国際結婚のメリット・デメリット①離婚率高い理由がやっとわかった

NIKON D700, AF Zoom 24-70mm f/2.8G f/2.8, 1/1600, ISO 320, 24mm

NIKON D700, AF Zoom 24-70mm f/2.8G
f/2.8, 1/1600, ISO 320, 24mm

出典:「http://all-free-download.com/free-photos/」
 
国際結婚したいと考える日本人は私の周囲に沢山いますし、私自身も外国人の彼氏欲しい、国際結婚に憧れていました。
 
まさかのインターネットサイトで夫と出会うとんでもない出会いから始まり、国際遠距離恋愛を乗り越え、数えきれない位の喧嘩もしまくりながらも、気が付けば国際結婚を実現させてました。
 
実際に国際結婚をすると沢山の問題が起こるという事はネットで見たり、人から聞いたりして知ってはいたものの・・・いざ自分が国際結婚をしてみて予想していたより遥かに国際結婚というものの大変さと楽しさを知りました。
 
という事で、私が体験したリアル国際結婚のメリット・デメリットについてお伝えしていこうと思います。
 

 


スポンサーリンク






 
 
今回は国際結婚で言われる「高い離婚率」。
 
これについて私の経験談ふまえてぶっちゃけてお話していきます。
 
 
平成24年度の厚生労働省が発表した統計によれば、国際結婚の離婚率は日本人男性と外国人女性の場合は70%、日本人女性と外国人男性の場合は49%だそうです。
 
日本でも3組に1組が離婚する現代ですが、やはり国際結婚の離婚率高いですねー。。。
 
ただ1つ最初にお伝えしておきたいのが、日本人男性と外国人女性の離婚率が7割という超絶的な高さですが、これには「偽装結婚」による夫婦の離婚もカウントされてます。
 
あまり豊かでない国出身の外国人女性がビザの為だったり、相手の男性の経済力のみ目当てだったりで、日本人男性と偽装結婚をするというケースは残念ながらあります。
 
 
ちなみに日本人女性と外国人男性の偽装結婚というのもあるとは思いますが、その場合は日本よりも海外在住の方が多いと思います。
 
上記の外国人女性の逆バージョン、「海外のビザが欲しい」という理由で偽装結婚する日本人女性と外国人男性というパターンですね。
 
なので偽装ではなくて、真剣に愛し合って国際結婚したというカップルだけの場合は離婚率もっと低いと思います・・・が!
 
それでもやっぱり国際結婚の離婚率は日本人同士よりは高いんじゃないかなーと思うんです。
 
 
勿論、私は結婚するうえで「大事なのはパートナーがどこの国の人かではなくて、どんな人かという事」だと思っていますし、”何でも外国人同士だから”という理由に当てはめるのは好きではないんですが
 
でもやっぱですねー国際結婚て日本人同士では起こり得ない問題も沢山あるんですよね。
 
どんなに歩み寄ろうと努力し合っても、どんなに相手の事理解しようとしても、どうしても受け入れられない感覚・文化・価値観の違いってあるんです。
 
私の周囲でイギリス人はじめ外国人男性と国際結婚している(主にヨーロッパ人の旦那さん達ですが)日本人女性の奥様達とお話すると、同じところで「わかるー!」となるポイントが沢山あります。
 
 
ネットでも離婚してきた人達の話や、離婚を考えてる人達の相談掲示板を見ていると、「わかるかも・・・」とつい共感してしまうんですよね。
 
 
私自身の体験から共感できる国際離婚の原因については以下です。
※旦那が無職、仕事しない、DV振るう、という理由も意外と見かけますが、こういう人達は”外国人だから”ではなくて本人に大問題があると私は思っているので、今回は理由には含みません。
 
 
【国際離婚の主な5つの理由】
 
1、言葉の壁
2、ホームシック
3、食事や生活習慣などの文化の違い
4、経済的な理由
5、結婚生活に対する価値観の相違
 
 
上記以外にも「宗教的な理由」とかまだ理由はありますが、べスト5の理由を述べるとしたら、上記の5つだと思います。
 
 

スポンサーリンク






 
 

国際離婚の理由その1”言葉の壁”

 
「言葉の壁」はそのまま、日本語が通じない故のもどかしさ&自分の英語の至らなさ、というのは私も正直よく感じます。
 
特に喧嘩したり話し合いをする時に、自分の想いを奥深く伝えきれないというのは本当にもどかしいんですよー。。。
 
 

国際離婚の理由その2”ホームシック”

 
「ホームシック」というのも外国人同士が結婚するなら、必ず片方・もしくは私達のように両方(第三国で暮らす場合)が避けては通れないです。
 
いざ海外に行ってからも日本人が周囲にいる環境か、都会か田舎か等、環境によっても変わってきますが、ホームシックというのは海外生活する上で必ず経験すると思います。
 
日本は良い国ですから、海外に出てみてわかる日本の有難さって沢山あるんです。
 
これがワーホリや留学など期間限定の滞在ではなく、「この国で暮らしていく」という無期限のものとなると、そのホームシック具合ってこれまた半端ないんですよね。。。
 
 

国際離婚の理由その3”食事や生活習慣などの文化の違い”

 
私の知り合いの国際結婚カップルで、イギリス人の旦那様は日本食一切たべずにジャンクフードばかり食べる人がいます。
 
この夫婦の場合は奥様が旦那様用と自分用と毎回わけてご飯を用意するらしく、最初にこの話を聞いた時私は
 
ありえねえええええ!
 
と心の中で思いっきり叫びました。
 
 
私の場合は旦那は日本食大好き、韓国・中華テイストも大好きで、白米と味噌汁があれば生きて行ける人なので我が家は毎日アジアンキッチンです。
 
でももしこれが旦那が日本食ダメだったとしたら。。。多分結婚してないです私の場合。。。
 
たかが食事の違いと言ってしまえばそれまでですが、されど毎日の事ですし、私は2人分別に料理するなんて無理ですー。。。
 
 
なので私達の場合、食事の面でモメた事はないですが、やはり文化の違いで喧嘩した事は沢山あります。
 
中でも一番モメたのが、”旦那の父親がよく我が家に長期滞在する”という事。
 
私達は第三国のイギリスを選んでるとはいえ、夫の母国はポーランドなので私の祖国日本よりも遥かにイギリスに近いわけです。
 
飛行機代にしても所要時間にしても、東京から大阪に行くのと変わらない事もあって、イギリス暮らし始めた頃はしょっちゅう旦那の父親が遊びに来ました。
 
父親はすでに軍隊を早期退職している人なので、今は田舎でのんびりライフを送っていて、イギリスに来るのは余裕で時間とれるわけです。
 
でね、これフツーに遊びに来るだけならいいんですけど・・・
 
お義父さんの滞在期間が長えええええ!
 
 
日本人の感覚だと結婚して実家出てから、実家にいくのってせいぜい数日だと思うんです。
自分の実家なら最大一週間位いるかもですけど、相手の実家だったら数日でも気使って疲れちゃいますよね。
 
 
ところが彼の父親は1度来たら1か月~2か月滞在当たり前、しかもなぜか航空券を自分で買わずに旦那が毎回買って招待してるのも私のイライラが増す原因となり、さらには勝手にキッチンの配置を変えられる。
 
しかも彼の父親は英語話せないからポーランド語でガンガン話しかけまくってくる。
 
いや私ポーランド語一切わからないって毎回言ってると思うんですけどおおおお!
 
 
決して彼の父親が嫌いなわけではないですし、気の良いいい人だという事は分かっています。
 
でもね。。。でもね。。。毎回長期滞在してキッチン勝手にいじって、使いきれない調味料も旦那のお金で買って残していって、てされるとちょっとウッ・・・となります。
 
 
でも、これも旦那にとっては別に何も気にならない事なわけで、私の両親が逆に長期滞在しても全く気にしないそうです。
 
いや私が気にするんですけどね。。。
 
最近はだいぶ私の感覚も理解してくれるようになって、前よりも彼のお父さんがイギリス来ることは殆どなくなりましたが、最初のうちはどんなに説明しても一切理解してもらえませんでした。
 
育った環境や文化の違いを合わせて行くってマジで大変だなー。。。理解し合うって難しいなー。。。と多々感じてます。
 
 
長くなったので、離婚理由の「経済的な理由」と「結婚生活に対する価値観の相違」については
⇒「国際結婚のメリットデメリットその2」に続きます。
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す