ワーホリの行き先をカナダのオタワに決めた理由

ottawa9

 

ワーキングホリデーの行き先が
「カナダ」か「ニュージーランド」

 

という所まで決まった私は
2か国の情報を調べながら
行き先を絞っていくことになります。

 

 


スポンサードリンク






 

「ワーキングホリデーへの決意」はこちらを参照下さい。

 

 

 

普通は国を決めてから、
ワーキングホリデーの
ビザを申請するのですが

私は2か国のビザをまず
申請し始めたワケですよ。

 
なんたって破天荒ですからね!

 

破天荒なゆえに、
行きたいと思う国が
突然変わるかもしれない。

 

でも現時点で年齢30歳。

ワーキングホリデービザが申請できる
最後の年なので途中で方向転換は
きかない。

 
というワケでして
2か国のビザを取得しました。

 

ビザ申請は、エージェントを通さず
すべて自分でやりました。

 

「海外に行ったらすべてを1人で
 やらないといけない!
 ならばスタートの地点からすでに
 自力でやらなくては!
 
 ワーキングホリデーはすでに
 始まっているんだああ!!」

 

非常に暑苦しい持論から
自力で取得しました。

 

 

取得まで試練もありましたよー。

 

カナダ大使館に確認したい事柄があり、
ホームページに記載されてる
問い合わせ先に
電話したところ

おばちゃんが出たわけですが

 

 
「うちでは
ワーキングホリデーに関する
質問にはお答えしてませんから」

 

 

えええええええ?!

 

じゃあどこに
電話すればいいのおおお!!

 

ていうか
ならこの番号は何いい?!!

 

 

 

「どうしても訪ねたかったら
マニラにあるカナダ大使館に
メールしてください。
英語ですけどね」 クスッ(おばちゃん笑う)
 

ええええ?!

 
マニラって何いいい?!

 

英語でメールとか
出来ないんですけどおお!!

 

 

このおばちゃんの対応ぶりが
破天荒すぎて、
電話の後しばし
呆然としてたわけです。

 

きっと、おばちゃんも
色々あったのでしょう。

 

 

お尻のおできが破裂したとかね。

 

 

 

ともあれどうにか
無事2か国のビザを取得しました。

 

ワーキングホリデービザは
ビザ取得日から1年以内に

入国をすればよい
というルールがあるのですが、

 

破天荒女は
貧乏な漫画家生活中に

貯金を切り崩していたので
情けないことに貯金がなく、

 

「この1年で必死に貯めて
入国期限ギリギリで入国しよう」と
決意してたわけです。

 

 

 

この日から
働き三昧の仕事の合間に、
2か国の情報を調べる
日々が続くわけですが

 

 

 

ハッキリ言って
どっちの国も
超いきたいですけどおお!!!

 

 

調べれば調べるほど
魅力的に見える2つの国。

カナダ・・・

ニュージーランド・・・

 

 

オーランド・ブルームと
レオナルド・ディカプリオから
求婚されて
どちらかを選べと言うようなもの。

 

いえ破天荒女は迷うことなく
オーランド・ブルームを
選びますけどね。

 

それ以前にこの2人に求婚なんて
永遠にされませんけどね。

 

 

 

2つの国で迷いながらも
やはり常に頭に

「私はカナダに行くことになる」
という確信があり

 

その確信はやがて

「カナダに行こう!」

という決断に至るわけです。

 

こうして
散々情報を調べ上げた挙句、
破天荒な直観

「カナダを選べ」という声に従い、
行き先をカナダに決定しました。

 
 


スポンサードリンク






 
 

さて、国はカナダに決まったワケですが
どこの街に行けばいいんだあああ!!

 

 

 

ワーキングホリデーの
定番の街といえば

 

・バンクーバー

・トロント

 

ですが
私は上記の都市に行く気は
全くなかったワケです。

 

 

理由はシンプル。

ヨーロッパ風の街並みが昔大好きで
カナダの東側、
モントリオールという街の
写真を見た時に
すっかり魅せられてしまったワケです。

 

ところが1つ問題が。

 

カナダ東部はフランス色が非常に濃く
モントリオールの街は
英語とフランス語が半々なワケです。

 

情報によると
「街中の案内板がフランス語表記のみだったり
レストランのメニューがフランス語表記だったりします。」

 

 

いやそれ
半々じゃなくてフランス語優先だしいいい!!

 

 

 

 

カナダに知り合いがいるわけでもなく
とはいえ

 
「留学エージェントを通して行かずに
個人でホームステイ等の手配から
学校の手配まで自分でやる!

 

ワーキングホリデーは
すでに始まっているんだああ!!」

 

 

これまた非常に暑苦しい決意から
情報を集め続ける日々が続いたある日

 

それはカナダ行きを決意した8月から
4か月後の2月始め。

 

なんと人から人のご縁で、

カナダの首都・オタワ在住の
カナダ人ご夫妻を紹介して頂けることに
なったワケです。

 

 

 

オタワは憧れのモントリオールまでも
旅行で行ける距離に位置してる上

 

町並みがすごく綺麗で
破天荒女は即座にオタワに決めたワケです。

 

 

 

そしてこちらのご夫婦
娘さんが日本人と結婚しており

娘さんは日本在住。

 

さらに近々、娘さんに会いに
日本に来るとのこと。

 

さらに娘さんのお宅が
私の家とメチャクチャ近いわけですよ。

 

 

早速知り合いに会いたいと申し出たところ
カナダ人ご夫婦も都合をつけて下さり、
いよいよご対面することになったワケです。

 

 

 

 

そしてこの出会いを機に
やがてカナダ人ご夫婦は、
破天荒女の破天荒ぶりに
巻き込まれていくのでした。
 
 
海外に行きたいけど
長期はちょっと・・・
 
もしくは
ワーホリ行く前に
少しでも語学力を
上げたい!
 
という人は

「短期で安い語学留学なら絶対フィリピンがおススメ 」

を参照して下さい。
 


スポンサードリンク






 

コメントを残す