文法の勉強ならこの1冊だけで十分!

フォレスト

 
最初に断わっておきますと、
私は英語を勉強する上で
最初からあまり
文法はやらなくていい、
 
というか
つまらないから
やらないほうがいいんじゃないかって
思ってます。
 

 


スポンサードリンク






 
 
文法やるくらいなら
海外ドラマ「フレンズ」観たほうが
 
よっぽど楽しく
英語の勉強継続出来るし。

 

 

 

ただですね。

 

 

 

最初からいきなり

文法の勉強に

入る必要はないにしても、

 

 

やっぱり最低限の文法って

必要なワケですよ。

 

 

 

最低限の文法って

挨拶レベルじゃなくて、

 

ちゃんと短い文章をつくれる

レベルってことです。

 

 

 

単語だけ羅列して、

それでいいなら

文法の勉強する必要ないですけど、

 

 

簡単な会話だけでもしたい、

ってなったら

やはり最低限の文法って

必要なんですよ。

 

 

最低限の文法って

どんなん?って話ですが、

 

 

私個人の勝手な基準として、

 

 

 

海外で道に迷って聞ける、

 

日本で外国人に

道案内出来るレベル

(勿論、曖昧にではなくて、キチっと)

 

 

が最低限の文法だと思ってます。

 

 

英語を「聞き取る」にも

最低限の文法って

必要なんですよ。

 

 

で、散々文法の話

しといてなんですが、

 

 

 

私は昔も今も

文法の勉強とか

大嫌いなんです。

 

 

 

超つまんねええええええ!

 

 

ってすぐなるんですが

 

 

そんな私が唯一

まじめに続けて

文法の勉強をしたのが

 

 

「総合英語Forest」です。

 

 

すでに知ってる人も

いらっっしゃるかもしれませんね。

 

 

たまたま本屋で見かけて、

ベストセラーみたいなこと

書かれてて、

 

 

 

立ち読みしたら、

珍しく興味が湧いたので

買ってみたんですよね。

 

 

 

結構分厚くて、

ウッて最初なったんですが

 

 

内容は中学英語の

総復習レベルで、

 

1ステップごとに

すごーく丁寧に

解説してくれてるので、

 

 

これだけはテキスト

投げ出さなかったです。

 

 

 

 

いや、つまらなくても

テキスト投げ出すなよって話ですが。
 


スポンサードリンク






 
 
で、ただこのテキストを続ける

私なりのポイントですが、

 

 

「最初から順番にきれいに勉強していかない」

 

 

て事です。

 

 

 

日本人て

完璧主義だから

 

第1章を100%理解しないと

意地でも第2章は開かない!!

 

 

的な所あるじゃないですか。

 

 

 

この完璧主義って、

語学を学ぶ上で

最凶の敵だと思うワケですよ。

 

 

最初から全部理解するのなんか

無理なワケで、

 

でもそこを飛ばさずに

しがみつくから、

 

 

気付いたら

飽きちゃって嫌になって

辞めちゃうんですよね。

 

 

 

私はこの本、

結構バラバラに勉強しました。

 

 

目次見て、

自分が興味ある章だけ

勉強してるんで、

 

 

何回も復習した章もあれば、

未だに手を付けてない

章もあります。

 

 

 

 

手付けろよって話ですが。

 

 

 

だから、テキストで

勉強するときは、

それくらい適当でいいんですよ。

 

むしろ、一番大事なのは

継続なので。

 

 

あと、毎日1章ずつ、

とか変に高い目標定めなくても

いいんですよ。

 

 

 

目標設定高いと、

実現出来なかったときに

 

モチベーション

一気になくなっちゃって

挙句、継続しなくなりますから。

 

 

 

1日サボったとか、

今日は1Pしかやってないとか、

 

それでもいいから

継続することが

大事だと思うワケです。

 

 

 

この総合英語Forest、

人気本なので

どこの本屋でも置いてると思うので、

 

 

立ち読みしたい人は

本屋で見てみてください。

 

 

 

ネットで詳細とか口コミ見たいって人は、

↓をどうぞ。

 
⇒【総合英語Forest】の詳細&レビュー

 
 
留学に興味はあるけど
時間的にも金銭的にも
長期は難しい・・・
という人は

「一週間から!短期で安い語学留学なら絶対フィリピンがおススメ 」

を参照して下さい。
 


スポンサードリンク






 

 

 

 

 

 

コメントを残す