イギリスのハロウィーンは仮装なし!アメリカと違いすぎ

8781341-halloween-cartoon-wallpaper
 
 
イギリスと言えば
ハロウィーンの起源
となった国。
 
仮装に、かぼちゃの
ジャック・オ・ランタン
飾りまくって
 
盛大にハロウィーンを
祝うんだろうと
ワクワクしてた
初のイギリスでの秋。
 

 


スポンサーリンク






 
 
はい、イギリス人は
ハロウィーン何も
しません。
 
仮装もしなけりゃ
ジャック・オ・ランタンも
飾りませんよ。
 
 
ハロウィーン発祥の
国なのに、
イギリス人の
ハロウィーンに対する意識は
 
アメリカ・カナダとは
全く別物です。
 
 
 
ワーホリでカナダにいた時
カナダのハロウィーンが
めちゃくちゃ楽しかったので
 
 
本場のイギリスでの
ハロウィーンは
町中がもはや
かぼちゃなんだろうな
 
町中が仮装しまくり
なんだろうな
 
と期待しまくって
いたのですが
 
 
 
結論。
イギリス人は
ハロウィーンには
興味ありませんし
 
仮装なんか
日本のがよほど
盛り上がってると
思いますよ。
 
 
 
イギリス人には
ハロウィーン以上に
大事なイベントが
あります。
 
 
ハロウィーン時期の
11月5日に開催される
 
「Guy Fawkes Day」
(ガイ・フォークス・デイ)
 
これは、1605年の
火薬陰謀事件の
失敗を祝う
花火のイベントですが
 
 
てかさ、もう
名前からして
ハロウィーンみたいな
ワクワク感全然ないし
 
 
むしろ仮装して
ハロウィーン
祝っとこうよって
話しなんですが
 
 
 
イギリス人にとっては
ハロウィーン以上に
大事なイベントだそうです。
 
 
 
とはいえ、
いくらイギリス人が
ハロウィーンに
アメリカ・カナダほど
興味がないとはいえ
 
 
勿論、街中は
ハロウィーングッズが
売ってますし
 
 
スーパー行くと
嫌がらせ並に
大量のかぼちゃが
売ってますし
 
てかイギリス人
料理出来ないから
普段はカボチャなんて
売ってないんですけど
 
 
 
まー一応イギリスの
街並みは
ハロウィーンらしく
なっています。
 
 
あと、店員さんは
ちょこちょこ仮装して
いたりしますが
 
 
気が早すぎて
サンタの仮装してる
間違った人もいます。
 
 

スポンサーリンク






 
 
ハロウィーンといえば
仮装した子ども達が
 
「Trick or Treat」
(お菓子をくれないと
 イタズラしちゃうよという意味)
 
と言いながら
近所の家を周る光景
 
 
 
当然ね
イギリス人
ハロウィーンに
興味ないし
 
仮装してるっぽい
子ども達も
見かけなかったので
 
 
別に家に子どもが
来るなんて
全然考えてなかったのですが
 
 
 
来たんですよ。
 
イギリス人の
可愛い子どもが。
 
 
私服でね。
 
 
 
といいますか、
フツーにドアノックされて
私服の子ども立ってて
 
 
ああそうか、
今日はハロウィーンだからなっ
て、ならないでしょ?!
 
 
 
夜、私の家に3人組の
子ども達が来まして
 
ドアを開けて
どうしたのか聞くと
 
そこでね
 
「トリックオアトリート」
 
って言ってくれりゃ
ああ、仮装してないけど
ハロウィーンなのねって
なりますけど
 
 
 
確かに彼ら
「トリックオアトリート」
言ったらしいんですけど
 
 
当時イギリスに
きたばかりの私
 
 
訛りが酷過ぎて
マジで何言ってるのか
わからねええええええ!
 
 
って状況に
なったんですよ。
 
 
 
いや、日付も
10月31日ですし
もろハロウィーン
当日ですし
 
 
多少訛ってても
そんくらい
分かるでしょって
ツッコミあると思いますが
 
 
ホンッとーに
私の住んでる
イギリスの田舎町って
英語の訛りが
酷くて
 
 
ぜんっぜん
聞き取れなかったんです。
 
しかも相手も
仮装もしてないですから
 
 
「ゴメン、もう1回言って」
 
ってフツーに私
聞き返しましたからね。
 
 
うち1人の女の子
何よあのアジア人って
フンって鼻ならして
去っていきましたから。
 
他の子は何か
涙ぐんでましたしね。
 
 
 
こうして私の
初のイギリスでの
ハロウィーンは
最低なものになりました。
 
 
でもね、
イギリスの子ども達。
 
せめてハロウィーンらしく
仮装するとか
 
その英語の訛り
どうにかするとか
 
 
てか、
その英語の訛り
どうにかしてくれ
ませんかねええええ?!
 
 
 
ちなみに
ハロウィーンには
対して興味のない
イギリス人ですが
 
恋人同士は
仮装してバーに行ったり
してる人達が
多いですね。
 
 
イギリスでも
恋人同士にとっては
ハロウィーンは
クリスマス同様、
楽しいイベントみたいです。
 
 
 
ちなみに私と相方も
ハロウィーンを祝おうと
かぼちゃの
ジャック・オ・ランタン
用意しましたが
 
 
アホな相方が
カボチャをかぶったら
ハマって抜けなくなりまして
 
 
もう色んな意味で
初のイギリスの
ハロウィーンは
 
私に強烈な思い出を
残してくれました。
 
 
 
 
最近では
日本でも恋人同士で
仮装してバーに集まる人達
多いですよね。
 
 
特に、私の周囲でも
外国人の彼氏が
いる友達は
ハロウィーンは毎回
仮装しています。
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す