外国人彼氏と国際遠距恋愛を長続きさせて結婚する為の3つのコツ②

777363_Distance_Relation_Couple
出典:「www.lovewale.com」
 
外国人の彼氏と国際遠距離恋愛を長続きさせるためのコツ、2つ目についてお話します。
 
前回の記事を読まれてない方は⇒「外国人彼氏と国際遠距恋愛を長続きさせて結婚する為の3つのコツその1」を参照してください。
 

 


スポンサーリンク






 
 
外国人彼氏との国際遠距離恋愛を長続きさせる為のコツ2つ目は「英語力を言い訳にしない」という事です。
 
どこの国の人と付き合おうと、彼氏が日本人でない時点で自分がバイリンガルでもない限り、当然言葉の壁というのはずっと付きまといます。
 
国際遠距離恋愛となると時差の兼ね合いもあるので、毎回スカイプで会話出来るワケでもないと思います。
 
メールやLINE、Facebookでのメッセージのやりとりも沢山すると思います。
 
自分が忙しくて疲れていたりすると、日本語の文章読むのも疲れるのに、英語の文章を読むのってメチャクチャ疲れるし、面倒臭い時も多々あります。
 
特にちょっと口論になっていたりとか、真剣な会話のやりとりしてる時だと、相手の長文も意味深なメッセージなので、自分も必死にそのメッセージの意図を組もうとして、でも英語がイマイチわからなくて。。。という事もあると思います。
 
「もう英語わかんないし、何言ってんのか理解すんのも面倒になってきた」と、昔外国人の彼氏と遠距離で付き合っていた友人がよくぼやいてました。
 
当時の私は外国人と付き合った事もないし、英語も全く未知の言語だし、彼女の言ってる事「大変そうだなー」程度にしか聞いてなかったんですけど、実際に自分が経験してみて。。。
 
大変ていうか。。。
これ大変とかいうレベル超えてる気がするんですけどおお?!
 
と何度も叫んでました。
 
 
特に私の相方は、英語力はネイティブレベルですが、あくまでネイティブレベルというだけであって、ネイティブではありません。
なのでメッセージのやりとりすると、スペルミスが本当に多くて、未でも「ウガー―――!!」って私なる事あります。
 
 
でも、「相手の言ってる(書いてる)英語がよくわからない」とか「自分は英語力ないから」と言ってしまったら、それきりなんですよね。
 
相手が日本人で無い限り、日本人ペラペラの外国人で無い限り、言葉の壁の部分というのは、もうお互いに諦めずに頑張るしかない。
 
言葉って、人と人がコミュニケーションをとれる唯一のツールじゃないですか。
 
言葉で会話出来ることが、他の動物にはない人間の最大の特権なわけですよね。
 
でもその言葉を交わし合う事、理解し合う事を諦めてしまったら、もうお互いにコミュニケーションを取る方法ってなくなってしまうんですよね。
 
 
だから「私英語あまりできないから」という事を言い訳にしないで、そこは頑張ってほしいと思うんです。
 
 

スポンサーリンク






 
 
私は旦那と知りあったばかりの頃、スカイプで会話しても旦那の言ってる事が多々分からなくて、そのたびにスカイプに文章で入力してもらってました。
 
それでその意味を旦那に聞いたり、自分で辞書で調べたりして、そのまま丸暗記して次回は聞いても分かるようにって、必死に覚えてました。
 
勿論、時には「英語めんどくさいから今日は返事返さなくていいや」ていう日があるのは全然いいと思うんです。
 
私もつかれてる時は、気付かなかったふりして旦那からのLINEを開かなかったりしてましたし。
 
でも、毎回毎回「英語めんどくさ」となってしまうと、それこそもうその彼氏とコミュニケーションを取りあってくのは難しいですし、一緒に歩んでいくのも難しいですよね。
 
 
もうどうしても本当に英語が嫌で仕方なくなったら、無理してコミュニケーションをとる必要はないと思います。
ただし、その代わりその彼氏とは別れるしか道はなくなると思いますが。。。
 
でも、何が何でもこの人とやっていきたい!と思うのであれば、「英語出来ないから」とか言いワケしてしまってるうちは、自分自身もキツくなるだけだと思うんです。
 
 
別にネイティブレベルになんかならなくても、パートナーとコミュニケーションはとれます。
私の周囲の国際結婚組の奥様達なんて、「もう20年彼と一緒にいるけど、今でも時々彼が何言ってるか聞き取れないのよねー」なんて笑ってます。
 
大事なのは英語力どうこうに捉われすぎることじゃなくて、この奥様みたいに、英語をストレスに感じないで、むしろネタとして笑える位の気持ちなんだと思います。
 
 
かくいう私も、旦那とイギリスで生活し始めた当初は、ただでさえ孤独感とか気張ったりで疲れやすいのに、旦那の言ってる事で理解出来ない事があるとイチイチそれがストレスになってました。
 
でもこの奥様達と話しをしていくうちに、彼女達みたいに英語を捉えたほうが楽だよなーと思う様になって、段々と「英語」というものを言いワケにしたり、ストレスの原因にする事は減ってきました。
 
とはいえ、今でも相変わらず旦那のスペルミスに時々イラッとしてしまう器の小さすぎる私ですが。。。
 
 
ちなみに私は旦那が何言ってるか分からない時は、スルーします。
すごく大事なことだった場合は、旦那の方が繰り返して言ってくるので、真剣に聞き直しますが、大した事じゃない時は、旦那も私にスルーされても何事もなかったかのように気にしてません。
 
その逆に、私が英語で変な言いまわしをしてしまってよく分からない事を言った時も、旦那は私の表情を見て、真剣じゃないと分かったらスルーしてます。
 
アンタらそんなんでいいんですかって位の適当具合ですね。。。
 
でも英語に神経質になりすぎてお互いストレス感じるよりは、マシなのじゃないかと思いながら、今日も私は聞き取れなかった旦那の英語をスルーしてます。
 
 
⇒「外国人彼氏と国際遠距恋愛を長続きさせて結婚する為の3つのコツその3」に続きます。
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
外国人男性と英語で会話したい!
でも長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 


スポンサーリンク






 

コメントを残す