国際結婚や日本国籍の子どもはミドルネームを登録できるのか?

Marriage_after_babies
 
 
国際結婚した人、
日本国籍の
ハーフの子どもは
 
日本でミドルネームを
持つことが
出来るんでしょうか?
 


スポンサーリンク






 
 
 
結論から言うと
持てません。
 
 
そもそもミドルネームを
持てる国と言うのは
二重国籍を
認めてる国であって
 
日本は二重国籍を
認めてないので
ミドルネームは
持てません。
 
 
 
また、例えば
日本人同士の
夫婦だとしても
 
その夫婦が
アメリカで暮らしてて
子どもが産まれた場合は
 
その子どもは
二重国籍を持てるので
ミドルネームを
持てます。
 
 
 
私の相方の祖国
ポーランドは
二重国籍が
認められてるので
 
私の名前は
ポーランドでは
 
夫の苗字(氏)

私の旧姓
(ミドルネーム)

私の名前(名)
 
となっていますが
 
 
 
日本では
「氏」「名」
しか持てないので
 
夫の苗字にするか
自分の苗字を残すか
選択をするワケです。
 
 
 
で、前回の記事で
私は夫の苗字を
選んだと述べました。
 
※国際結婚後の手続きを
読まれてない方は

「外国で国際結婚後の日本での手続き1。婚姻届け編」

も参照して下さい。
 
 
 
結論として
私は夫の苗字に
落ち着いたワケですが
 
私の中に
突然浮かんだ名前
 
「クルム伊達公子さん」
 
あの人の場合は
どうなんだ?!
 
 
もしかして
何か手続きをして
伊達という旧姓を
ミドルネームとして
残したんじゃないの?
 
 
と思い立ち
 
 
フツーならば
夫の苗字に変更して
そこで手続き終了
するものの
 
 
 
破天荒女は
居てもたっても
いられず
市役所へと
猛ダッシュしたワケです。
 
 
 
だって万が一
日本の旧姓を
ミドルネームとして
残せたら
 
 
郵便物が
ちゃんと届くし!!
 
病室や銀行で
名前を呼ばれた後に
ハーフかと期待されて
注目された挙句
 
何だよバリバリ
日本人顔じゃねーかよ
ってガッカリ
されないし!!
 
 
 
かなりくだらない
想いを胸に
市役所の人に
クルム伊達さんに
ついて尋ねると
 
 
「日本はミドルネームは
 有名人であっても
 認められてないんですが・・
 
 どうしても気になるなら
 家庭裁判所の方が
 詳しいので
 そっちに行かれてみます?」
 
 
「はい!行かれてみます!」
 
 
とおかしな日本語で
返事をした私は
早速、猛暑の中を駅から歩いて
家庭裁判所へ
行ったワケです。
 
 


スポンサーリンク






 
 
待つ事30分。
 
失敗したドリフの
コントのような
頭をしたオジサマに呼ばれ
ようやく質問。
 
 
あのクルム伊達さんが・・
 
 
もはやアンタ
何百回クルム伊達さんの
名前連呼してるんですか?
って位の連発具合ですが
 
 
私が話してる途中で
失敗したドリフ頭の
オジサマが一蹴。
 
「あークルム伊達さんはね
 多分戸籍上の氏は
 クルムか伊達の
 どっちかだよ。
 
 あれだよあれ。
 芸名みたいな感じで
 クルム伊達って
 名乗ってるんだよ。」
 
 
「まー有名人だから
 もしかしたら
 裁判所に申請してる
 可能性もあるけど
 
 でもここは日本だからね。
 
 どんな有名人でも
 ミドルネームは
 認められないハズだよ多分。」
 
 
 
ああ。。そうですか。
 
クルム伊達さんは
芸名として
そう名乗ってるんですね
多分。
 
そしてアナタの髪型も
ドリフにやられたんですね
多分。
 
 
 
こうしてアッサリと
私のミドルネームの
旅は終わったワケです。
 
 
 
というか、
なぜ私はそこまで
自分の旧姓に
こだわってたんでしょう。
 
 
クルム伊達さんの
名前が浮かんでから
なんかもう
よく分からない事に
必死になってて
 
 
別にミドルネーム
いらなくね?
 
 
ハーフ?って
振り向かれて
日本人かよって
ガッカリされても
よくね?
 
ドリフの失敗頭に
なるよりよくね?
 
 
と家庭裁判所を
後にしたワケです。
 
 
 
ここまで必死に
ミドルネームに
旧姓残そうと
する人ってそうそう
いないらしくて
 
後日市役所に
別用で行った際
 
前回担当してくれた
係の人に
家庭裁判所での
話をしたら
 
フツーに
笑ってましたからね。
 
 
 
なんですかもう
ドリフの失敗頭じゃ
なくても
笑われる私って
どんだけヘタレてんですかね。
 
 
外国人との出会い・国際結婚は

「外国人男性との出会い・婚活特集 」

を参照して下さい。
 
外国人男性と話せる
度胸を身につけたい!
という人は

「一週間から!短期で安い語学留学なら絶対フィリピンがおススメ 」

を参照して下さい。
 
 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す