海外生活にイギリス猫がやってきた!

ロンドン1

我が家に子猫がやってきました。

 

私は小学生の頃から16年間犬を飼い続け
8年前に愛犬は老衰で天国へと行ったワケですが

 

愛犬が居なくなってから
8年間1日も忘れず思い続けてきたこと。

 

 

愛犬に会いたいいいいいい!!

 

 

ペットロスどころの騒ぎではありません。

 

 


スポンサーリンク






 
 
散歩中のよそのワンちゃんを見かける度に
ニマニマとワンちゃんを見つめ
飼い主さんワンちゃんを私から
遠ざけてましたらからね。

 

 

 

そんな私に相方が言いました。

 

「犬かを猫飼おうか」

 

イエエエエエエス!

 

 

 

破天荒女といえど
海外で暮らしていると
ホームシックになることも
ありますからね。

 

 

動物がいたらホームシックも
少しは解消されるのでは?

 

 

相方の粋な計らいから
この提案は生まれました。

 

 

「海外ホームシック5つの解消法」はこちらを参照下さい。

 

早速家の近くのアニマルシェルターで
保護された犬か猫をもらうことに
決めたワケです。

 

私は腹の底から犬派。

動物はみんな大好きですが
圧倒的な犬派。

 

相方は猫派。

 

「僕は犬も猫も平等に好きだ」と
主張する相方ですが

 

事あるごとに

「犬は〇〇だから世話が大変だよ。その点猫は・・・」

「猫はこういう所が可愛いよね。犬はこういうのないじゃん。」

 

 

アンタ

 

どう見ても
猫派だろうがあああああ!

 

 

私は相変わらず犬派でしたが
今の忙しい生活では
毎日散歩に連れてくというのは少し負担。

 

相方も猫派。

 

というワケで生後2か月の子猫を
もらうことに決めたわけです。

 

犬派と騒いでいた私。

 

いざ子猫が我が家に来て暮らし始めると

 

 

可愛いいいいいい!

 

 

猫超可愛いんだけどおお!!

 

 

 

8年ぶりに親ばかならぬ
飼い主バカが復活したワケです。

 

 

性別がはっきり分からないため
失礼して確認。

 

うん。ついてない。女の子だね。

 

相方にも見せて確認。
うん。ついない。女の子だよ。

 

名前は速攻で決定しました。

 

日本が大好きな相方は
侍、神社等の伝統的建造物や日本食は勿論

日本人女性の名前も美しくて好きらしく

 

「桜にしようよ!」

 

目を輝かせながら言われたので
サクラちゃんに決定。

 

 

その日から私のサクラちゃんへの
親バカ具合が始まるワケですが

 

来て早くも1週間目の事。

 

 

サクラちゃんが

 

すんごい下痢をしている!

 

1回だけでなく何回も。

 

しかもお腹痛いのか
キュウキュウ泣いている!

 

急いで相方に電話し状況を説明。
そこで相方に言われた一言。

 

 

 

「お腹が冷えたんだよ。緑茶を飲ませるといい。
緑茶は体を温めるからね。」

 

 

 

アホかああああああ!

 

ただでさえ腹壊してるのにこれ以上
訳わからんものあげれるワケないだろがああ!

 

しかもなぜ緑茶?!

ヨーロッパ人のアナタの口から何故
紅茶でもコーヒーでもなく緑茶?!

 

何おばあちゃんの知恵袋的な感じで
緑茶って言い放っちゃってるのおお?!

 

 

いいから急いで帰って来てくれと。

 

相方が仕事から戻り動物病院へ直行。

 

 

 

診察結果
特に寄生虫がいるわけでもなく
薬を飲ませれば大丈夫とのこと。

 

ホッとする破天荒女。

 

よかった。サクラちゃん。
さあお家に帰ろうねサクラちゃん。

 

 

すると先生から衝撃の一言が。

 

 

 

 

 

「この子男の子ですね。」

 

 

 

え?

 

何ですと?!

 

 

 

 

「うん。ついてるね。男の子です。」

 

 

 

ええええええええええ?!

 

 

 

いやいやいやいや

 

ついてないですよおおお!

 

 

「ほら、ここ見て。男の子ですよ。」

 

赤ちゃんですからね
そりゃあまだ小さいのもわかるのですが

 

小さすぎってか
ミクロレベルなんですけどおおおお!

 

 

それを聞いた相方が一言。

 

「僕も男の子だと思ってたんだ。
この顔つきは少年の顔だからね。」

 

 

 

 

うそつけええええええ!

 

お前がサクラって名付けたんだろうがああああ!!

 

 

 

というワケで急遽サクラちゃんは
名前を変更せざるを得なくなったワケです。

 

「僕は女の子の名前はつけたいけど
男の子の名前は君に任せるよ。」

 

相方に言われ
そうですか。じゃあ名前考えましょうかね。

 

そう言いながらも頭の中にはすでに
いくつか候補があったワケです。

 

ハリウッド映画好きの私は
映画キャラクター名を付けようと考えてました。

 

スターウォーズの「ルーク」

 

ロードオブザリングの「レゴラス」

 

ミッションインポシブルの「イーサン」

 

うーん、どれも恰好いいと悩む私に相方の一言。

 

 

「侍の名前とか恰好よくない?ムサシとかコジローとか」

 

 

もうね、そんなに目を輝かせて言われたら
ルークとか言えないワケですよ。

 

 

自宅に帰りお互いに好きな
日本の歴史上の人物について話し合った結果

 

「坂本竜馬」に決定。

 

というワケで
「リョウマ」君に決定したワケです。

 

 

福山雅治さん演じた「龍馬伝」を見ていた相方
うれしさのあまり

 

「リョウマぜよ」

 

と意味も分からず
「ぜよ」を連発し始めまして

 

 

ぜよぜよぜよぜよ
うるさいわああああああ!

 

 

今の日本人そんな言葉使わんわあああ!

 

と行ったところ

そうなのか、と納得し
ようやく「ぜよ」をやめました。

 

 

やれやれ全く困ったものです。
このご時世どこの誰がそんな言葉使い
すると思ってんでしょうね全く。

 

 

 

 

急遽名前変更やらひと騒動ありましたが

リョウマは
今日も元気に家中を
走り回っているぜよ。
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す