不安で寂しいのは当然!国際遠距離恋愛から結婚出来た3つの秘訣③

long-distance-relationship-couple
出典:「quote-wishes.com」
 
不安で寂しい国際遠距離恋愛を乗り越えて結婚を実現する為の秘訣、今回は3つ目についてお話します。
 
最初から記事を読まれてない方は「国際遠距離恋愛から結婚できた5つの秘訣その1」を参照してください。
 

 


スポンサーリンク






 
 
国際遠距離恋愛を乗り越える秘訣1つ目は「忙しくして自分の時間を楽しむ」
 
2つ目は「感情のままに相手に向けて書いた文章を、すぐに送らずに1日置く」
 
という事でお話しましたが、3つ目は
 
「今会えない寂しさでなくて、次会った時のワクワクにフォーカスする」
 
という事です。
 
 
今会えないこの瞬間にばかり集中しても、会えないという状況は変わらないので、余計寂しさが増すばかりです。
 
周囲のカップルみて「ああ、私は今一人だな」なんて思い始めてしまった日には、もう気持ちがずんずん落ちていきます。
 
だったら「次あったらどんな料理を作ってあげようかな」とか「次あったらこの映画を一緒に観にいこう」と、楽しい未来を考えてワクワクした方がよほど相手にとっても、自分にとってもいいですよね。
 
確かにいくら未来に目をむけても、でもやっぱり寂しいのは今だから、どうしても今にばかり考えがいってしまう、というのもあると思います。
 
でも何かもう脳の練習とでもいいますか、「今の事を考えて不安になってる」という事に気づいたら、その都度ワクワクな未来を想像する、という事を繰り返していくと人間の脳って不思議なモノで、それがいつしか習慣化出来る様になります
 
これは何も恋愛に関わらず、物事をすぐにネガティブに捉えるという方にも実践してほしいと思います。
 
 

スポンサーリンク






 
 
ネガティブに考えるのを性格だとか、環境のせいだとか言う人もいますが、私はネガティブに考えるか、ポジティブに考えるかって単に癖というか、習慣の違いだと思っています。
 
私も昔はめっちゃネガティブな人間だったのですが、このままじゃイカン!と思ってポジティブな友人に話を聞いてみたり、自分なりに色々と試行錯誤してきました。
 
で、自分なりに辿りついた結論が、ネガティブ・ポジティブというのは性格でもなくて、単なる考え方のクセだから、いくらでも直せるという事です。
 
本当は今の状況をポジティブな視点で見れるのが一番いいんですけど、でも寂しい状況で無理やりポジティブというのも難しいと思うので、だったらネガティブな「今」でなくて、ポジティブな「未来」を想像してみよう、という事なんです。
 
 
私も日本とイギリスだったり、カナダとイギリスだったりで、今の旦那と遠距離恋愛はかなり長く続けてました。
 
勿論、たくさん喧嘩しましたし順風満帆だったわけではありません。
 
喧嘩だらけになっていた時期に、何が一番の原因なんだろう?と考えた時、私がネガティブにしか物事を見れなくなっているのが最大の原因では?と気づきました。
 
ネガティブに支配されちゃうと、せっかくの貴重なスカイプな時間でも相手にネガティブオーラ満載な言葉を投げてしまったりします。
 
そこで私は自分に沁みついてしまったネガティブな考えの癖をやめよう、と意識して行動するようにしました。
 
 
例えば一人で食事をする機会があるとして、「あーあ。周囲はカップルだらけ。何で私は一人なんだろう」なんて考えるのではなくて
 
「これ美味しいな。絶対に彼氏が日本に来たらここの店一緒にまた来よう」という様に、ワクワク考えられる方に自分の意識を持って行くようにしました。
 
もちろん、毎回毎回そうできるワケではなくて、ネガティブなままの時もありますが、それはそれでいいと思うんです。
 
どこに気持ちをフォーカスするのかを意識していくだけで、「ああ私今、メッチャ彼との事で不安になっているな」と気づけるようになりますし、気づけたら「よし、じゃあまたワクワクする方に物事を考えていこう」と軌道修正できるようになります。
 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す