年7月には一足先にディズニー・ピクサー最新作の「ファインディング・ドリー」も公開ですし、今年の夏もまたディズニーのおかげで映画オタクは楽しい夏が送れそうです。
 
 
 
映画・海外ドラマ好きな人におススメです↓
 
u-next

 
 
 
 

 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す