ミサミサ再登場が嬉しすぎ!2016年版映画デスノートあらすじ

予告編動画(特報)↓↓

 
夜神月=キラ(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の壮絶な頭脳戦を描いた「DEATH NOTE」2部作から10年。
 
まさかの続編『デスノート Light up the NEW world』が10月29日に公開。
 

 


スポンサーリンク






 
映画・前作漫画共にメガヒットとなり社会現象とまでなった『デスノート』。
 
この漫画に夢中になった人は山ほどいると思いますが、私も勿論そのうちの一人。
 
原作漫画はリアルタイムで何度も読み映画も2部作とも劇場で鑑賞しDVDも今も持っています。
 
映画『デスノート』2部作は原作漫画との作りやラストは違えど、本当に素晴らしい出来で、この映画こそが『るろうに剣心』『寄生獣』『バクマン』『ちはやふる』といった、”漫画を原作としながらも映画オリジナルの設定やストーリを盛り込み、且つ名作として世に送りだされた漫画実写映画”の最初の成功例となった作品だと思います。
 
 
当初私は今回の『デスノート Light up the NEW world』の映画化を知った時、観に行く気にはなれませんでした。
 
なぜなら10年前に公開された『デスノート』2部作が最高だったから。
 
正直前半は南空ナオミのキャラ変更とか、月の幼馴染というオリジナルキャラが入ってたことが個人的には受け入れられなかったのですが、後編は素晴らしかったと思います。
 
なので何故今更感がすごくあって観に行こうと思わなかったのですが、予告編を観たら思い切り観に行きたくなりました。
 
Lの意思を継ぐ竜崎、キラの崇拝者の紫苑、デスノートオタクの捜査官の三島の頭脳戦がメッチャ面白そうだったから、という理由ともう一つ。
 
ミサミサこと戸田恵梨香演じる弥海砂が出るじゃないですか!!
 
これは私だけでなく、前作のファンにはたまらなく嬉しいハズ!
 
中村獅童演じるリュークの登場も嬉しいですが、やっぱ私的にはミサミサの再登場が超楽しみ!
 
原作漫画、前作の2部作映画があまりにヒットしすぎているので今作への期待のハードルは相当高いと思いますが、どうか今回も観客の期待を上回る傑作を期待しています。
 
 
映画の公開は楽しみなものの、今作に至っては夫含め周囲の外国人誰一人としてこのワクワクを共有できないのが何とも残念。。。
 
 

スポンサーリンク






 
 

映画『デスノート Light up the NEW world』あらすじ

 
death note light up the new world
出典:「www.cinema-frontline.com」
 
キラとLの壮絶な頭脳戦から10年後。
 
死神により6冊のデスノートが人間界にもたらされ、渋谷・ウォール街・ロシアで相次いで大量の殺人事件が発生。
 
夜神総一郎が立ちあげたデスノート対策本部は彼の死後も引き継がれ、デスノートオタクの捜査官・三島が率いていた。
 
三島の前にLの遺伝子を受け継ぐ名探偵の竜崎が現れ、さらにキラ崇拝者の紫苑の存在も明らかとなる。
 
デスノート6冊をすべて確保したものがデスノートの力を独占できる事が判明し、三島・竜崎・紫苑の壮絶な頭脳戦が始まる。
 
 

原作漫画『デスノート』の伝説

 
全12巻という巻数の少なさながら売り上げ累計は3000万部というモンスター漫画。
 
映画にとどまらず、アニメ、ドラマ、小説、ミュージカルにまでなりました。
 
少年漫画大好きな私は勿論ハマりましたが、驚いたのは少年漫画を一切読まない・・・というより漫画全般があまり好きではない母親がドハマリしたこと。
 
「すごいなデスノート」と超驚いた記憶があります。
 
いやだって私の母親は本当に漫画というものを読まないんですよ。
 
中でも少年漫画というジャンルに至っては興味ゼロどころかマイナスな位ですから。
 
だから私が大学卒業後に少年漫画家目指してからはメッチャ衝突しまくりましたー。
 
それでも5年かけて大手少年誌でついに賞を受賞してからはようやく認めてもらえるようになったんですが。。。
 
 
「デスノート」は色んな名シーンがありますが、私が最も好きというか忘れられないシーンは、ファンなら絶対に共感してもらえるであろう、「南空ナオミさんの最期」です。
 
「さようなら。南空ナオミさん」のキラのセリフを背に、自殺するべくキラの元を去る彼女の後姿、あのシーンは凍り付きました。
 
 
『デスノート Light up the NEW world』は私だけなく、デスノートファンすべての人達が結構厳しい目で観に行く作品だと思いますが、是非とも期待を遥かに上回る面白い傑作であると嬉しいです。
 
 
それにしても・・・デスノートについてメッチャ熱く語りたいのにデスノート知ってる外国人が何故周囲にいない。。。
 
世界中で発行されてるはずなのにいー。。。
 
 
 

 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す