海外で働くワークビザはどうやって取るの?

cot

 

海外で働きたい人って
すごく多いと思います。

 

 

じゃあ、どうやったら
海外で働けるのかというと

 

まず当然、
ビザが必要になるワケですよね。

 

 


スポンサードリンク






 
イギリスで働きたいと
考えてる方は

 

以下の記事にイギリスで働ける
ビザの種類をまとめてありますので

 

参考にしていただければ、と思います。

 

 

「イギリスで働く為の3つのビザとは?」はこちら。

 

 

イギリスに限らず、

どの国でも共通しているのが

 

 

ワーホリビザ、
就労ビザ、
一部の学生ビザが
働く事が出来るビザになります。

 

 

一番多い方法は
ワーホリビザで現地で働いて

 

そのまま現地会社から
就労ビザを打診されて

 

ワーホリビザから
就労ビザへ切り替えて、
そのまま会社に残るという
方法ですね。

 

 

 

なにせワーホリは
語学力がなかろうが、
特殊スキルがなかろうが、

 

誰でも働くことが出来る
ものすごいビザなワケですよ。

 

 

 

もう、サイヤ人でもないのに
超サイヤ人になる権利をもらった
ヤムチャみたいなもんですからね。

 

 

いやいやいやいや
先にクリリンにその権利あげようよ。

 

 

クリリンのがヤムチャより
強いじゃないのさって話ですからね。

 

 

いや、それはどうでもいい話ですが

 

 

 

とにかく、ワーホリビザが
とれる人は

 

ぜひワーホリビザで現地へ行って
就労ビザへの切り替えを
狙ってほしいんですね。

 

 

 

ただ、もちろん
誰もがワーホリビザから
就労ビザへ切り替えてもらえる
ワケではありませので

 

 

慎重に情報を集めながら
どうすればワーホリビザから
就労ビザへ切り替えられるか

 

 

ご自身で計画してから
ワーホリビザで渡航してくださいね。

 

 

 

ワーホリから現地就職に
至る為の注意点は

 

「ワーホリから現地就職したい人はココを注意!」

を参考にしてください。

 

 

 

じゃあ、ワーホリビザが取れない人は
どうすればいいのか?

 

もしくは、ワーホリビザ自体が
そもそも発行されてない
国の場合はどうすればいいのか?

 

 

 

ワーホリビザが取れないのであれば
現地へいきなり行って
就職活動なんて不可能なので

 

日本から現地で募集している企業に
応募することになります。

 

 

この場合は、
その国が現地で不足している職種、
且つその職種のスキルを持っている事が
条件となります。

 

 

また、企業によって
レベルはまちまちなものの、
英語力も必須になってきます。

 

 

 

もし、専門的なスキルがないのであれば、
就労ビザはかなり厳しいですが、

 

 

 

例えば
専門学校に一から入り直して

 

その学校が行っている
インターン・シップ制度を使い、
就職先を見つける、という方法もあります。

 

 

 

この方法については
以下の記事に詳細を書いてますので
参考にしてください。

 

 

「海外移住する3つの方法とは?」

 

ただ、この場合は
学費がとんでもなく高いので、

 

どれだけ貯金があるかが
超重要になってきます。

 

 

とはいえ、別の言い方をすれば、

スキルもコネもない!

 

でも、
何年かかってでもいいから、
お金をためて海外に意地でも
行ってやる!

 

 

という人にとっては、

唯一の抜け道に
なると思います。

 

 

 

ただし、専門学校に行ったからと行って、
必ずしも就職先が見つかるわけではないので、
そこはご注意くださいね。

 

 

 

繰り返しますが、
海外のビザ関連は必ずご自身で
詳細を調べてください。

 

 

 

ビザは刻一刻と変化しているので、
自分で情報を知らないのは
危険すぎますからね。

 

 

クリリン連れずに
1人ナメック星にいく位に
危険ですからね。

 

 

フリーザ様に遭遇しても
クリリンいないと
助けてもらえませんからね。

 

 

 

てかアンタ
どんだけクリリン
あてにしてんですかって
話ですけどね。
 


スポンサードリンク






 

1件のトラックバック

コメントを残す