アベンジャーズ参戦!アリえない能力のアントマンのネタバレ感想

予告編動画↓↓

 
 
2015年9月19日に公開されアベンジャーズへの参戦も果たした『アントマン』。
 
身長1.5cmの彼のアリえない能力、映画の感想を述べます。
 

 


スポンサーリンク






 
 
 
続編の『アントマン2』が2018年夏に公開予定。
 
2016年4月29日日本公開された『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』にも既に参戦済みで、2018年4月29日公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも参加決定と大活躍が止まりません。
 
 
そんなアントマンの能力はというと・・・体や武器を縮小出来て、小さくなると動きが俊敏となり、とんでもない破壊力を得る。
 
また、ヘルメットでアリと交信する事ができ、羽根アリにのって移動してた姿はなんか微笑ましかったです。
 
私の夫は外国人ですが、やはり外国人にはこういうのツボらしくて羽根ありで飛んでる姿見てゲラゲラ爆笑です。
ホント笑いの沸点が低いなあ・・・
 
以下アントマンのあらすじとネタバレありの感想です。
 
 
 

アントマンあらすじ

 
ant-man-writer-adam-mckay-marvel-movie
出典:「screenrant.com」
 
バツイチ無職。
 
窃盗罪で逮捕され刑務所から出所したものの仕事はクビになり、別れた家族の養育費も払えない崖っぷち男スコット・ラング(ポール・ラッド)。
 
今度こそ娘の為に真面目になると誓ったものの、まともな仕事にありつけない彼は悪友と共に得意な身のこなしを悪用して金持ちの家に侵入。
 
そこで見つけたのがアントマン・スーツだった。
 
 
世界を脅威に陥れる陰謀を知ったラングはスーツを発明した天才科学者ハンク・ビム博士(マイケル・ダグラス)、彼の娘ホープ(エヴァンジェリン・リリー)の指導の下、特訓を受けて戦う事になる。
 
果たしてスコットは、今度こそ娘の本当のヒーローになる事が出来るのか。
 


スポンサーリンク






 
 

アントマンのネタバレ感想

 
ant-man-marvel-movie-casting
出典:「screenrant.com」
 
実は私、アントマンだけはマーベルヒーローで唯一全く何も期待しないで観に行きました。
 
なんか小さいっていうのが微妙で、スパイダーマンみたいな独特のカッコよさも感じられなかったし、アベンジャーズ観ちゃってたから、あまりに派手なアクションに慣れすぎちゃって
 
きっと地味だろうなー・・・でも一応マーベルだから見とくかー・・・程度の気持ちで映画館に行きました。
 
 
その結果。。。超面白かったです。
全然、他のヒーロー達に引けを取ってない。
 
彼の悪友たちのキャラも面白くて笑えたし、大きくなったり小さくなったりとボンボン姿を変えながら敵をなぎ倒してくアクションシーンもカッコよかった。
 
あと、アリたちを沢山つれて宙をとんでく姿も異様にカッコよくみえたし、アリなのに?アリなのに!アリたちも凄く頼もしかった。
 
 
娘の為に今度こそ生まれ変わりたい、というすごく微笑ましいテーマがよくてストーリーも面白かったです。
 
 

個人的に驚愕の出演者

 
マイケル・ダグラスはすでに日本でも超有名な大物ハリウッド俳優ですが
 
今回私が注目したのが主人公を演じたポール・ラッドとヒロイン役のエヴァンジェリン・リリー。
 
Evangeline-Lilly-Ant-Man-Set-Interview
出典:「screenrant.com」
 
まず、エヴァンジェリン・リリー扮するホープという女性を観た時、「あの特徴的な唇どっかで観たな・・・」と。
 
唇で女優さんを覚えてる程のハリウッド病女なので、もう唇みてから映画みながらずーっと考えてて・・・
 
 
思い出した!!
この女優さん、『ホビット』シリーズで美しき女性エルフ・タウリエルを演じた人だああ!
 
the_hobbit_39902
出典:「www.cinemablend.com」
 
 
そして、主役を演じたポール・ラッド。
なんとなくどこかで観た顔・・・すごい前に、私の大好きな作品で観た記憶が・・・
 
Paul-Rudd-Clueless-Interview-Video
出典:「www.popsugar.com」
 
そうだ!この人、私のバイブル海外ドラマ『フレンズ』で、フィービーのパートナーのマイクを演じてた人だああ!!
 
あまりに『フレンズ』の頃より痩せていてスタイルもよくなってたので全然わからんかった。
 
MV5BMjI4MDk5NzY4MF5BMl5BanBnXkFtZTgwMTY0OTU0MDE@._V1_SX640_SY720_
出典:「www.imdb.com」
 
 
と、別の意味でも1人萌えながらこの映画を楽しんでました。
 
もう続編も公開決定ですし、これでまた大好きなマーベルヒーロー映画作品が増えて嬉しい限りです。
 
 
 

 
 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す