不安でワーホリや留学に一歩踏み出せない人へ体験者からのアドバイス

worry-distress.jpg
出典:「ignitechurch.com」
 
 
ワーホリもしくは留学に行きたい!でも今の仕事を辞めて海外に飛び出すのが不安で仕方ない!
 
そんな狭間で揺れ動いてる人は沢山いると思います。
気持ちはメッチャ分かります。私もそうでした。
 

 


スポンサーリンク






 
 
私が初めて旅行以外での海外長期滞在を決意したのは、29歳から30歳にかけての1年。
年齢的にワーホリのラストチャンスの年でした。
 
29歳から30歳といったら、周囲は結婚して家庭を築いてたり、仕事でも着々とキャリアアップをしていたり、それなりに自分の人生の道筋が固まってきてるものです。
 
私の場合は、12年も付き合ってきて結婚まで考えていた日本人の彼氏もいましたし、やっと念願だったプロの漫画家になって漫画の世界で夢中に漫画を描いてました。
 
でもその一方で、元彼とも結婚に対する価値観が合わなすぎてすれ違いが起きていたり、漫画家になったものの競争の激しい漫画家世界でのストレスでパニック障害を経験した事もあって、このまま日本にいていいのかという想いもずーーーっとありました。
 
 
で、私の場合は、海外を選びました。
 
海外への想いは多分20歳位から10年近くずーーーっとあって、それでも日本での生活を断ち切るのも怖くて、だからワーホリラストチャンスの29歳から30歳にかけての1年、悩みまくりました。
 
でも、私の場合は、悩みながらも29歳から30歳の間の1年間、ある事をしていました。
 
実際に海外に行くことはどういう事か、リアルに想像する為に「とにかく行動を起こしまくった」んです。
 
どんな行動を起こしたかというと、本当に小さな行動の積み重ねです。
 
・図書館でワーホリ関係の雑誌を読み漁って、現地での体験談、帰国後の話、とにかく沢山の人達の体験談を読みまくった。
 
・留学エージェントの無料説明会に参加したり、無料カウンセリングを受けに行った
 
・ネットの掲示板を隅々まで読んだり、資料請求をしまくった
 
要は、「ワーホリの情報収集」をしまくったんです。
 
想像だけで考え続けても、悩み続けても、何も進まないし一歩を踏み出せないと思ったんです。
何故かというと、まだ自分にとって海外が「リアル」ではないから。
 
ただの憧れだけでワーホリや留学行こうかどうしようか迷っているうちは、答えなんて出ないと思ったんです。
だったら少しでも多くの情報収集をして、実際にワーホリに行った人達の体験談を読んで、さらに帰国後の道筋についても読みまくりました。
 
 
そうやって情報を集める程、自分の中で海外に行くこと、行った後が「リアル」に考えられる様になって来て、「帰国してから就職するのは年齢的に厳しいかもしれない、そしたらバイトでも何でもやればいいや」とか、「いざとなったら漫画家のアシスタントからまた始めよう」とか色んな覚悟が出来て来たんですよね。
 
海外へ行くことが、「憧れ」から「リアル」になってくると、今度は海外へのワクワクだけじゃなくて、実際に海外に飛び出した場合のリスク、というのもリアルになってきます。
 
でもその「海外に行くという選択肢を選んだうえでのリスク」を自分の中で覚悟して受け入れることが出来た瞬間、私はワーホリ行きを決意する事が出来ました。
 
 

スポンサーリンク






 
 
当時の私と同じく、海外に行きたい想いと、今の生活を切るのが怖いという恐怖の狭間に居る人達は沢山いると思います。
 
もしアナタが今現在、そういった苦しみを抱えているなら、私は、私と同じ様に「行動を起こす事」をとにかくおススメします。
 
想像だけの世界で悶々と考えて居ても、なかなか決断できないと思います。
 
そんなときに決断を手助けしてくれるのが、自分が向かおうとしている世界を知る事、つまり過去の私みたいに情報収集をしまくって自分の目と耳で色んな体験談を聞いて、海外というものを「憧れ」から「リアル」に変えていく事が必要なんだと思うんです。
 
 
私の知人や、このブログの読者の方からも、沢山こういった悩みのメッセージは頂きます。
そんなとき、私はこの記事で書いている事と同様に、「まずは行動してみること」をおススメしてます。
 
読者の方の中には、実際に私とメールでやりとりした後に、行動を起こした結果、ワーホリに行くことを決意した方もいます。
 
行動を起こした人達は、海外に行こうが行くまいが、きちんと自分の今後の道筋に答えを出しています。
 
 
でも一方で、私がどんなにメールで返事を出しても、一向に行動を起こさずに、次から次へと新たな質問ばかりをしてくる人もいます。
 
勿論、不安な事や疑問があったら、私に相談して頂くのは大歓迎ですが、どんなにメールのやりとりをしても、本人が行動を起こさない限りは、結局は何も解決しないんです。
 
私が出来るのは自分の体験談を元にアドバイスをして、背中を押すまでです。
 
そこから先、海外に行くのか、それとも日本に留まるのか、最終的に決断を下すのはアナタ自身なわけです。
 
 
アナタ自身が自分の選択に覚悟と責任を持てない限り、どんなに私に次から次へと新たな質問をされても、何も状況は変わらないんです。
 
そしてその覚悟と責任を持つ手助けをしてくれるのが、最初から私がお話している「行動をおこして、海外への憧れをリアルにしていくこと」なんです。
 
 
留学エージェントの無料カウセリングを1回実際に受けてみるだけで、何もしないでただ想像の世界にいるよりも、グッとリアルに近づきます。
 
ネットの掲示板は酷く荒れてるものもありますが、でも沢山見ていくとマトモな意見もちゃんとありますし、海外に飛び出すという事がどういうことなのか自分の知らなかった情報も沢山知れます。
 
今は昔と違って、留学エージェントが無料で説明会を開催していたり、雑誌を立ち読みで来たり、ネットで情報を探せたり、とにかくすごく恵まれた環境だと思うんです。
 
だからこそ、これらをフル活用して、きちんと行動をして、自分の目で見て、耳で話を聞いて、少しでも海外生活や帰国後の生活がリアルに想像出来るようになってもらえれば、と思います。
 
 
人生は一度きりです。楽しんだ者勝ちです。
 
がっつり悩んで考える時間も大事ですが、それをずっと続けていても時間が勿体ないです。
行動を起こさないままだと、1年、3年と貴重な時間は、あっという間に流れ去っていっちゃいます。
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
海外留学してみたい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 


スポンサーリンク






 

コメントを残す