英語で最も難しい3つの発音とは

uk1

 

英語の発音。
難しいですよね。

 

アータ達どんだけ舌巻いてるんでござーますか?

デヴィ夫人もビックリな巻き具合なワケです。

 

英語の発音に厳しいイギリスに暮らし
発音の難しさを日々痛感しているワケですが

中でも難しい3つの発音があります。

 

 


スポンサードリンク






 
「L」と「R」と「TH」です。

 

まず「R」と「L」の言い分け。

 

この2つは恐らく日本人にとって最大の難関の音なので
また改めて記事に書こうと思います。

 

 

そして意外と知られてないこの「TH」の難しさ。

「TH」を使う単語は非常に沢山あります。

 

The,This, That, Thing, Three, Third, Throw, Thoughなど

日常でも沢山出てくる音であるワケです。

 

「R」と「L」程は難しくなく
練習をすれば発音できるようになる音なのですが

 

 

1つだけ強敵が潜んでいるんです。

 

 

 

木曜日=「Thursday」です。

 

 

日本人は「サーズデイ」と発音するこの音
カタカナで表記すると近い言い方は

「スァーズデイ」という感じになるワケですが

 

この「スァーズデイ」

 

少し気を抜いて舌を使うのをサボろうもんなら
「木曜日」ではなくて
「土曜日」と聞き取られてしまうんです。

 

 

私は現在チャリティーショップで
ボランティアをさせて頂いてますが
ボランティアという立場なので
好きな曜日に出勤しています。

 

 

その為、自分の本来の仕事の様子を見ながら
週によって出勤する曜日が違うのですが

ここでこの「スァーズデイ」が出現するワケです。

 

 

仲の良いスタッフの1人
アンドリューとは毎回帰り際に

 

「なでしこは次は何曜日来るの?」

 

なんて会話をするのですが

 

 

「次は木曜日来るよ」

「残念。僕は土曜日休みなんだ」

「いや、土曜日じゃなくて木曜日ね」

「うん、僕は土曜日休みだよ」

という謎の会話が繰り広げられたりします。

 

 

「スァーズデイ=木曜日」

「サタデイ=土曜日」

 

かなり舌に気合いを入れて発音をしないと
どちらも「サタデイ=土曜日」と
受け取られてしまうワケです。
 


スポンサードリンク






 
ある日アンドリューに相談しました。

「他のTHの音は発音できるのに木曜日だけが言えない」

するとアンドリューから素敵なアドバイスが。

 

「木曜日のTHは他のTHとちょっと発音が違うんだ。
特にスコティッシュアクセントでは
「舌」より「口」を使うんだ。

どちらかというと「F」の音のが近いんだよ。」

 

つまり「Thursday=スァーズデイ」ではなく

「ファーズデイ」と発音した方がいいというワケです。

 

成る程。これはいいヒントをもらいました。

 

早速翌日から「ファーズデイ」と発音したら
アンドリューに通じる通じる。

 

 

 

なんて気持ちいいの!

サヨナラ私を苦しめてきた「スァーズデイ」

こんにちわ「ファーズデイ」

 

嬉しさのあまり
他のスタッフにも挨拶代わりに
「ファーズデイ」を

 

 

「ん?なでしこ何て言ったの?」

 

 

あれ?

 

通じない?

 

 

 

まさかの事態発生いいいい!!

 

 

思い出しました。
この街は人によって訛り方がバラバラな事を。

アンドリューにとっては「ファーズデイ」でも
他の人にとっては違う音なのです。

 

アータ、いい加減になさいよ。

もうデヴィ夫人もご立腹です。

 

こうなったらやはり

「Thursday=スァーズデイ」

を練習しまくるしかありません。

 

 

 

あああああああ

 

また振り出しに戻ったあああ!

 

 

落ち込む私にオーナーが一言。

「大丈夫よ、なでしこ。あなたの発音は悪くない。
ちゃんと私は木曜日って聞こえるわよ。」

 

よかったあああああ!

そんなに必死にならなくてもいいんですね!

 

安心したところで今日は帰ろうと支度をしてると
オーナーがやって来て

 

 

「なでしこ、次は何曜日来る?」

「あ、木曜日来ます。」

「残念。私は土曜日は休みなのよ。」

 

 

 

聞こえとらんじゃないかいいいいい!

 
 
 
国際結婚に興味のある方は参考にしてください↓
 

konkatsu

↑↑私の一番おススメの
インターネットサイトや
無料会員登録時の
コツもお伝えしてます。
 
長期で海外行くのはちょっと・・・
というアナタはコチラを参考にしてください↓

 
 
 

 


スポンサードリンク






 

3件のトラックバック

コメントを残す